TOPICS:司法試験合格者

日々の努力が依頼者の喜びにつながる仕事。
一つ一つの事件に全力で向き合う弁護士でありたい。

三木・佐々木・山田法律事務所 弁護士
池田 翔一 さん Shoichi Ikeda
2011年卒業/江別高校出身

私は現在、弁護士として、主に民事事件の代理人や刑事事件の弁護人として活動しています。それぞれの活動に共通するのは、いずれも当事者の権利や利益を守る活動であるという点です。担当している民事事件は、交通事故、不動産関係事件、家族関係の事件や多重債務など多岐にわたります。この仕事をしていると、依頼者に対する説明や、裁判所や相手方に対する主張や説得を行う機会が多く、コミュニケーション能力の大切さを感じます。また、現実に起きている紛争には未知の問題も多く、弁護士は問題解決のために自ら調べ、そして考えることの多い職業です。しかし、問題の解決に向けた努力は依頼者の喜びや不安の解消につながると考え、とてもやりがいを感じています。

私が弁護士という職業に興味を持ち始めたのは、大学2年生の時のことです。それまでは学校教員を目指していたのですが、刑事法の講義で講師を務めていた弁護士の方から、弁護士が人の人生の重大な局面に携わり、困っている人の力になることのできる職業だというお話を聞き、感銘を受けたのです。

大学時代は、ゼミの判例研究で徹夜しながら勉強した経験などを通じて、物事に対して粘り強く打ち込む力を培うことができました。また、講演会を主催する企画にも参加し、大学外部のさまざまな職業の方と接する中で視野を広めることができました。大学時代に得た経験は、法曹となった今の自分を形成する上で欠かせなかったと実感しています。

最近、高校での出張講義の講師のお話をいただきました。教育分野に興味を持ち続けていた私としては、今からそれをとても楽しみにしています。枠にとらわれずに活動の幅を広げられ、社会に貢献できるのも弁護士の魅力だと思います。一つ一つの事件に全力で向き合い、その積み重ねによって多くの方から信頼される存在になりたいと思っています。