カリキュラム

カリキュラム

学問と現場の融合を目指した教育を実現するため、講義科目に加えて現場で学ぶ実習を取り入れています。

学問と現場の融合を目指した教育を実現するため、講義科目に加えて現場で学ぶ実習を取り入れています。また、基礎演習や専門演習(ゼミ)という少人数教育も重要な柱として展開しています。1年次には基礎演習や概論を通して基礎を築き、2年次には専門科目やフィールド実習を通して、心コミの学びのエッセンスを吸収します。そして3年次にはプロジェクト実習と専門演習を通して、より専門的に学び、4年次には卒業研究への取り組みを通して、心コミの集大成としての学びを形にしていきます。

学科カリキュラム

●…共通必修科目
■…人間科学コース必修科目
■…地域・国際コース必修科目

学科共通科目

情報の収集・分析・発信をねらいとして、講義系科目のみならず、実習系・演習系科目も数多く配置しています。

人間科学コース科目

心理学に関する科目など、人間の心の過程を科学的に探究する能力を養成する授業科目を配置しています。

地域・国際コース科目

コミュニケーションが求められる地域や国際的な環境の中で、問題解決のために必要とされる力を養成する授業科目を配置しています。

【1年次】
心理学やコミュニケーションに関する基礎的な知識を学ぶ

心理学やコミュニケーションに関する基礎的な知識から発展的な知識へと体系的に学んでいきます

学科共通科目

●コミュニケーション科学Ⅰ・Ⅱ
●現代社会学
●基礎演習
●統計法基礎
●科学的研究法基礎実習
○English as a global language
○English Communication I

人間科学コース科目

■心理科学概論

地域・国際コース科目

■地域国際概論

【2年次】
フィールド実習や専門科目を通して理論と実践を学ぶ

1年次に学んだことを応用して、更に専門知識を身に付け、そして現場での学びを通して経験値を高めていきます

学科共通科目

●フィールド実習Ⅰ・Ⅱ
○English Communication II ・ III
○海外プロジェクト研修Ⅰ

人間科学コース科目

■心理科学研究法
■心理統計法
■心理科学実験
○音楽心理学
○認知心理学
○産業心理学
○学習心理学
○教育心理学
○生涯発達心理学
○コミュニティ心理学
○対人行動論
○感情心理学
○スポーツ心理学
○心理言語学
○学校心理学

地域・国際コース科目

■映像技術演習Ⅰ
■インタビュー・ルポルタージュ技法
■社会調査法
○映像技術演習Ⅱ
○国際社会論
○現代教育論
○国際教育論
○地域コミュニティ論
○メディアコミュニケーション
○マスコミュニケーション論

【3年次】
プロジェクト実習と専門演習を通して更に深く学ぶ

各教員のもとで更なる専門知識を深く学び、そして議論や発表の仕方についても仲間とともに学んでいきます

学科共通科目

●プロジェクト実習
●専門演習Ⅰ
○野外活動演習
○地域学習実習
○地域社会論
○心理学特殊実習
○プレゼンテーション演習
○English Debate
○海外プロジェクト研修Ⅱ

人間科学コース科目

地域・国際コース科目

○時事社会研究
○英語メディア研究

【4年次】
学びの集大成としての卒業研究への取り組み

論文、心理学実験、絵本の制作、映像作品など、ゼミ教員の指導を受けながら卒業研究に取り組みます

学科共通科目

●専門演習Ⅱ・III
●卒業研究Ⅰ・Ⅱ

人間科学コース科目

地域・国際コース科目

フィールド実習

心コミの卒業生に尋ねると、最も思い出に残った授業は「フィールド実習です」と答える方が少なくありません。講義で学んだことをそれぞれの現場で実践的に学び、経験値を身に付けることが出来ます。

【教育系】
子どもとの関わりから学んでみたい!

児童会館、またはフリースクールで84時間の実習を行います。子ども達や先生方、そして保護者とのコミュニケーションを通して実践的に学びます。

▲児童会館、またはフリースクールで84時間の実習を行います。子ども達や先生方、そして保護者とのコミュニケーションを通して実践的に学びます。

田中 光瑠さん

2015年度入学/札幌旭丘高校(現:市立札幌旭丘高校)出身田中 光瑠さん

私はフリースクール実習に行きました。実習では実際に授業を行い、それを通して教える際の技術や教育のあり方について、深く学ぶことができました。また、生徒達との日々のコミュニケーションを通して、信頼関係を築く上で大切な素直さや誠実さについて、現場ならではの貴重な学びができたことは、今も私の財産となっています。

【野外系】
リーダーとして子どもと関わってみたい!

子どもたちとキャンプをし、共同生活をする中で、コミュニケーションを図ります。年間を通して活動する人もいれば、短期集中で活動する人もいます。

▲子どもたちとキャンプをし、共同生活をする中で、コミュニケーションを図ります。年間を通して活動する人もいれば、短期集中で活動する人もいます。

赤川 冬果さん

2015年度入学/札幌月寒高校出身赤川 冬果さん

私は小樽市の神恵内において4泊5日の海キャンプに参加しました。私が最も印象に残ったことは子ども達の成長です。友達と喧嘩しながらも協力し合っている姿に感動し、時には学年が大きい子どもは積極的に小さい子どもをリードしている姿も見ることができました。子ども達の成長とともに、私も成長出来た実習となりました。

【産業系建築班】
ものづくりの醍醐味を体験してみたい!

「ものづくり」の大切さを感じるため、実際に建築の作業に携わります。毎年作業内容は異なっていて、ピザ釜作り、テーブル作りなどさまざまです。

▲「ものづくり」の大切さを感じるため、実際に建築の作業に携わります。毎年作業内容は異なっていて、ピザ釜作り、テーブル作りなどさまざまです。

小山 龍さん

2015年度入学/北星学園大学附属高校出身小山 龍さん

実習で学んだ事の一つに「家具に秘められたメッセージ」があります。棚などの家具製作を担当する中で、引いた図面通りに木を切り、組み立てて終わりではないことを知りました。例えば、木を切った切断面にあるトゲで怪我をしないよう上からシールを貼って安全に気を配っている事を知り、作り手に感謝の気持ちが芽生えました。

【産業系農業班】
農業の大切さを身をもって学びたい!

児実際の農業体験を通して、農作物が消費者に届くまでどれほどの人が関わっているのか、そのプロセスを再認識できる実習です。

▲実際の農業体験を通して、農作物が消費者に届くまでどれほどの人が関わっているのか、そのプロセスを再認識できる実習です。

佐々木 聖莉奈さん

2015年度入学/岩見沢西高校出身佐々木 聖莉奈さん

私はフィールド実習での農作業を通して、当たり前のように食べている野菜を作る大変さを学びました。また、農家さんという存在があるからこそ、私たちが健康にそして安心して暮らせているのだということを再確認することも出来ました。フィールド実習を経験した今は、常に感謝をして野菜を積極的に食べるようになりました。