大学院社会福祉学研究科・臨床心理学専攻について

大学院臨床心理学専攻では、高度な心の専門家(臨床心理士、公認心理師)の養成、リカレント(職業人継続)教育の推進、実習を柱としたカリキュラム構成、研究法をはじめとする幅広い科目配置による論文作成技能の養成を目的としています。
大学院における「臨床心理実習」・「心理実践実習」などの実習では、本学の心理臨床センターにおける学内実習、医療施設など様々な臨床現場における学外実習を行います。更に、経験豊富な教授陣による多様な心理学に関する講義や演習が開講されています。
公益財団法人「日本臨床心理士資格認定協会」から「指定大学院第1種校」の指定を受けています。更に、国家資格「公認心理師」の資格取得のためのカリキュラムに対応しています。

高校生・福祉心理学科への入学を考えている皆さんへ

福祉心理学科は、心の専門家を目指す人に応えます。

福祉心理学科/大学院 臨床心理学専攻 心理臨床センター長(兼任)
牧田 浩一 先生

大学院(修士課程)は、2年間の修養年限で開講されています。4年制大学を卒業してから、+2年間ですので、高校生の皆さんからすると、先の長いことと感じるかもしれません。しかしながら、心の専門家の実務では、高度な専門知識と職能が求められており、6年間は決して長いものではありません。
国家資格「公認心理師」の取得には、福祉心理学科で開講される科目を履修することが必要になります。福祉心理学科は、大学学部段階から大学院まで6年間一貫した、心の専門家になるためのカリキュラムが整えられています。
大学院修了後は、心の専門家として、たくさんの優れたキャリア機会に開かれています。2017年度の就職実績は、医療施設、児童福祉施設などに100%となっています。

牧田 浩一

大学院生VOICE
「目の前の人に真剣に向き合う」臨床心理学を学びたいあなたへ

中学生の時から心の支援に関わる仕事に興味があり、『臨床心理士の資格取得を目指したい』という思いから大学院への進学を決意しました。
大学院の講義では、臨床心理学に関する専門的な知識はもちろん、現場で活かせる実践的なスキルも学びます。例えば、心理面接のロールプレイを行ったり、学内にある『こころの相談室(心理臨床センター)』で、来談される方と実際に心理面接を行ったりします。先生や院生からフィードバックを受けるのですが、不十分なところを指摘されるのはつらい時もあります。しかし、こうした実習を経ることで自らに必要なスキルを発見し、磨いていくことができると思います。講義や実習は少人数で行われるため、先生方のきめ細やかなご指導をいただけることは大きな魅力の一つだと感じます。
人の心を理解して寄り添うことは、簡単なようでとても難しいことなのだと実感しながら日々を過ごしています。しかし同時に、興味のあることについて学びを深められることに充実感も感じています。『目の前の人に真剣に向き合う』ことについて自ら進んで探求したい、と思う方は、進学を検討してみてはいかがでしょうか。

社会福祉学研究科
臨床心理学専攻修士課程2年
2017年卒業北広島高校出身
荻野 さゆりさん

大学院臨床心理学専攻について

ページトップへ