学科の4つの特色

1基礎から臨床まで学べる
総合心理学科です。

心理学の基礎から臨床まで学べる総合心理学科であることにあります。
実証科学としての心理学、および現実場面での応用的実践としての心理学という、心理学を構成する両輪について総合的、かつ系統的に学ぶことができます。
社会心理学、発達心理学、認知心理学、福祉心理学、臨床心理学、カウンセリング論、パーソナリティ心理学、犯罪心理学、臨床発達心理学など非常に幅広く心理学を網羅したカリキュラムで構成されています。

基礎から臨床まで学べる総合心理学科です。

2実践的な心理学実験の充実。
(実験を通して人間心理を探る)

科学的な手法による人間心理の解明を学びます。心理学基礎実験、心理学実験、心理学研究法、心理統計法、社会的スキル実習などを通して、人間の行動特性を理解します。

実践的な心理学実験の充実。(実験を通して人間心理を探る)

3小・中・高、特別支援学校教員免許を取得する。

心理学を幅広く学ぶとともに、教員に必要な知識や技能を学ぶことができます。教職入門を始め、教育方法論、学校経営論、教授法、教育相談論、生徒指導論など教育学を学びます。

小・中・高、特別支援学校教員免許を取得する。

4心の「深層」を探求する。

心の世界は、目に見えるものではありません。目に見えないものを見えるようにする「方法」を知ります。
パーソナリティ(性格・人格)を測定する質問紙調査法、人間の能力や発達について測定しようとする知能・発達検査、人間の深層心理に迫る投影法検査などの様々な心理検査を学びます。
大学院への進学、臨床心理学をさらに高度に学び「心の専門家」である臨床心理士資格の取得を視野に入れます。

心の「深層」を探求する。

大学院臨床心理学専攻について

ページトップへ