大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

海外活動報告

Abroad Interview

自分にかかわってくれた人すべてに感謝の気持ちでいっぱいです

東海大学

経済学部 経済学科 4年 女性

台湾(2012.4〜2013.3)

派遣留学


1.授業の様子、内容はどうでしたか。

様々な国の人がクラスメイトにおり、クラスでは、中国語と英語が飛び交っていました。内容は最初は難しく感じ不安でしたが、だんだん慣れました。


2.教授陣は指導面で援助してくれましたか。

発音の授業を増設してほしいと頼んだところ、作ってくれました。積極的に言語交換をしなさいと言って、時には紹介もしてくれました。


3.大学の雰囲気はどうでしたか。容易に溶け込むことはできましたか。

後期は韓国人のルームメイトでした。台湾にいながら部屋にいるときは韓国にいる気分を味わえて最高でした。もちろん共通言語は中国語でしたが、お互い韓国語・日本語に興味を持ち、一緒に生活しながら言葉を教えあったりしたのが本当に良い思い出です。


4.留学をして有益だった点を挙げてください。

雰囲気はとてもよく、すぐ溶け込むことができました。


5.留学をして有益だった点を挙げてください。

世界中から集まってきた人々と出会い、一緒に生活し、コミュニケーションをとる手段は中国語というとても貴重な経験をすることができました。はじめての寮生活ですべて自分でやらなければならない環境で一年間暮らしたのも自分にとって得たものが大きかったです。


6.これから先、留学経験をどのように生かしていきたいと思いますか。

どんなに大変なことがあってもなんとかなるということも台湾で生活してみて分かりました。また、色々なことに興味を持つようになり、なんでもやってみたい!と思うようになりました。


7.約1年間の留学生活を振り返って、感じたこと。

一年間は本当にあっという間でした。しかしこうやって振りかえってみると、初めはなにも分からなかった中国語も、帰るときにはしっかりと自分の言いたいことを伝えられるようになっていたことを考えると、一年も住んでいたのか、、、という感じがしてきます。台湾にいる間はもちろん色々なことを一人でやらなければいけないけれど、本当に周りに助けられたからこそ良い留学生活を送ることができたと感じています。留学に行かせてくれた家族をはじめ、台湾人、日本人、そのほかの外国の方たち、自分にかかわってくれた人すべてに感謝の気持ちでいっぱいです!!

 

 

 

PAGE TOP