大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

就職・キャリア

Career design

卒業生の声(福祉臨床学科)

 

社会福祉学部 福祉臨床学科

谷野 朱莉さん

内定先:社会福祉法人慧誠会 十勝障がい者就業・生活支援センターだいち(相談員)
出身高校:北海道帯広緑陽高等学校

その就職先を志望した理由は?

私は入学以前から精神障がいに関心があり、北星学園大学には、その様な病気や障がいを持つ方への支援について学ぶため入学を希望しました。入学後は福祉の幅広い分野について学ぶ機会があり、その中でもより精神障がい者領域への学びを深めたい思いが増し、精神保健福祉援助実習に行くことを決めました。そしてその実習先が今回の就職先となりました。この実習では改めて精神障がいを持つ方への支援の必要性と難しさ、課題について考える機会があり、そのことから非常にやりがいを感じ、この領域で働きたい思いが強くなりました。また、地域の特性から横のつながりが強く支援体制の基盤が整っている事、精神障がい者支援に力を入れている環境であることを知り、こちらへの就職を希望しました。


就職活動では、自分のどのようなことを企業にアピールしましたか?

私は、十勝障がい者就業・生活支援センターだいちの方から、実習中の努力をご評価頂き、声を掛けて頂いたことで最終的に就職を決めることが出来ました。今回のことは縁あっての結果であったと思いますが、私なりの精神障がい者領域への関心が伝わり、その思いが何かの評価に繋がったのではないかと思います。実習は自己の経験として重要なものとなりましたが、そこでの縁がまた違う方向へ繋がるきっかけになるということを今回学ぶことが出来ました。


大学のサポートで、役に立った・プラスになったことはありましたか?

私は福祉分野への就職を希望していましたが、福祉関係の就職を希望している方を対象にしたガイダンスやアドバイス等、領域別でしっかりとしたサポート環境が整えられていたことで、福祉の就職活動に不安なく望むことが出来たと思います。また、履歴書の添削を手厚く指導して頂いたり、面接練習と丁寧なアドバイス、時には相談に乗ってくれたりと様々な面でサポートをして頂くことが出来たため、不安を解消できる環境がありました。そのため安心して就職活動に取り組むことが出来、非常に感謝しています。


高校生へのメッセージをお願いします!

私は大学生活の中で、将来の夢に向けた学びや経験はもちろん、サークル活動やアルバイト、友人との交流等を通して多くの経験をすることが出来ました。振り返ると「もっと○○をしてみたかった」と思うこともありますが、様々なことに挑戦をし、取り組むことが出来たこの4年間は、私にとって大きな財産となったと感じています。
大学生活の4年間は長いようであっという間に過ぎてしまうと思います。これから入学される高校生の皆さんは、様々な期待や不安に胸を膨らませることとなると思いますが、大学は多くの可能性に向けて自分を広げていくことが出来る場所であると思うので、その環境を生かし自分らしく充実した生活を送れるようそれぞれ頑張ってほしいです。

 

PAGE TOP