大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

イベント

Event

  • Home >
  • イベント >
  • 文学部 心理・応用コミュニケーション学科「公開講座」開催(6/10)のお知らせ

文学部 心理・応用コミュニケーション学科「公開講座」開催(6/10)のお知らせ

2016年05月20日

メディアは何を伝えるのか~真実とは何か、虚偽とは何か、多様な視点をもとう~

作家として、フィクション・ノンフィクションを問わず、様々な切り口から、社会やメディアを切り取り、常に多様な視点から見ていくことの大切さを語ってきた森達也さんが、15年ぶりの新作映画『FAKE』を完成させました。タイトルにあるFAKEとは、偽造する、見せかける、いんちき、虚報といった意味があります。
今回の公開講座では、真実とは何か、虚偽とは何かをメディアを通して考えていきます。
それは、メディアとは何かの問いかけでもあるでしょう。

日 時:2016年6月10日(金)10時30分~12時00分
会 場:北星学園大学 A401教室
講 師:森 達也 氏(作家・映画監督)

1956年  5月10日広島呉市生まれ。
1986年  テレビ番組制作会社に入社。デビュー作は小人プロレスのテレビドキュメント作品。
      以降、報道系、ドキュメンタリー系の番組を中心に、数々の作品を手がける。
1998年  オウム真理教の荒木浩を主人公とするドキュメンタリー映画『A』を公開。
2001年  続編『A2』が、山形国際ドキュメンタリー映画祭で特別賞・市民賞を受賞。
      その後はテレビ東京の番組『ドキュメンタリーは嘘をつく』などに関わる。現在は執筆が中心。
      近著に、『A3』(集英社インターナショナル)、『僕のお父さんは東電社員です』(現代書館)、
     『311を撮る』(岩波書店/共著)など多数。

【問合せ先】
北星学園大学 社会連携課
電話 011-891-2731(代)

メディアは何を伝えるのか
文学部心理・応用コミュニケーション学科公開講座

 

PAGE TOP