大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

海外活動報告

Abroad Interview

肌で感じることが出来たNEW

セントトーマス大学

文学部 英文学科 3年 女性

カナダ  2017秋派遣(2017.9〜2018.8)

派遣留学


1.授業の様子、内容はどうでしたか。

先生方は優しい人が多く、政治学や環境学の先生はオフィスアワーに質問に行くといつも必ず迎え入れてくれ、親身になって質問に答えてくれました。
授業は先生によってさまざまで、ディスカッションが毎回あるクラスもあれば、ただ講義を聞くだけの授業もありました。


2.教授陣は指導面で援助してくれましたか。

援助してくれる先生としてくれない先生がいました。また、留学生であることを考慮してくれる先生と、留学生であっても現地の学生と平等に扱う先生がいいました。


3.印象に残った生活経験、留学先の国の人々の生活などについて

冬休み中にクリスマスを含む5日間を友達の家で過ごしました。そのときにその友達の家族や親戚と交流したことが最も印象に残っています。
彼らはとても優しく、親族ではない私のことも受け入れてくれました。


4.大学の雰囲気はどうでしたか。容易に溶け込むことはできましたか。

授業の中では少し話をする程度の友達は出来ますが、一緒に遊びに行くような関係になるのは難しいと感じました。
イベントに参加したり、ルームメイトと仲良くなるなど、自分で行動しないと友達は増えません。
私は友達は出来ましたが、溶け込めたのかどうかについてはよくわかりません。


5.留学経験は期待に応じたものでしたか。

長期的に海外に住むとはどのような感じなのか、そして長期的に海外に住むことで自分は何を感じるのかを知ることが目的だったので、それは十分に達成出来たと思います。


6.留学をして有益だった点を挙げてください。

私は異文化コミュニケーションゼミに所属し、自分とは違う文化を持つ人たちとの交流について学んでいるのですが、留学を通して実際に異文化の人たちと交流し、異文化コミュニケーションのことをより深く学べたことが有益でした。また、今回の長期留学の中で、日本の良いところにたくさん気づくことが出来ました。また、今までは漠然と海外の暮らしというものに憧れがありましたが、それが実際にどんなものなのか肌で感じることが出来ました。


7.約1年間の留学生活を振り返って、何でも良いので感じたことを教えてください。

将来どのような道に進むのかはまだわからないですが、この留学では新しい環境の中で、苦しくても頑張ることを経験出来たので、次にまた新しいことに挑戦するときにも、留学を頑張ることが出来たという自信が私を支えてくれるのではないかと思います。

 

 

 

PAGE TOP