大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

海外活動報告

Abroad Interview

大切な宝物のような10ヶ月間NEW

ブエナ・ビスタ大学

文学部 英文学科 3年 女性

アメリカ (2017.9〜2018.8)

派遣留学


1.授業の様子、内容はどうでしたか。

私の受けた授業は100番台だったので、内容は基本的なもので比較的簡単だったと思いますが、最初は黒板の文字が読めなかったり、ディスカッションで意見が出せなかったり、生徒の英語が全く聞き取れないなど苦労もたくさんありました。教授の英語は、はっきり話してくれるので聞き取ることが出来ました。日本の授業の雰囲気とは全く違い、生徒が積極的で質問やディスカッションが活発でしたが、全員が積極的というわけでもなく、現地の学生でもあまり意見を出さない学生もいました。


2.教授陣は指導面で援助してくれましたか。

全て少人数のクラスなので、教授は留学生など関係なく全員の顔と名前を把握していたと思います。
BVUの教授陣は本当に親切で指導に関して熱心で、課題などでわからないことがあると、オフィスで個別に教えてもらうこともありました。
友達の場合は、課題が多すぎて毎回終わらず、ほかの授業にも支障が出ているということを教授に伝えると、課題を特別に減らしてくれるなど、色々なことに柔軟に対応してくれていました。


3.印象に残った生活経験、留学先の国の人々の生活などについて。

ゴミの分別という概念があまりないことや、全てのサイズがビッグ!ということに驚きました。大きい箱アイスを大きいスプーンで直に食べるという夢が叶いました。靴で歩いてるところを裸足や靴下でも歩いているのを見て、最初はあり得ない!と思いましたが、最終的には自分も出来るようになりました。


4.大学の雰囲気はどうでしたか。容易に溶け込むことはできましたか。

小さな大学なので溶け込みやすそうと思っていましたが、実際そうでもないです。アイオワから出たことがない学生もたくさんいるようで”外国人”に慣れていない人が多いです。最初は壁を感じることもありますが、慣れるとみんな良い人です。白人が圧倒的に多く、アジア人が一番少ないです。


5.留学経験は期待に応じたものでしたか。

期待以上でした。


6.留学をして有益だった点を挙げてください。

自分の知らない一面を知れた。英語力が上がった。アメリカの大学の授業を受けられた。常識は人それぞれということを身をもって体感できた。自信を持てた。世界中に友達ができた。社交的になった。周りの目気にしすぎないということを学んだ。チャレンジ精神旺盛になった。


7.これから先、留学経験をどのように生かしていきたいと思いますか。

英語を仕事でもプライベートでもどんな形でも良いので日常の一部としてコンスタントに使って行きたいです。多種多様な人種、考え方、生き方に差別のない人間でありたいです。


8.約1年間の留学生活を振り返って、感じたこと。

あれだけ留学を夢見ていたはずなのに、留学に行く直前はブルーになり、行きたくないとさえ考えていました。BVUは第一志望ではなかったこともあり、不安でいっぱいでしたが、住めば都!と毎日自分に言い聞かせていました。実際行ってみると、都以外の何ものでもありませんでした。勉強は大変でしたが、見るもの全てが新しくて、体験すること全てが楽しかったです。
留学に行く直前の日本では、行きたくないと言っていたはずが、10ヶ月後には帰りたくないとアメリカで泣いていました。今でも写真などを見返して、楽しかったな戻りたいなと思います。人生で一番大変で大切な宝物みたいな10ヶ月間になりました。国際教育課の方々がサポートしてくださったおかげで大きなトラブルもなく楽しめました。

 

 

 

PAGE TOP