大学院社会福祉学研究科・臨床心理学専攻について

大学院臨床心理学専攻は、心理臨床の専門家を育成することを主要な目的とし、そのために心理臨床センター(北星こころの相談室)での2年間にわたる実習を重要な柱としています。加えて、心理学の研究方法論をはじめとする幅広い科目、指導教員との密接な関係の下での演習を中心とした指導があり、心理臨床の専門家のみならず、研究者の養成をも視野に入れています。
さらに、本学の臨床心理学専攻は、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会から「指定大学院第1種校」の指定をうけており、修了と同時に「臨床心理士」資格試験の受験資格を取得できます。

自分を知って他者が見えてくる。
心のプロフェッショナルを目指す学びがあります。

福祉心理学科/大学院 心理臨床センター長(兼任)
西山 薫 先生

最近はますます、心の援助者が求められる社会になってきました。しかし、単に人と仲良くできる、話を聞くのが好きだから、ではプロにはなれません。どうすれば良いのでしょう。援助者になりたい自分自身を客観的に分析できること、また、親密だが同情ではない科学的な眼と態度を修得することが必要です。やりがいがあるけれど、この難しい目標に向けて、大学院では多様なカリキュラムを組んで心理士をめざす皆さんをお待ちしています。

大学院臨床心理学専攻について

ページトップへ