大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

就職・キャリア

Career design

  • Home >
  • 就職・キャリア >
  • 卒業生の声 >
  • 卒業生の声(短期大学部 英文学科)

卒業生の声(短期大学部 英文学科)

 

短期大学部 英文学科

酒井 悠那さん

就職先:株式会社JALスカイ札幌
出身高校:北海道帯広緑陽高校
2017年度卒業

その就職先を志望した理由は?

私は、JALグループのグランドスタッフになりたいという夢を持って北星短大に入学しました。ただ漠然とグランドスタッフになりたいと思っていたのですが、学校で行われた航空業界特別講座で周りの意識の高さに圧倒され、私もより強く志すようになりました。
実際に就職活動を進めていく中で、JALグループの求める人財像の一つである「仲間と共に働く」という部分に大変共感し、さらに新千歳空港でのコンシェルジュのアルバイトを通して実際に見て、聞いて、体験したことで、私もこの会社でグランドスタッフとして働きたいとより強く思うようになりました。


自分のどのような点をアピールしましたか?

私は、自分の強みである「色々なことに興味を持ち、どんどん挑戦していく」ということをアピールしました。短大生活は短いですが、その中で取り組んだことをいくつか挙げ、そこから学んだこと、自分の弱みを克服できたこと、そしてそのことをグランドスタッフとして働く上でどのように生かすことができるのかということをお話しました。
また、私はバレーボールを10年間続けたということが自分をアピールする1番のものだと考えていたので、自分の体験したことを交えてお話し、面接の時には大変興味を持っていただくことができました。
短い短大生活で経験できたことはあまり多くなく、どのように自分をアピールすれば良いのかわからない時もありましたが、短大だからこそできることもいくつかあるのでその部分も伝えていきました。


大学のサポートで役に立った、プラスになったことはありましたか?

就職活動中は、ほぼ毎日のように就職支援課に足を運びました。航空業界関係の書籍や過去の試験内容、先輩方の就職活動体験報告集など参考になる資料が多くあり、理解をより深めることができました。また、資料を基に自分自身についても考えることができました。
そして、就職支援課の方々に大変お世話になりました。エントリーシートの添削や面接練習など何度も何度もご指導していただき、自分の自信につなげることができました。どんなに些細な悩み事もとても親身になって聞いてくださり心強かったです。私にとって、就職活動をする中で、なくてはならない場所でした。


高校生へのメッセージをお願いします!

短大に入学して1年も経たないうちに就職活動が始まるということで、不安を持っている方も多くいると思います。私も同じでした。学校生活と就職活動を両立できるのか不安でした。しかし、短大での2年間が終わった今、私はとても充実した日々を過ごすことができたと思っています。毎日の授業やサークル活動など楽しいことが多くありました。「北星短大に来てよかった」と心から言えます。

 

PAGE TOP