ABOUT US学科概要

LEARNING ENGLISH
AT HOKUSEI北星の英文で学ぶ

日本と世界の未来をひらく力。
ますます加速するグローバル化。今この瞬間も、地球のそこかしこで異なる文化同士の出会いが繰り広げられています。
その出会いを豊かにするカギは、お互いを理解しあえる言葉、なかでも世界の共通語ともいわれる英語であることはいうまでもありません。
伝統ある北星の英文科で身につける文化理解能力と英語力が、あなたの可能性を無限にひろげます。日本と世界の未来をひらく架け橋になる。
それは、きっとあなたです。

UNIQUELY HOKUSEI北星英文科の授業の特徴

  • 就職を見据えた授業

    詳しく見る

    通訳、翻訳、スピーチ、朗読など、英語の特殊技能を習得し、英語のプロとなるための授業も数多く設置されています。

    CURRICULUM
  • 高いレベルの英語授業

    詳しく見る

    13年度より、入学時の英語力が特に高い学生のための特別プログラムを設置。パブリックスピーキング、ライティング、リサーチなどの科目をネイティブスピーカー教員の指導のもとで総合的に受講する選抜クラスです。このプログラムを通してさらなる英語力の向上を図ります。

    CURRICULUM
  • 英語の先にある多様な専門課程

    詳しく見る

    3、4年次の専門課程では、自分の興味関心にあったコース選択が可能。「文化・文学コース」 「言語コミュニケーションコース」「グローバル・スタディーコース」の3つから選択します。

    COURSES
  • 幅広く学べる副専攻

    詳しく見る

    英語の主専攻に加えて、フランス語、中国語、韓国語、ドイツ語、心理学、経済学、国際関係論、社会福祉学など、12の分野から副専攻が選択可能。幅広い知識技能を在学中に習得することができます。

    CURRICULUM
  • 1年次から単位認定できる留学

    詳しく見る

    1年次から単位として認められる(私費)留学が可能になりました!そのほか、数多くの協定校への派遣留学や、春休みや夏休みを活かして海外研修で海外に渡航する学生が多い学科です。

    STUDY ABROAD

FUTURE READY就職について

航空会社や空港、ホテルなど観光ビジネスへの就職が多くみられます!

道内で航空系の内定者のうち多くは北星出身者で、就職活動支援も手厚く行っています。詳しく聞きたい!という方は、ぜひキャンパス説明会へお越しください。教員はもちろんのこと、公務員や金融をはじめ、IT、お菓子メーカー、報道関係など、さまざまな職種に就職できるところも英文学科の強みです。卒業後、海外や大学院へと目を向ける学生もいます。英文学科で得た多様な学びは、一人一人の将来の夢へとつながっています。

数字で見る北星学園英文学科の就職

  • 就職率97.7%

    就職内定率97.7%の実績

    2013年3月卒業生の就職内定率は97.7%。
    北星の英文学科の卒業生は各方面で
    高く評価されています。

    COURSES
  • 道内高校の
    北星出身英語教員数
    1

    道内高校の英語教員は北星出身者が第1位

    「英語の北星」の伝統は教育界でも脈々と受け継がれています。道内高校の英語教員は北星出身者の割合がもっとも高く、中学英語教員においてもトップレベルの輩出率を誇っています。
    また、通信制教育の同時履修により、
    小学校免許も取得可能です。

  • TOEFL, TOEIC
    のオンライン教材
    0

    オンライン英語自習教材が無料

    「スーパー英語」というTOEFLやTOEICに対応したオンライン英語学習教材のアカウントを
    全員に無料で配布。
    また、1年次は年2回、2~4年次は年1回、
    全員がTOEFLやTOEICを受験できます。

FEATURED INTERVIEW教員インタビュー

  • 続きを見る

    Robert Thomson 先生

    Why did you become an academic?
    In 2006, I traveled around the world for 2.5 years by bicycle and skateboard ( crazy, I know!). After that, I wanted to devote my life to understanding and sharing with others this diverse and modern world we live in.
    What is your impression of Hokusei students?
    Intelligent, bright, motivated, positive. I really appreciate their passion for discovering new things and their international outlook.
    Name one thing you really like about being an academic.
    As a researcher, it feels good to share my research in a talk or in a popular journal. As a neducator, seeing students become competent in a field is really satisfying.
    What's your approach to teaching?
    It is my firm belief that you’re never too young or inexperienced to change the world. Yes, students are ‘learners’. But they’re also ‘explorers’ with much to contribute.
    Message to potential applicants
    No matter what you decide to learn, or where you decide to learn it, a good education has great value. Chase your dreams and keep learning.

    Profile

    I spend a lot of time looking at my smartphone. I bet you do too. Youtube, Instagram, Twitter, Snapchat...they are all large parts of our lives. I am a social psychologist who studies how and why we humans, from all different cultures, connect with each other in cyberspace.

  • 続きを見る

    島田 桂子 先生

    北星英文学科の教員になったきっかけは?
    私は大学時代にチャールズ・ディケンズの文学に出会い、そのストーリーの面白さと社会に対する鋭い風刺に心を奪われました。私自身がクリスチャンであることもあり、文学作品の宗教的な側面を探ることに興味を持っていたので、大学院ではディケンズとキリスト教の関係について研究しました。それ以来、益々ディケンズ文学が好きになり、研究者となりました
    北星の学生はどんな印象?
    昔から個性豊かな学生が多かったと思います。周りに流されず、我が道を行くという独立独歩の精神を持っていると感じます。しかし、決して個人主義というのではなく、互いに良い距離を保ちながら助け合っているという印象です。お互いの違いを認め、尊重し合う気風があります。そんな自由で温かい雰囲気は、大学として、とても心地良い環境ではないかと思います。
    教員として喜びを感じる瞬間は?
    私が担当している小説研究やゼミのクラスでは、文学作品について学生さん達に自分の解釈や考えをグループで語り合ってもらいます。語り合いの中で、私の思いもよらない考えや面白い解釈が飛び出すことがあり、私も学生から学ぶことが多くあります。また、意見交換や検証によって学生が文学作品に新しい発見をして目を輝かせているのを見ると私も嬉しくなります。
    指導方法で心がけていることは?
    私は留学中に、オルガンの先生から「私の言う通りに弾くのではなく、もっと自由に表現してください。私はあなたと共により良い音楽を作るためのパートナーなのです」と言われて、とても驚き、感動したことを覚えています。この言葉を受けて、私は主体的に自分で考えて弾くようになりました。私も自分の学生にとっての良い学びのパートナーでありたいと思います。
    入学を考えている皆さんへ一言
    聖書には「求めなさい。そうすれば、与えられる。」(マタイによる福音書7:7)という言葉がありますが、北星大学では、学生の皆さんが学びたいこと、活動したいこと、真剣にやりたいことがあれば、その実現に向けて教職員が全力でサポートします。自分の可能性を信じて、夢に向かってチャレンジしてみませんか?北星で、ぜひそのチャンスをつかんでください!

    Profile

    札幌生まれ、札幌育ち。北星学園大学文学部英文学科卒業。在学中に姉妹提携校であるルイス&クラーク大学に交換留学する。留学中は文学を学びながらパイプ・オルガンに熱中する。北星を卒業後、再びルイス&クラーク大学に戻り1年後に同校を卒業。私立高校で英語教師を数年勤めた後、イギリスのニューカッスル大学大学院で宗教と文学の修士号を取得。ディケンズ研究で博士号を取得後、2015年から北星学園大学の教員となる。担当科目はイギリス小説研究やイギリス文学概論など。研究分野はキリスト教文学、ディケンズを中心とした19世紀イギリス文学。