在学生の声

Question

1
なぜ北星の福祉心理学科を選びましたか?
2
学校生活や将来についてどのような目標がありますか?

学校生活で
培った経験を
活かしていきたい!

野﨑 小絵さん
2015年入学
北星学園大学附属高校出身
  • 1私は高校時代、様々な生活場面で悩んだり苦しんだりして自分の気持ちを心の奥に閉じ込めてしまう人を救いたい・支えたいと考えていました。そこで、たどり着いたのがカウンセラーという職でした。その職に就くためには、心理学を学ぶこと・専門的な知識を学ぶ必要があることを知り、その分野に特に力を入れていた北星の福祉心理学科に入りたいと思いました。
  • 2将来の目標はカウンセラーだったので、学生生活の中で少しでも沢山の人と関わりたいと考えていました。丁度、私はラクロス部に所属していたため、沢山の人と関わる機会がありました。その中で、人の思いを汲み取ったり言葉かけをしたりするのはとても難しかったのですが、この経験は将来に活かされると考えています。

友人、先生、先輩…
人と人との
繋がりを大切に。

水上 翔達さん
2017年入学
江別高校出身
  • 1僕が北星学園大学の福祉心理学科に入った理由としての一番はこの福祉心理学科が総合心理学科であるということでした。通いやすさなどから北星に行くつもりでしたが、心理学を扱っている学科が二つあったので相当迷いました。しかし自分が学びたいものは心理学であることから福祉心理学科に決めました。
  • 2学生生活では人との繋がりを大切にしていきたいと考えています。大学では高校などと違い自分だけで知れることに限度があるため先輩から情報を仕入れることはとても重要だと言えます。将来についてはまだまだ知らないことが多いため、キャリアデザインに関する授業を受けて知見を広げなければと思い知らされます。

学科の垣根を超え
幅広く心理学を
学びたい!

河内 大地さん
2016年入学
函館稜北高校出身
  • 1人の心の動き方にはもともと興味がありました。高校の時に興味がある分野について調べる機会があり、そこで心理学について調べてより興味が深まったのがきっかけです。臨床心理学、社会心理学、犯罪心理学などの科目はもちろん、他学科科目ですが音楽心理学なども学べる北星を受験することにしました。
  • 2大学では幅広い交友関係を築いていきたいと思っています。サークルなどで先輩も後輩も様々な人とつながっていけたらなと思っています。また、将来は大学で学んだ知識を生かして、営業職に就きたいと思っています。お客さんと関わるときや第一印象、上司へのコミュニケーションなど必ず役に立つところが出てくると思います。

”学問”としての
心理学を、しっかりと
学べます。

藤原 美春さん
2016年入学
啓成高校出身
  • 1心理学に興味がありましたが、具体的に学びたい分野は決まっていなかったため、基礎から応用的な心理学まで幅広く学べることで、より関心のある分野を見つけられると考えました。
    また、資格取得を重視したカリキュラムよりも学問としての心理学をしっかりと学べることに魅力を感じ、選びました。
  • 2学生生活では、関心のある分野について研究できるゼミに所属できたため、研究論文などに触れながら知識を深めていきたいと考えています。将来は、ビジョンが明確ではないため、自分にとって最善の就職をしたいです。そのために、自分に合った職業とは何か見極めていくことが必要であると考えています。

大学院臨床心理学専攻について

ページトップへ