大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

ゴースト ~理想の自分とは~

-Dr.Remy Low-

社会福祉学部 福祉心理学科 3年
 辻口 深月

 私はシドニーで今までの私を覆すような出会いをしました。それは、シドニー大学でアイデンティティ教育を研究しているレミー・ロウ先生との出会いです。彼とのセッションが始まると、私は彼の話にどんどん惹き込まれていきました。その中でも、最も心を動かされたトピックは『自分が無意識にしてしまう差別 - microaggression(マイクロアグレッション)』です。

▲microaggressionを熱く語るロウ先生

マイクロアグレッションとは

 ロウ先生は私たちに、自分が思う「理想の学生像」を想像させました。私たちは『背が高い人・頭がいい人・きれいな人・相手を傷つけない人・お金持ちの人』など思いつくままに発言しました。そしてその後、先生は次のように言いました。
 「想像した人と現在の自分を比較してみて、自分が劣っていると思うかい?もしそう思うのであれば、君たちはmicroaggressionの被害者だ。みんなが想像したような人物は実際には存在しない。自分が造ったゴーストが自分を罰し続けているんだ。なぜみんなは無意識に、同じようなゴーストを想像したのかな?それは普段僕たちが、気づかないうちに周囲のすべてから影響を受けているから。そして気づかないから、抗うことができない。」

▲感動に包まれたセッションはみんなの心に響きました

これまでの価値観を見つめなおす

 私は今まで、他人に劣る部分を見つけては無意識に比較していました。また、家族に対しても自分の理想像を親や兄弟に重ねて、何でこんなに私は恵まれていないのかと考えた時もありました。だからこそ私にとって、ロウ先生の言葉はとても重たく、今までの価値観が一気に覆されました。彼の言葉のおかげで、私はmicroaggressionに晒されていると気づきました。私を縛るものは、実は存在しないという考えを持てるようになったのです。

 日本に戻って普段の生活に慣れてしまうと、私がシドニーで体感したことはだんだん薄れてしまうかも知れません。しかし、ロウ先生から人生の向き合い方を変える言葉をいただけました。私は彼のことを忘れることはありません。

▲セッション後のパーティーでの一枚。ここでも小さなセッションが生まれた。

 

PAGE TOP