北星学園大学短期大学部 英文学科

豊富な進路選択
海外留学について
HOME > 豊富な進路選択 > 海外留学について > 2016年度 海外語学研修(ニュージーランド:クライストチャーチ)の報告

海外研修レポート

クラスで学んだことや身につけたことを、実際に見聞きしたり、議論することによって国際性を養うために、海外語学研修を毎年実践しています。期間は1年次後半の約25日間の日程で行われています。現地ではホームステイをしながら通学して語学研修を積み、英語運用能力の向上を目指します。また、現地の人々とのふれあいから、その土地の習慣や文化の理解を深めます。また、海外で生活することで、自国やその文化について、新しい発見や再認識をするのによい機会となります。なお、この研修は学科専門選択科目の一つであり、2単位を修得することができます。

2016年度 海外語学研修(ニュージーランド:クライストチャーチ)の報告

本学科では、毎年、外国でホームステイをしながら通学し、国際性を養い英語力の向上を目指す海外研修を実施しています。
参加者の学生が、ニュージーランドでの研修についてエッセイを寄稿してくれました。

ワクワク、ドキドキ!初めての海外生活

私は2016年2月に約3週間ニュージーランドのクライストチャーチでホームステイをしながらCCELという語学学校に通いました。

午前は英会話や文法などのレッスンを受け、午後はクライストチャーチ市内を巡りました。クラスは、学校に入学した日にPlacement Testというレベル分けテストを受け、自分のレベルにあったクラスで授業を受けました。私のクラスは比較的日本人が多かったものの、ブラジルやチェコ、中国や韓国の人たちも多く、一緒に積極的に英語を使ってコミュニケーションをとっていました。私はなかなか自分の意見や考えをすぐ英語にできず、話すことがあまりできませんでしたが、間違いを恐れずに口に出していくことで、自分の英語のクセがわかったり、間違いを先生が直して解説してくれたり、とても勉強になりました。

午後や週末はクラスメイトやホストマザーが教えてくれた観光名所や美術館、博物館などへ行ったり、ニュージーランドの自然を満喫しました。特に、ゴンドラに乗ってクライストチャーチを一望できるところでは、透き通った海や青々と茂った草木、サイクリングを楽しんでいる人や羊の群れなどを見ることができ、とても印象的でした。

地元名物フィッシュアンドチップス
地元名物フィッシュアンドチップス
オークランドの郊外で仲間とジャンプ
オークランドの郊外で仲間とジャンプ

私はホストマザーと二人で過ごしていました。マザーはとても優しく、学校の行き方やクライストチャーチにあるおすすめのレストランなどを教えてくれ、また家族のことやニュージーランドの歴史なども教えてくれました。私はマザーと夕食後に紅茶を飲みながら色々なことを話す時間がとても楽しく、かけがえのない時間でした。

海外研修の残り3日間はオークランドに移動し、インターンシップと観光をしました。私はオークランドにあるCCELでインターンシップをしました。海外でのインターンシップは自分にとってとても貴重な体験となりました。また、ハニーセンターで色んな種類のはちみつを食べたり、シープワールドに行って羊の毛刈りショーを見たりととても充実したものになりました。

街並みを見下ろすことができる丘
街並みを見下ろすことができる丘
オークランドの海で友人とともに
オークランドの海で友人とともに

最後に、私は今まで海外に行ったことがなく、これが初めてでした。始めは英語しか話せない環境に飛び込むことが楽しみでもあり、不安でもありました。しかし、今回ニュージーランドに行ったことにより英語力はもちろんですが、何よりも行動力が身につきました。この培った行動力を生かし、またニュージーランドでの日々を思い出しながら、これから自分の世界を広げていきたいです。

クラスの仲間とともに
クラスの仲間とともに
研修後、修了書を手に
研修後、修了書を手に

海外研修レポート