ゼミ紹介

3年生になると、より専門的な知識を学ぶため、
自分の関心に合わせてゼミを選び、メンバーと共に専門的な問題について考えていきます。
4年次ではこれまで学んだことを生かしてテーマを決めて研究を進め、
時には数百人への調査も行い卒業論文にまとめて発表します。

鴨澤 あかね

鴨澤 あかね ゼミ

情報を一度自分の中に入れてみて、身体と心で考えて発信する力を育てます。

臨床心理学は、カウンセリングなどの実践活動が核になっています。実践するには心理学や様々な知識が必要ですが、それはあくまで実践のため。単なる教養や知識で終わっていては意味がありません。刻々と動き続ける人の心を相手にするために、常に自分で考えながら他者と交流する力を育てています。

菊地 康介

2015年度入学 士別翔雲高校出身
菊地 康介 さん

実践を通して知識を身につけることができるゼミです。

鴨澤ゼミでは様々な心理療法について実践して学ぶことができます。頭で考えるだけでなく実践して心理療法のアプローチ方法を学ぶため、教わるだけではわからない難しさや知識を身につけることができます。ゼミ内では感想や意見を交流する機会がたくさんあり、新しい発見があるのが鴨澤ゼミの特徴だと思います。

栗林 克匡

栗林 克匡 ゼミ

自己と他者の理解と円滑な人間関係のあり方を考える。

社会心理学では、日常生活における様々な対人関係における現象を扱っています。他者を知ること、誰かを好きになること、人助けすること、人を傷つけること、コミュニケーションすること、集団の心理など多岐に渡ります。ゼミでは、これらのテーマを幅広く扱いながら、人間関係のあり方を考えていきます。

小島 悠華

2015年度入学 北海道えりも高校出身
小島 悠華 さん

日常生活の中で起こる、「なぜ?」を考えることができるゼミ。

栗林ゼミでは、社会心理学を学びます。ゼミの主な内容は2人1組で行う論文講読とチームでテーマに沿った調査をする共同研究です。恋愛、対人関係、集団心理など、普段の生活の中にある自分たちの疑問をとことん追求することができ、人の心の仕組みを学べます。日常生活に役立つ知識も得ることができるゼミです。

佐藤 祐基

佐藤 祐基 ゼミ

児童・青年期の「心のケア」について学び、援助者の視点を身につける。

佐藤ゼミでは、児童・青年期の心理的援助をテーマとして、不登校、発達障害、うつ病、心的外傷、自己効力感、パーソナリティ特性などに関する研究を行っていますの研究発表を通じて、児童や青年の心理的問題を多面的に理解し、大人の立場から効果的に支援する方法について学んでいます。

岩渕 里香

2015年度入学 北見柏陽高校出身
岩渕 里香 さん

「知りたい」をこつこつと。学びと癒しの空間。

佐藤ゼミでは臨床心理士の先生のご指導のもと、それぞれが興味関心のあるテーマについてじっくり追求しながら、卒業論文に向けて準備を進めていきます。さらに、ロールプレイングを通じてカウンセリングの基礎を身に付けることも出来ます。佐藤先生が放つ温かい雰囲気の中で仲間たちとの交流を深められるゼミの時間がすごく楽しみです。

柴田 利男

柴田 利男 ゼミ

子どもから大人へ・身体と心・気持ちの変化-発達・健康・感情の行動学。

発達の分野では、子どもが自分や友だちの感情を理解し対人関係を作っていく過程について考えます。健康の分野では、自分の身体や健康状態の認知と行動への影響について研究しています。感情の分野では、自分の気持ちが何によって変わるのか、相手の気持ちをどうやって理解するのかがテーマです。

阿部 佑亮

2013年度入学 北広島高校出身
阿部 佑亮 さん

明るい雰囲気の中で、感情や発達の多様な側面を学び身につけていく。

私は人間の様々な感情について学びたいと思い、柴田ゼミを選びました。柴田ゼミでは、ゼミ生一人ひとりが目標を明確にしテーマを決めて研究を進めていきます。そのテーマに関連する資料や論文を講読し、読み取り方や実験手法などを学んでいきます。ユーモア溢れる柴田先生のもと、日々楽しく取り組んでいます。

田澤 安弘

田澤 安弘 ゼミ

臨床心理学固有の研究法である「事例研究法」を学び、対人援助者を目指す。

三年次田澤ゼミでは、臨床心理学の基本である事例研究を学びます。 相談者がカウンセリングによってどのように変化していくのか、 一人の事例の変化プロセスを丹念に検証していきます。抽象的な心理学理論とは異なる、具体的な生きた人間を共感的に理解するための第一歩です。四年次は、卒業論文完成に向けて個別指導を重視しています。

佐久間 舞

2015年度入学 北見柏陽高校出身
佐久間 舞 さん

多くの視点から考え、感じ、人の心の働きや変化を知る。

ゼミでは臨床心理学について、それぞれが興味のある論文を調べ、発表しています。カウンセラーである田澤先生の解説も聞けますし、ゼミ生で意見交換もしているので、考え方の幅が広がります。わからないことや気になることがあったら気軽に発言することができ、いつも和やかな雰囲気の中で、触発し合いながらゼミを進めています。

西山 薫

西山 薫 ゼミ

行動臨床心理学領域ゼミ。人間行動の何故?何?を、人間的かつ科学的に探求したい。

具体的には、ストレス発生のしくみや人間関係スキル、より良い自己コントロール等を取り上げ学びます。しかし、毎年皆のテーマは十人十色!それは、得た知識をもとに'各自が大切と思う'テーマを大事に育て、自主研究を進めよう!が目ためです。自分たちのWellを、科学的に探求しませんか!?

堀 明日実

2015年度入学 光星高校出身
堀 明日実 さん

「知りたい!学びたい!」という想いから、自分で可能性を広げられるゼミ。

行動臨床心理学をメインとし、ストレスや対人関係など、日常における私たちの身近なテーマについて幅広く学ぶことができます。和気あいあいとした雰囲気の中、先生の親身な指導のもとで丁寧に時間をかけながら理解を深めていきます。自主的な取り組みを通じて自分の力を試すことができるのは、西山ゼミの大きな魅力です。

牧田 浩一

牧田 浩一 ゼミ

子ども、家族と学校に関する臨床心理学。乳幼児と母親との関係性、心の発達。

牧田ゼミでは、子どもとそれを取り巻く家族と学校に関する臨床心理学をテーマとして研究を行います。「赤ちゃん」と母親との関係性、心の発達やアタッチメント(愛着関係)について、学校生活で起こる心の諸問題(不登校、いじめ、非行、暴力行為、発達の遅れや児童虐待など)について研究します。

浅沼 百花

2015年度入学 旭川大学高校出身
浅沼 百花 さん

「遊び」を通して「学び」、「語り合う」ことで「高め合う」。

主に子どもについて臨床心理学を学習していきます。座学だけでなく、心理相談室の見学や心理療法を体験するなどアクティブに活動しています。ゼミ生同士での意見交換も頻繁に行われるので、常に刺激を与えあって互いに成長していくことができるゼミです。好奇心旺盛で癒しを提供してくれる牧田先生とリラックスして勉強ができます。

眞嶋 良全

眞嶋 良全 ゼミ

人間ってうまくできているねえ、ということを科学的に研究します(理想)。

認知心理学では、心にまつわるほとんどの話題が研究対象になり得ます。 私自身は、「信じる」心のメカニズムをメインに研究していますが、ゼミでは、記憶でも、社会でも、感情でも好きなテーマを追求できます。話題は「ええかげんに」、方法は厳密に。また、研究活動を通じて、社会に出て役に立つスキルも訓練します。

金野 優香

2015年度入学 月寒高校出身
金野 優香 さん

テーマも雰囲気も自由。だけどちゃんとやるのが眞嶋ゼミ。

眞嶋ゼミは、興味のあるテーマがゼミ生それぞれで、幅広いテーマを扱うのが特徴です。興味のあるテーマがある人はもちろん、私もそうでしたが、あまりはっきりしない人にもおすすめのゼミです。行き詰まったときは、先生がしっかりフォローしてくれます。自由で居心地がよく、時にはまじめにやるのが1番の魅力です。

大学院臨床心理学専攻について

ページトップへ