大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

海外活動報告

Abroad Interview

中身の濃い期待以上の1年間になりました

マンチェスター大学

文学部 英文学科 4年 女性

アメリカ (2013.4〜2014.3)

派遣留学


1.授業の様子、内容はどうでしたか。

日本のような大教室での講義はほとんどなく、6人から多くても20人程の授業でした。特に少人数の授業はディスカッションが多く行われました。文学、歴史の授業を中心に受けましたが、課題で読む量が多い授業を多く取ると大変でした。授業内容はどれも大変勉強になり、興味深いものでした。


2.教授陣は指導面で援助してくれましたか。

分からないことをそのままにして溜め込み、大変なことになったことがありましたが、そのようなときでも、教授陣は、留学生を理解して受け入れてくれました。素直に質問をして助けを求めると良いと感じました。


3.印象に残った生活経験、留学先の国の人々の生活などについて。

外国人とルームシェアをするのは大変なことも多かったですが、一生に経験することの中でも、とても貴重であると感じました。一緒に生活して辛く感じたことがありますが、そこから学んだことは大きかったです。私はアメリカ人に対して、はっきりと物事を言ってくるということを、留学前に多く聞いていたため、そうであると思い込んでしまい、ルームメイトに対して思い込みで判断し、不快感を与えてしまったことがありました。確かに国によって人柄に表れることはありますが、性格は皆違いますし、国籍などでステレオタイプなイメージを持って接するのではなく、先入観を持たずに、一人の人として接することが大切であることを学びました。


4.大学の雰囲気はどうでしたか。容易に溶け込むことはできましたか。

留学生同士どうしても固まるのですが、その中でもアフリカからの人が多く、彼ら同士話もセンスも合うため、行動を共にしていました。受け入れられなかったということはないのですが、アジア人の学生が数人しかいなかったため、溶け込むのは容易ではありませんでした。


5.留学経験は期待に応じたものでしたか。

はい、期待を超えるものでした。1年間はあっという間で、ネイティブ並に英語を流暢に話せるようになるのは難しいと感じました。しかし、楽しいことも辛いことも含めて、そこでしか経験できないことや感じられないことを得られたので、中身の濃い期待以上の1年間になりました。


6.留学をして有益だった点を挙げてください。

全ての経験が有益でした。大学の授業を通して学んだことは大きいですが、外国で外国人と生活をする中で、留学をしなければ気づくことができなかったことは本当に多くありました。また、途中で、留学に来なければ良かったかも・・と思ってしまうくらい辛いこともありましたが、「留学に来ていなければもっと後悔していた」と考え、楽しい経験も辛い経験も価値のあるものだと考えるようにしました。


7.これから先、留学経験をどのように生かしていきたいと思いますか。

語学力だけではなく、自分なりに国際感覚を身に付けられた経験でしたので、将来的には英語を必ず使って、外国の方とも多く接することのできる仕事に就きたいです。私は留学を経験して、日本を離れて初めて日本の良さを実感することができました。留学前は、アメリカでの生活に憧れていて、漠然と海外で働きたいなどと考えていましたが、その考えは少し変わりました。


8.約1年間の留学生活を振り返って、感じたこと。

留学に行かないと経験できないことが多くある、と留学前からよく聞いていましたが、本当にその通りであると改めて感じました。そしてその経験は一人ひとり全く違うものです。これから留学に行く皆さんは、そこでしか経験できないことにどんどん挑戦して、多くの貴重な経験を持ち帰って来てほしいと思います。

 

 

 

PAGE TOP