大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

点と点が繋がり線になった瞬間

文学部 心理・応用コミュニケーション学科 3年
 工藤 陽向

やりたいことがわからない私

 以前の私は、正直やりたいことがありませんでした。そんな私にとって、海外事情はやりたいことをみつけるという目標がありました。
 シドニー渡航後すぐに、私は焦りを感じた場面に出会いました。それは現地講師とのミーティングでした。「私は教育に興味があり、校長先生になるという目標がある」と現地講師に伝えた教員志望の仲間が、数日後にシドニー市内の中等学校へ訪問する機会を手に入れたのです。
 同じ条件で同じ土俵にいるはずの仲間があっという間にチャンスを掴む姿に、私は焦りを感じました。また、将来の目標がはっきりしている仲間は、シドニー滞在中もどんどんと様々な機会を得て、もっと遠くのステージへ行くのだろうと思いました。

▲現地講師とのミーティング場所

チャンスを掴もうと決心

 その日の夜、海外事情の引率教員である西原先生に、「私はやりたいことがなく、それの見つけ方がわからない。私はその見つけ方が知りたい。私は今までの人生をなんとなく生きてきた。そんな自分を変えたい」と、自分の本音を赤裸々に伝えました。これがきっかけで、本来は自分が参加できなかったインタビュー活動への許可が出ました。そして当日、ホテルでインタビューをしようという流れになりました。
 実を言うと、私はホテル業界の仕事には興味がなく、質問も当然思いつかずにその場で立ち尽くしていました。しかし、考えるうちにホテルスタッフと私のアルバイト先であるカフェには、どちらにも『接客』という共通点があることに気づきました。この気付きを得るまで興味が全くなかったはずなのに、自分が別人に生まれ変わったかのように、「海外の人が考えるホスピタリティは、日本とはどう違うのだろう」と興味が広がりはじめ、帰国後の自分に何か活かせるものはないかと考え、貪欲にインタビューしました。インタビューの内容に、何か新しい発見があったわけではありませんでした。しかし、受け身であった自分と決別し、行動したことで、今まで単なる日常にあった様々な『点』が、『線』となり、繋がり始めました。気がつけば私はホテルスタッフの話を、バイト先で海外のお客様の接客をしている自分と繋げながら聞いていました。遠くにあった「興味」が、一気に向こうから自分の目の前に近づいてきたような、今までにない感覚を味わいました。

▲突撃インタビュー

行動することが物事の見方を変える

 正直に言えば今も私は「これ」というやりたいことが決まっていません。しかし、渡航前と後で大きく違うのは、行動することで点と点を繋げられるようになったということです。行動することが興味を広げ、やりたいことをみつけることに繋がるのです。私は海外事情の経験を活かし、将来に向けて本当に「やりたいこと」の選択肢を探し続けています。

 

PAGE TOP