北星学園大学短期大学部 英文学科

豊富な進路選択
海外留学について
HOME > 豊富な進路選択 > 海外留学について > 海外短期留学制度

海外短期留学制度

英語力アップはもちろん世界中の人とつながることができる貴重な時間でした。

留学体験の声

留学先:カナダ バンクーバー・アイランド大学
英文学科2年
2017年 指定校推薦入学
東海大学付属札幌高校出身

幼い頃に英会話教室に通っていたのですが、中途半端な状態で辞めてしまって、どこかに未練がありました。高校時代は美術をずっとやっていたのですが、授業で英語を学ぶうちに幼い頃の思いがよみがえって、もう一度英語をしっかり学びたいと考えるように。本格的に英語を話せるようになりたいという話を高校の先生にしたら、短大英文を勧められました。その頃から留学もしたいと思っていたので、留学して単位が取れるのも魅力的だなと思い、ここに決めました。

入学後、留学することを前提に海外事情を履修。留学のことも、勉強のことも、担任の先生に相談できるので心強かったです。どこの国へ行くかは、先輩や先生にいろいろ話を聞いてカナダにしました。元々いろいろな国の人と交流したかったので、移民が多く、学校にも各国から学生が集まっているカナダがいいかなと。

各国からの留学生

実際にカナダへ行って、本当にいろいろな国の人がいるのだなと感じました。学校には各国からの留学生がいて、ホームステイ先は南アフリカ出身の白人の家。ステイ先の他の部屋にはスペインとイタリアから来た人がいました。日本人ではなく他の国の友達を作りたいと思っていたので、学校では同じクラスの韓国人の子と仲良くしていました。

学校でいろいろアクティビティーを用意してくれて、あちこち連れて行ってもらえたのも良かったです。休みの日は買い物に出かけたり、観光を楽しんだりして過ごしました。カナダの学校の先生が、日本に留学経験のある親日家だったというのもあり、関わりやすかったのも良かったです。人見知りなので、行く前は緊張していましたが、行ったらとにかく楽しくて留学を延長したいくらいでした。

オーラル・イングリッシュ

留学前、週4回のオーラル・イングリッシュの授業で外国人の先生と話す機会も多かったので、自分としては何とかなると思っていたのですが、行ってすぐの1カ月は話すのも聞くのも正直辛かったです。もし勉強しないで行っていたら、もっと大変だったかもしれません(笑)。1カ月を過ぎた頃にはすっかり慣れて、帰国する頃には困ることはまったくなかったです。帰国後しばらく、頭で考えることはすべて英語でした(笑)。

留学の経験を通して、英語のレベルが上がったのはもちろん、人前に立つ機会が多かったので、留学前に比べれば苦手だった人前での発表も克服できたかなと思っています。留学先で人と関わるのが楽しいな、好きだなと思えたので、将来はいろいろな国の人たちと関われるような仕事に就きたいです。

留学の流れ

留学の流れ

コッター先生のOne Point

コッター先生のOne Point

海外事情に参加した学生には色々な成長が見られます。まずは、家族や友人と遠く離れて、日本語が使えない異文化の中で約4ヶ月間生活するという挑戦を成し遂げた事で、自分自身に非常に自信が付きます。また当然ですが、コミュニケーション能力が劇的に向上します。留学前は、ほとんどの学生が私とは日本語で会話をしていますが、帰国後には主に英語で会話ができるように成長しています。もちろん、ジェスチャー、表情などの非言語的なコミュニケーションのスキルも自然に身に付きます。さらに、学生は海外の国々への理解を深め、外国人の考え方や習慣などを理解できるようになり、現在のグローバルな世界において、将来のキャリアや経験に不可欠な、多様性を受け入れる「オープンマインド」を習得していると感じます。