北星学園大学短期大学部 英文学科

サポート体制
英語の資格習得
HOME > サポート体制 > 英語の資格習得

使える英語が身につく国際標準の英語検定試験
ケンブリッジ英検

短期大学部英文学科では、全国の高等教育機関では初めてとなる1・2年生全員を対象とした、ケンブリッジ英検(B1 Preliminary)を、2017年から開始しました。

英語によるコミュニケーション能力が重視される中、本学科では、2017年度から、これまでのTOEFLに加え「ケンブリッジ英検」を全員が受験します。ケンブリッジ英検は、世界130か国以上、年間250万人が受験する英語4技能テストで、「実際に使える英語力」を適切に測ることができるテストとして、世界中の大学、企業などから高い評価を受けています。また、英検やTOEICについても、引き続き、サポートを行います。

ケンブリッジ英検・TOEFL

ケンブリッジ英検3つの特色

4技能検定
ペア型スピーキング
CEFRに完全準拠

受験者の感想

「4技能テストなので普段の学習の成果を知ることができる」、「スピーキングは初めての形式で新鮮で楽しかった」、「リスニングが生きた英語で内容も実践的」、「エッセイなど書くことに慣れる必要があると感じた」など、今後の英語学習の改善に生かすことができるとのコメントが多く寄せられました。

年間スケジュール

短大英文学科では2年間の在籍中に全学生がケンブリッジ英検2回、TOEFL3回を受験します。入学時、卒業時の英語力の比較はもちろん、在学中に4技能試験を2回受験することで、自分の英語スキルの強み、取り組むべき課題についてよりよく理解し、勉強方法の改善に活用することができ、より充実した学生生活を送ることができます。