大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

ニュース

News

  • Home >
  • ニュース >
  • フェアトレードに取り組む本学学生の記事が北海道新聞に掲載されました

フェアトレードに取り組む本学学生の記事が北海道新聞に掲載されました

2017年12月22日

12月5日(火)の北海道新聞 朝刊17ページに本学 経済学部 経済学科3年小原実果さんの記事が掲載されました。

小原さんは、高校時代から発展途上国の商品を適正な価格で購入し、生産者の自立につなげる「フェアトレード」に興味を持ち、専門の授業があるため本学 経済学部に入学しました。
本学で開講されている科目を履修し学びを深めるだけではなく、学内の学生団体「北星フェアトレード」の代表を務め、札幌市内の高校で発展途上国の商品の購買に関する授業を行ったり「フェアトレードフェスタ in さっぽろ」で実際に商品を販売するなど幅広い活動を行っています。

また、小原さんはフェアトレードに関わる学生団体の全国ネットワーク組織、「フェアトレード・ステューデント・ネットワーク(FTSN)」の北海道支部代表も務め、「フェアトレード」を札幌市全体に広げ、世界的な都市認証制度である「フェアトレードタウン」を取得することを目指し、同団体の全国合宿で「フェアトレードタウン」の国内初の認証を受けた熊本市を訪問し、札幌市に活かせる内容を学び札幌市民の活動を学生という立場で支援するなど、フェアトレード運動を北海道内の若者に広げるため精力的に活動しています。

その活動について北海道新聞に掲載されました。
ぜひご覧ください。


ウェブ掲載許諾:北海道新聞社許諾 D1712-1806-00013169

 

PAGE TOP