トップ

北星学園大学 社会福祉学部 福祉臨床学科

北星学園大学

サイトマップ お問い合わせ
ホーム 学科の特色 実習体験記 学生の1日 教育目標・理念 卒業生紹介 ゼミ・教員紹介 資格・就職
全カテゴリー NEWS EVENT COLUMN FREE TALK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デンマークの初夏(オーフス市の夕焼け)

 

杏(あんず)の種
教授 栗山隆

 

 今は昔、ある夏の日の朝、母は、杏の種を抜く内職をしていた。
 小1だった私の家は貧しかった。
 しわくちゃで少し半生の実から種を抜く。一個さしては、サク・クルリ・ポン、一個ひいては、サク・クルリ・ポン。とやるのだから、なかなか、はかのいかない作業であった。
 はかどらなくても、手荒くザクザクと抜いたり、ただのザク抜きではいけないのだ。
 果肉は、クリスマスに向けてバターケーキを彩る為に必要だった。一つ一つ丁寧に種を抜かれたそれは洋菓子業者にすこぶる好評だった。サク・クルリ・ポン。サク・クルリ・ポン。サク・クルリ・ポン。ペンチダコの母の手にみるみる果肉が貯まっていく。
 一方、抜かれた大量の種は、誰に顧みられることなくゴミ箱行きであった。
 ある日、母はノミを持ってきて抜いた種をまっ二つに割った。中から薄皮に包まれた塊が生まれた。一晩水につけられた薄皮を剥がすと白い実がほろり。すり鉢で細かく砕き、粉状にして、砂糖とゼラチン、水と牛乳を加えて温め、アルミカップの底に流し込んだ。
 「この白い実は仁っていうのよ。」
 「冷蔵庫で一晩ねかせたら、おいしいおやつができるんだから」と母は嬉しそうに言った。
 「えっ、ほんと?」「本当に?」「まさかぁ。」「だってゴミだよ。おやつになんかなるもんか。」
 翌日、冷蔵庫から取り出されたアルミカップには滑らかな白い固形物がみえた。
 普段はお目にかかれないミカン缶詰が開けられ、甘い汁(シロップ)が注がれた。
 ミカンのオレンジが鮮やかだった。
 我が家の「杏仁豆腐」であった。
 苦労を重ね日々の小さなアイディアを形に残した母を偲ぶ。
 大人になった私はいま、母の抜いた杏の種をひろいあたためている。


 

 

home

 

学科の特色

 

●主なカリキュラムと
卒業後の進路

 

●カリキュラムの特色
福祉臨床基礎
実習指導T・U

こどもの発達と社会
成人・高齢者の
生活と社会

倫理学

社会福祉の思想

福祉臨床研究法T

 

実習体験記

 

●社会福祉士、
精神保健福祉士関係

 

福祉臨床基礎実習
相談援助入門実習
相談援助実習
福祉臨床応用実習
精神保健福
祉援助実習

スクールSW実習

 

●教諭免許関係


障害児教育実習
教育実習

 

学生の1日


M.Wさん


A.Oさん

 

教育目標・理念


●学科長メッセージ


●教育目標


●カリキュラム
ポリシー

 

卒業生紹介

 

●札 幌

社会福祉法人

社会福祉法人
社会福祉協議会

特別支援学校

中学校
(特別支援学級)

障害児支援

公務員(福祉職)

公務員(福祉職)

●石 狩
障害者支援

●旭 川
児童養護施設

精神科病院

●深 川
特養

●登 別
特養

●伊 達

病院

●浦 河

児童精神科診療所

●帯 広

障害者相談支援

●函 館
児童養護施設

病院

地域包括支援センター

 

ゼミ・教員紹介

 

横山ゼミ
池田ゼミ
田中ゼミ
栗山ゼミ
中村ゼミ
西田ゼミ
永井ゼミ
畑ゼミ

大友ゼミ
福島先生

田辺先生

 

NEWS・COLUMN

 

NEWS
EVENT
COLUMN
FREE TALK

 

 

 

 

 

北星学園大学
福祉臨床学科

 

資格・就職

 

●取得できる資格
社会福祉士
精神保健福祉士
スクールソーシャル
ワーカー

特別支援学校教諭

 

●就職状況
最新の就職状況
主な就職先企業等

 

 

Copyright (C) Department of Social Work