卒業生PICK UP

株式会社北海道銀行 プライベートバンキングセンター白石

民事訴訟法のゼミでしっかり学んだことや体験したことが、
お客様の人生設計をお手伝いする仕事に活きています。

五十嵐 美咲さん Misaki Igarashi |
2015年卒業 千歳高校出身

お客様にとって最適の資産運用を考える
 1年間の窓口業務を経て、現在は個人のお客様の資産運用業務に就いています。お客様のライフプランやご希望をヒアリングして、投資信託や国債、外貨預金、保険などの商品をご提案する仕事です。資産運用の方法を考えるときには、金融商品はもちろん、税金や相続などの知識もフル活用しますが、なぜこの商品をおすすめするのか、その理由をきちんと説明できなければ納得していただけません。ゼミで取り組んだ「法律討論会」で、テーマをロジカルに考え抜いた経験が役に立っています。
法律を学んだ強みは銀行の仕事にも生きる
 学科では法律を中心に学んでいて、就職活動の直前に銀行業界に絞ったのですが、もう少し経済の勉強もしておけばよかったと思います。一方で、税法や相続問題などに詳しいという強みもあります。職場では毎朝、新聞の経済記事を持ち寄って勉強会をしています。資格試験の対策などもあって勉強の毎日ですが、お客様の実りある人生をお手伝いするための努力は苦になりません。まだまだ発展途上ですが、一人でも多くのお客様から「ぜひ五十嵐さんに」と言っていただけるような存在になりたいです。
株式会社北洋銀行 札幌南支店

北海道の経済全体を活性化させる仕事がしたい、
そう考えて公務員から銀行員へ進路を変えました。

鍋島 悟さん Satoru Nabeshima |
2014年卒業 札幌篠路高校(現 札幌英藍高校)出身

法律を学ぶ中で鍛えられた多面的思考力
 父の影響でもともと公務員を志望していました。経済法学科を選んだのも、公務員を多く輩出している点と、経済と法律を同時に学べる点が魅力的だったからです。ロジックを積み重ねる法律学が、自分の性格に合っていました。憲法のゼミに所属し、「正義とは何か」を法哲学の面から考えたのは貴重な経験だったと思います。絶対的な正義というものは存在しませんから、様々な問題について多面的に考察する中で、自分の中にひとつの「軸」ができたような気がします。それが銀行の仕事にも役立っています。
銀行の仕事を通して北海道経済に貢献
 就職活動を進める中で、公務員から金融機関に進路を変更しました。北海道経済に貢献したいと考えていたので、法人取引数が多い北洋銀行が第一志望でした。現在は渉外課に所属して、法人とその従業員のお客様に対する提案を行っています。法令等の遵守に厳しい銀行で働くにあたり、この学科で経済と法律のバランス感覚を養えたことはよかったと実感します。お客様との関係性を大事にしながら経験を積み、土台を固め、ゆくゆくは本部で銀行全体をサポートするような仕事に就きたいと考えています。
美唄市役所 税務課市民税グループ勤務

失敗を恐れず挑戦することができた公務員試験。
美唄市をもっと豊かなまちにすることが夢です。

橋本 智典さん Tomonori Hashimoto |
2014年卒業 札幌篠路高校(現 札幌英藍高校)出身

しっかりと目標を持って行動することの大切さ
 金融取引法の講義で、日本銀行行員の方を講師とした講演会を開催したことで、何かを企画・運営することの楽しさや難しさ、ノウハウを学びました。この経験が、まちを作る地方公務員という職業を目指すきっかけになったと思います。3年次に、全員が今後の進路について就職支援課の方と話す機会があるのですが、その際に、公務員試験で失敗しても民間企業にシフトして成功した先輩の話や、1年浪人して合格した先輩の話などが聞けたので、失敗を恐れず挑戦することができました。
地方公務員を目指すきっかけになった講演会
 学生生活では、小さくてもいいので何か目標を持って行動してみてください。目標を達成するための過程でうまく出来たことは力になりますし、失敗したことは今後に活かせる貴重な財産となります。私の今の目標は、全体の仕事の内容を把握し、どんなポジションでも発揮できる実力をつけることです。そして将来的には、美唄市をもっと豊かなまちにすることが夢です。多くの人が住みたいと思えるような環境作りをしていき、全国的にも有名な市にしていきたいと思っています。
株式会社札幌丸井三越勤務

経済と法律の両方をバランスよく学んだおかげで
物事や自分自身を客観的に見られるようになりました。

佐々木 宏晃さん Hiroaki Sasaki | 2009年卒業 北星学園大学附属高校出身

オールマイティーに学べる学科
 ひとつの分野に偏らずオールマイティーに学べる、それが経済法学科の一番の魅力だと思います。私は、経済と法律のどちらもバランスよく学んだほうですが、そのおかげで、物事や自分自身を多面的に客観的に見ることができるようになりました。そういう考え方が、仕事にも生活にも生きていますね。あとはやはりゼミです。学科の必修科目ではありませんが、今考えてみても、ゼミで学んだという経験は有意義でした。民事訴訟法の判例や学説を調べて議論したり、ゼミのメンバーで模擬裁判をやったり。みんなと協力しながら準備を進める中で、コミュニケーション力も養われました。
毎回の物産展でしっかり結果を出す
 大学時代にアルバイトで接客業を経験したことが、百貨店への就職を決めるきっかけになりました。もともと人と接するのは得意ではなかったのですが、アルバイトをしていくうちに面白くなってきて、もしかしたら自分に向いているかも……と思ったのです。今は、催し物会場で展開される物産展の企画と構成を担当しています。毎回プレッシャーを感じますが、自分で探して出店交渉した店に、お客様からの反響があったときが一番うれしいですね。催事の仕事にはできるだけ長く関わっていたいと思っているので、一回一回の物産展で成果を上げ、売上高という結果を出すことが目標です。