大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

就職・キャリア

Career design

  • Home >
  • 就職・キャリア >
  • 卒業生の声 >
  • 卒業生の声(心理・応用コミュニケーション学科)

卒業生の声(心理・応用コミュニケーション学科)

 

文学部 心理・応用コミュニケーション学科

岡田春花さん

就職先:北海道アルバイト情報社
出身高校:小樽潮陵高校
2017年度卒業

その就職先を志望した理由は?

小学生のころから自分のアイデアや工夫を提案・実行することが好きで、仕事でもこの「好き」を生かしたいと考え人材・広告業界を志望しました。
中でも北海道アルバイト情報社を選んだ理由は「憧れる社会人像」がこの会社にあったからです。私は一人で頑張るのではなくチームとして一つの目標を達成することに楽しさややりがいを感じます。そのため、社員一人一人が責任感を持ち行動しチーム一体となって仕事をこなす会社を探していました。そんな時、北海道アルバイト情報社の企業説明会で社員の方からお話を聞き、決して人任せにはせず自分には今何ができるのかを一生懸命考えて行動し、チームの仲間やお客様を思いやり課題に対して親身に寄り添う姿勢を感じました。
私も、こんな社会人になりたい!と思えたのが北海道アルバイト情報社を志望した理由です


自分のどのようなことを企業へアピールしましたか?

演舞同好会という北星学園大学のよさこいサークルでの活動をメインにアピールしました。私はチームの練習を回す役割をしていたためチームの課題点とその解決案を考案し、実行して結果を出したところまでを履歴書に簡潔にまとめ、面接で深堀していただきました。
サークルに所属していなくても、自分の中で変化が起きたことや工夫したことに関して【どうしてその行動をしたか】【その行動の結果なにが得られたか】が伝わればいいと思います。
演舞同好会での出来事のほかにも、アルバイトや高校時代の部活動、ボランティア活動についても履歴書に書きました。自分のことを多方面からアピールして興味をもってもらうことが大切だと思います。


大学のサポートで、役に立った・プラスになったことはありましたか?

まず、就職支援課の手厚いサポートが役に立ちましたし心の支えでした。希望職種をなにも決めていない状態から内定をいただくまで、親身になって一喜一憂をともにしてくれる大事なご意見番です。就職活動中は、たくさん悩んだり混乱したりします。
私は就職支援課の方に「自分が今考えていること」を伝えて一緒に整理してもらっていました。そのおかげで第一志望の企業を決定し、そこから内定をいただくこともできました。また、北星学園大学には就職支援課の方々のサポートのほかにも過去のエントリーシートや面接内容が記載された就職活動体験報告集があるためそれを利用して面接の対策もしていまいた。もちろん面接練習も就職支援課にて個別でしていただけるので安心です。
さらに、私が3年生の時には「モギ就」という履歴書提出から内定までのシミュレーションができるイベントがありました。そこで、他大学の学生より一足早く履歴書を書く大変さと面接の緊張感を味わい一歩リードすることができました。


高校生へのメッセージをお願いします!

高校時代に将来の就職先を見据えて進路決定をすることはとても困難だと思います。私も高校生のころはなりたいものなど見つかっていませんでした。進学校にいるとどうしても「とりあえず国公立大学に行け」と言われることが多いですよね。でも本当に今興味があるもの、大学生活でやってみたいことがあるのならそれが思う存分できる大学への進学をお勧めします。私は心理学に興味があったため北星学園大学への入学を決めました。
私の学科では座学だけではなくコミュニケーションについて実習を経て考えるカリキュラムが含まれていて、私はその経験が就職活動にも役立ちました。ゼミナール活動でも自分の興味がある分野について研究・実験をすることができ「やりたいことをやりつくした」学生生活を送ったため就職活動への気持ちの切り替えもできました。
みなさんもせっかくの大学生活ですから、将来の自分のためにも【どこで、どんな人たちと、どう過ごして、どんな経験をしたいか】を一度考え、「今やりたいこと」ができる進路を選んでください!そうすればきっと自分にとって素敵な就職先が見つかると思います。

 

PAGE TOP