大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

海外活動報告

Abroad Interview

積極的な交流で言葉の壁を乗り越えるNEW

ブエナビスタ大学

経済学部 経済学科 3年 女性

アメリカ  2018秋派遣(2018.9〜2019.8)

派遣留学


Ⅰ.学習面

1.授業の様子、内容はどうでしたか。

 授業は少人数制で、多くても一クラスに20人程度でした。


2.語学のハンディはありましたか。

 語学による苦労はとてもありました。経済学科生なので英文学科の学生に比べると英語力に不安がある状態で留学しましたし、最初の方はすごく大変でしたが、時間が経てばなんとかやっていけるようになります。


3.授業についていくため、特に工夫したことはありますか。

 復習はしっかりやりました。少しでもわからないことがあれば教授に質問をしに行きました。


4.教授陣は指導面で援助してくれましたか。

 とても協力的でした。留学生の語学力による苦労なども理解してくれ、親身になってくれました。


5.学習面で一番苦労した点は何ですか。

 グループプロジェクトでは、現地の学生たちと授業内外で時間を設け話し合いをしてプロジェクトを完成させなければならないので苦労しました。


6.その他、学習面で特に記しておきたいこと、準備しておいて良かったこと、準備しておけば良かったことは何ですか。

 渡航前にももう少ししっかりと英語の勉強をしておくべきだったと思います。結果的に行ってみれば何とかなった部分も多いですが、行く前にしっかりと準備をしておけばより楽しい経験をたくさんできるのではないかと思います。


Ⅱ.生活面

1.寮の名前

 Grand hallとBriscoe hall


2.寮生活について感想・意見など

 寮生活は思ったより快適でした。ルームメイトもいい人で良かったです。


3.ルームメイトとはうまくいっていましたか。

 ルームメイトとは特段問題もなくうまくいっていたと思います。ただ、就寝・起床時間の違いなどから気を使うことはたくさんありました。


4.食生活はどうでしたか。

 カフェテリアの食事にはパターンがあり、毎日何種類かの同じメニューと1~2種類の日替わりのメニューがありました。おいしいときもありますしハズレの日もあります。


5.課外活動、特別行事、催し物などクラス外での活動に参加する機会はありましたか。

 定期的にクラブのイベントが行われていたので参加していました。また、ボランティア活動に参加する機会もありました。


6.休暇について

(1) 週末はどのようにして過ごしましたか
 週末は主に課題をしたり身体を休めたりしていました。たまに友達の家に連れて行ってもらうこともありました。
(2) 長期休暇はどこでどのようにして過ごしましたか。
 クリスマスの1か月弱の休み期間にはニューヨーク、ロサンゼルスに行きました。春学期が終わり帰国する直前にはシカゴ、フロリダ、サンディエゴ、サンフランシスコに行きました。
 特に危険な目には遭いませんでしたが、できるだけ20時以降は外に出ないようにしていました。友達と行動するときにはホテルに戻るのが多少遅くなることもありましたが、一人で行動するときには20時前にはホテルに戻っていました。


7.印象に残った生活経験、留学先の国の人々の生活などはありましたか。

 本場のサンクスギビングの食事やイースターなどを経験することができてよかったです。


Ⅲ.大学について

1.大学の雰囲気はどうでしたか。容易に溶け込むことはできましたか。

 田舎にある小さな大学です。
 語学の壁にぶつかることも多々ありましたが優しい人が多いため溶け込むことができました。


2.設備など、学習にふさわしい環境でしたか。

 静かな環境で学習したいときには図書館、多少の雑音が欲しいときにはカフェ前のラウンジなどを活用しました。集中できる環境だったと思います。


Ⅵ.総括

1.留学経験は期待に応じたものでしたか。

 期待通りにならないことも多くありましたが、大切な友人も出来、良い経験になりました。


2.留学をして有益だった点を挙げてください。

 英語力は上がりましたし留学前に比べて度胸もついたと思います。そして何より違う言葉を話す、留学していなければ会うこともなかった人達と友人になれたことが一番良かったことです。


3.これから先、留学経験をどのように生かしていきたいと思いますか。

 この経験を就職に活かすことができればとてもうれしいですが、そうでなかったとしても積極的に国際交流を続けていきたいです。


4.約1年間の留学生活を振り返って、感じたことは何ですか。

 留学前の英語の学習はとても大切だと思いました。それが楽しい留学生活につながります。友達もできやすくなります。そして、現地の学生との交流の機会があれば積極的にその機会をつかんでいくべきです。
 留学が終わった今、10か月という期間の短さを感じています。できることならもう少し留学生活を続けていたかったなあ、と感じます。

 

 

 

PAGE TOP