北星学園大学短期大学部 英文学科

楽しいキャンパスライフ
在学生の声
HOME > 楽しいキャンパスライフ > 在学生の声

1年

ネイティブとコミュニケーションする環境が多い短大英文。クラス制で担任がいるのも魅力です。

イギリスへの留学を目指し短大英文へ。 友達と共に学ぶ楽しさを感じています。

英文学科1年

英文学科1年
2016年 一般入試入学
旭川西高校出身

私は子どもの頃から親が英語のビデオを見せてくれていたこと、またハワイに親戚がいて、英語に触れる機会が多かったこともあり、幼い頃からずっと英語が好きでした。高校卒業後は英語をしっかり学びたいという気持ちがあったのと、憧れていたイギリスに留学したいという希望もあり、イギリスへの留学ができる大学を探して短大英文に入りました。短大英文では外国人とたくさん交流する機会がありますし、ラーニング・コモンズなど友達と一緒に勉強できる環境もあります。友達はみんな明るいので、ここに入って良かったです。私は英語での返事のバリエーションが少ないと感じていますので、週に一度はイングリッシュ・ランチに行き、いろいろな返事の仕方を学んでいます。

念願のイギリスには、9月から海外事情で行くことが決まっています。今はそのための準備として、英語で映画を観たり、洋楽を聞くなどして、英語に耳を慣らしているところです。留学中はいろいろな地方を訪れてみたいと思っています。また私はイギリスの航空関係の仕事に興味がありますので、選択コースで航空関係やサービス業についても学びたいとも考えています。将来の目標を、イギリスでの体験の中で見つけられればと思います。

ホテルコンシェルジュに憧れ英語を学びたいと思うようになりました。

英文学科1年

英文学科1年
2016年一般入試入学
札幌国際情報高校出身

私は小学生のときから英語を使った仕事であるホテルコンシェルジュに憧れ、中学、高校時代は英語の勉強ばかりをしていましたが、さらに英語を学びたいと思い、短大英文に入学しました。短大はクラス制で1クラスの人数が少ないため、先生が生徒1人1人を見てくださるのでいろいろな相談ができます。授業はわかりやすく、質問もしやすいので、高校時代にわからなかったことが今はよく理解できます。コミュニケーションスキルという授業ではホテルコンシェルジュの動画を見て、もっとこの職業のことを知りたいとも思うようになりました。入学してまだ数カ月ですが、短大英文では英語によって自分の人生が作れることを感じており、ここに入ることができて本当に良かったと思っています。

また私は、入学式の日によさこいチームの演舞を見て感動し、未経験でしたがチームに入りました。両立は大変でしたが、6月にチームで踊って人を楽しませる喜びを実感しました。よさこいも終わったので、これからは英語をしっかり学び、もともと好きだった韓国語や中国語も学びながら、4年制大学の英文学科への編入を目指したいと思っています。

2年

先生との会話や友達との学びを通して苦手を得意に変え、将来の目標が見えてくる環境です。

英語でのコミュニケーションが好き。将来はNZの魅力を伝える仕事に就きたいです。

英文学科2年

英文学科2年
2015年自己推薦入学
苫小牧総合経済高校出身

私は小学5年生から英会話教室に通い、高校では国際交流部に所属していました。そこで出会った英語が堪能な先輩に憧れて、先輩のいる短大英文に入りました。オープンキャンパスの授業のレベルが高かったのも入学を決めた理由です。高校時代はスピーチコンテストに出たり、ALTの先生と会話をしたり、市の国際交流活動にも参加していたので、短大でさらに英語によるコミュニケーション能力を伸ばしたいと思いました。

私は1年生の後期でニュージーランドに留学をしました。留学中は「読む・書く・話す・聞く」という全分野で授業があります。リーディングは苦手でしたが、本の内容についてディスカッションするクラスもあったので、会話に参加するため一生懸命勉強して、最後には積極的に発言できるようになりました。実は高校時代にもニュージーランドに行ったのですが、ほとんど英語が話せませんでした。しかし1年次の留学でその時のホストファミリーと再会し、たくさん話すことができました。短大英文は友達も高い目標を持っていますし、ネイティブの先生と話す機会も多いので、環境に恵まれていると感じています。卒業後はワーキングホリデーでニュージーランドに行って海外で働く経験をし、将来的には大好きなニュージーランドの魅力を伝える仕事に就きたいと思っています。

ニュージーランド
ニュージーランド

英語の楽しさを伝えられる教師を目指し今は編入に向けて勉強中です。

英文学科2年

英文学科2年
2015年 一般入試入学
函館西高校出身

私は高校時代、英語があまり得意ではなくて、「自分のように英語の苦手な生徒を減らすために英語教師になりたい」と、何となく考えていました。また、英語を生かした職業にも興味があったことから、短大英文への進学を決めました。短大英文は2年間、英語を集中して勉強することができます。また短大は在学中に、「英語教師を目指して編入する」、「留学をする」、「卒業して英語を使う他の仕事を目指す」など、いろいろな選択肢を検討できることが魅力です。入学してからは英語がとても楽しくなり、「英語の楽しさを伝えられる英語教師になりたい」と考えるようになりました。推薦での編入を目指しており、そのために授業を特に大切にすることを心がけてきましたが、編入後を見据えて友達と積極的に英語でコミュニケーションをとったり、英語で日記を書いたり、ニュースを英語で聞いたり、単語や文法などの基礎を改めて勉強し直すなど、英語を身につけるための努力をしています。

短大英文は先生との距離がとても近く、また2015年秋にできたラーニング・コモンズは学生同士が出会い、互いの学びを支援する素晴らしいシステムだと思っています。英語を話しながら勉強ができるので、とてもいい環境です。