北星学園大学短期大学部 英文学科

豊富な進路選択
海外留学について
HOME > 豊富な進路選択 > 海外留学について > 休学して留学

休学して留学

英語漬けの半年で確実に力がつき、より深く授業内容を理解できるように。

海外研修の声

留学先:フィリピン
英文学科2年
2016年 指定校推薦入学
北海学園札幌高校出身

高校から本格的に英語の勉強をはじめ、もっと高いレベルで英語を学びたくて短大英文へ。クラス制で担任の先生がいるのもいいなと思ってここにしました。

1年の後期から半年間、フィリピンのセブ島へ留学。留学するなら半年は行きたいと思っていたので、思い切って休学しました。夏休み直前に、半年ほど留学したいと言ったら先生には心配されましたが、どうしても留学したくて…。最終的には先生が留学エージェンシーを紹介してくれ、期間と金額を考えてセブ島に決めました。

フィリピンのセブ島

フィリピンに留学というのは意外に思われがちですが、実はセブ島には英語教育機関がたくさんあり、近年は日本人にも人気だそうです。生徒は、韓国や台湾などアジアの人が圧倒的に多く、みんな私よりも年上でした。授業は、フィリピン人の先生とマンツーマンで朝からびっちりでしたが、このおかげで英語力がかなり上がったと思います。実は、高校時代も英語スピーチをしていたので、発音にはある程度自信があったのですが、その自信はフィリピンであえなく崩れ落ちました(笑)。逆に、もっと頑張ろうと力が入りました。

ルームメイト

学校は寮生活で、ルームメイトは半年間で4人かわりました。全員日本人ではなかったので、会話はすべて英語でした。1人暮らしをしたこともなかったので、自分で自分の身の回りのことを全部するのは初めて。そういう点では、精神的にも成長できたのではないかと思っています。ホームシックは最初の1週間だけでした。温かくて過ごしやすく、休みの日はセブ島の観光に出かけたりしていました。

帰国後、以前よりも先生たちの授業の英語がよく分かるようになりました。2年になると、地理学や社会学など専門的な勉強が始まりますが、それらの授業で出てくる専門用語もしっかり聞き取れるように。これは留学のおかげだと思います。TOEICも100点以上あがり、先生にもレベルが上がったねと言ってもらえました。留学したいと言ったときから親身になってくれた先生にそう言ってもらえて嬉しかったです。