「公認心理師」について

心理職の国家資格「公認心理師」が誕生します。

公認心理師法は、2015年9月9日に議員立法により成立し、同9月16日に公布され、2017年9月15日に施行されました。
公認心理師は,保健医療,福祉,教育その他の分野において,心理学に関する専門的知識および技術をもって心理に関する支援を必要とする人々の援助にあたります。

第1回公認心理師試験は、2018年中に実施される予定となっています。
この国家試験を受験するためには、受験資格が必要です。
公認心理師の受験資格を得るためには、以下のいずれかのルートがあります。

  1. 学部で指定の科目を修めて卒業後,一定期間の実務経験
  2. 学部で指定の科目を修めて卒業後,大学院で指定の科目を修めて修士課程を修了

北星学園大学 社会福祉学部 福祉心理学科,および大学院 社会福祉学研究科 臨床心理学専攻(修士課程)では、公認心理師の受験資格取得に対応したカリキュラム編成など準備を進めています。

2018年度以降入学生 福祉心理学科カリキュラム(公認心理師受験資格対応カリキュラム)案

☆印が付された科目は公認心理師受験資格対応科目です。

授業科目名 1年次 2年次 3年次 4年次
基幹科目
  • 心理学概論
  • 心理学研究法
  • 心理学統計法
  • 心理学実験
  • 心理調査法
  • 多変量解析法
  • 心理学実験特殊実習
  • 専門演習Ⅰ・Ⅱ
  • 専門演習Ⅲ・Ⅳ
  • 卒業論文
基礎心理科目  
  • 学習・言語心理学
  • 神経・生理心理学
  • 知覚・認知心理学
  • 感情・人格心理学
   
臨床心理学関連科目
  • 心理学理論と心理的支援
  • 心理学的支援法
  • 臨床心理学概論
  • 知的障害者の心理
  • 肢体不自由者の心理
  • 病弱者の心理
  • 司法・犯罪心理学
  • 公認心理師の職責
  • 関係行政論
 
社会的・臨床的スキル科目  
  • 心理的アセスメント
  • 心理演習
  • ソーシャルスキル実習
  • 心理実習
対人・社会科目
  • 社会理論と社会システム
  • 福祉社会学
  • ジェンダー論
  • 社会・集団・家族心理学
  • 産業・組織心理学
  • グループダイナミックス
  • 臨床社会心理学
  • ケアマネジメント論
  • 福祉財政論
  • 差別論
   
発達・教育科目
  • 倫理学
  • 発達心理学
  • 教育・学校心理学
  • 教育心理学
  • 教育相談論
  • 人間発達論Ⅰ・Ⅱ
  • 知的障害教育方法論Ⅰ・Ⅱ
  • 病弱教育方法論
  • 重複障害・LD等教育論
  • 特別支援教育総論
  • 臨床発達心理学
  • 障害児教育論
  • 視覚障害教育論
  • 聴覚障害教育論
  • 障害児教育実習
 
福祉・医療科目
  • 社会福祉入門
  • 人体の構造と機能及び疾病
  • 健康・医療心理学
  • 障害者・障害児心理学
  • 福祉心理学
  • 健康と倫理
  • 知的障害者の臨床心理
  • 精神疾患とその治療
  • 知的障害者の心理検査実習
  • 知的障害者の病理保健
  • 肢体不自由者の病理保健
  • 病弱者の病理保健
 
教育関連科目
  • 経済学入門
  • 国際経済学
  • 国際政治学
  • 現代政治学
  • 現代社会学
  • 現代哲学
  • 宗教学(A)
  • 憲法Ⅰ
  • 社会思想史
  • 宗教学(B)
 

※公認心理師に関する情報の詳細は、厚生労働省のホームページをご覧下さい。

大学院臨床心理学専攻について

ページトップへ