学科長挨拶

心理学は、見て、聞いて、感じて、
体験することから始まる

福祉心理学科長 田澤 安弘 教授

福祉心理学科は、基礎から臨床まで、心理学を幅広く学ぶことのできる総合心理学科です。
心理学とは何か?心理学とは、心や行動の科学を研究する学問です。では、学問としての心理学はどこから出発するのか?それは、私たちが日常の生活世界の中で見たり、聞いたり、感じたりすることによって生まれてくる、驚きや疑問に他なりません。そうした生き生きとした体験に宿っている法則性を探求し、学問的なレベルまで高められたものが、心理学の諸理論なのです。
本学科で学ぶ心理学の研究対象は多岐にわたっています。たとえば、泣きや笑いといった感情を研究する感情心理学、ものの見方や考え方を研究する認知心理学、乳幼児期から幼年期に至る流れを研究する発達心理学、対人関係や集団の心理を研究する社会心理学、障害者の心理を研究する福祉心理学、苦悩する人間とその援助法について研究する臨床心理学などがあり、そのジャンルは実に幅広いのです。
福祉心理学科の特徴は、実際に役立つ基礎を固める教育にあります。大学に在籍する4年間のうちに、皆さんを知識の大海から自ら必要とする情報を汲み出す力を養成するのが本学科の教育です。そのために、心理学の実験設備や、データ処理に使用するPCのハード・ソフトウェアなどの充分な教育環境を用意し、多様な専門分野を誇る教員たちが真摯に教育にあたります。
また、本学はキャリアデザインセンターが充実しており、卒後の進路についても安心して考えることができます。豊かな人間性と、根拠のあるデータに基づく科学的理解の方法を身につける福祉心理学科での学びは、大いに就職にも役立つことでしょう。

大学院臨床心理学専攻について

ページトップへ