大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

海外活動報告

Abroad Interview

異文化交流を忘れず積極的に

ブエナ・ビスタ大学

文学部 英文学科 4年 男性

アメリカ (2014.4〜2015.3)

派遣留学


1.授業の様子、内容はどうでしたか。

少人数制なので主体性や積極性を持って深く学ぶことができました。


2.教授陣は指導面で援助してくれましたか。

援助してくれました。


3.印象に残った生活経験、留学先の国の人々の生活などについて。

とても田舎だったので、遊ぶといえば飲みに行ったり、クラブで踊り明かすというのが主流でした。僕はあまりそういうのが好きではなかったので、積極的に学校主催のイベントやクラブ主催のイベントに参加していました。THANKSGIVING(感謝祭)のときに友人の家に泊まりました。そこで遠方から来た親戚や友人に紹介してもらいました。使われなくなったバーを利用して友達の家族も含め、ボランティアとして家族で楽しめるようなイベントを開いていました。
都会と比べてフレンドリーで、地域の人々の結びつきがとても強いと実感しました。


4.大学の雰囲気はどうでしたか。容易に溶け込むことはできましたか。

比較的フレンドリーだったので溶け込めました。


5.留学経験は期待に応じたものでしたか。

ESLのレベルはそれほど高くなかったように思いました。しかし他は、トラブルも含めて期待に応じたものでした。


6.留学をして有益だった点を挙げてください。

英語力が向上したこと、北星では取れない授業(コミュニケーションやボイストレーニング等)が取れたこと、日本の大学とアメリカの大学の授業の違いが学べたこと、異文化交流しかしていないこと等です。


7.これから先、留学経験をどのように生かしていきたいと思いますか。

培った英語力と主体性を生かして、異文化交流も忘れずに積極的に生かしたいです。


8.約1年間の留学生活を振り返って、感じたこと。

アメリカだけじゃなく、様々な国の友人ができました。観光では絶対に行かないような田舎の生活を満喫して、アメリカの新たな一面を知ることができました。メキシコに語学留学をして、そのあと一人で旅をしたことで、一人で生きていく能力と現地の人と円滑にコミュニケーションすることの大切さを学びました。

 

 

 

PAGE TOP