大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

ニュース

News

  • Home >
  • ニュース >
  • 北海道への「緊急事態宣言」延長に伴う本学の対応について

北海道への「緊急事態宣言」延長に伴う本学の対応について

2021年05月31日

在学⽣の皆様、保護者の皆様
教職員、非常勤講師の皆様

全学危機管理委員会

北海道への「緊急事態宣言」延長に伴う本学の対応について
-危機管理ステージ5(制限-大)6月1日(火)以降、当面継続-

 全国的に感染状況が高止まりしている中、9都道府県に5月31日までとして発令されている緊急事態宣言が、6月20日(日)まで延長されることが決定いたしました。
 これに伴い、本学独自の危機管理ステージ5(制限-大)6月1日以降、当面継続して対応することといたしました。

 皆様におかれましては、引き続き感染の抑制及び再拡大の防止に向けて、ご理解とご協力をお願いいたします。
 ※ステージの変更については、北海道・札幌市の感染状況などを勘案し、緊急事態宣言の動向や、政府・⾃治体の要請などを受けて検討することとしています。

 なお、これまで大学内での感染連鎖の事例はありませんが、北海道・札幌市での感染拡大に伴い、学外でマスクを着用せず飲食を共にしたり車に複数人で同乗して感染するケースや、家庭内感染のケースなど、本学学生の感染事例も増えてまいりました。あらためて、感染しない・させないための行動をとっていただくようお願いいたします。

【ステージ5(制限-大)6月1日(火)以降、当面継続】

≪授業について≫

 感染拡大防止策の徹底をはかるため、【非対面授業(遠隔授業/オンライン授業を含む)】の実施を原則とします。
 ただし、【対面授業】は個別指導等、授業の特性に応じ届出により実施可
となります。対面授業を実施する場合は、『2021年度前期対面授業(感染拡大防止)ガイドライン』を遵守して実施します。
 なお、授業形態については、各履修科目のMoodleを通じて連絡させていただくとともに、上記『ガイドライン』をご覧いただき、ステージの引下げも想定し、引続き遠隔授業と対面授業の両方に対応できるよう、実施及び受講の準備をしておいてくださるようお願い申し上げます。

≪学生の登校・施設利用などについて≫

 在学生の皆さんは、原則として登校禁止となりますが、遠隔授業の環境が整わない場合や、大学へ登校しなければならない止むを得ない事情がある場合などは、登校申請フォームにて申請頂くことで、登校可能です(遠隔授業での図書館・情報実習室の利用、事務手続きなど必要な場合)。
 以下の登校申請フォームにて申請してください。

登校申請フォーム↓
https://forms.office.com/r/VqwZ1NwVX5

 なお、登校時には感染防止対策を徹底(不織布マスク着用、手指消毒)し、C館のサーマルカメラで体表温を確認したうえで、学生証をICカードリーダーにタッチして入退館願います。学生証を忘れた場合は記録簿に学籍番号、氏名等の必要事項を記入してください。また、大学内での行動記録を各自で保存してください。
 学内の諸施設については、事務窓口は平日(10:00~11:30、12:30~16:00)と短縮となります。大学HP(学内窓口及び施設等の対応状況)でご確認願います。なお、6月1日より大学生協は営業を再開いたします。

≪学生活動について≫

【サークル活動や課外活動】については、『ガイドライン』に従いオンライン(非対面)で実施可能です。

【札幌市医療非常事態宣言】

 札幌市における新型コロナウイルス感染症患者の急増によって、入院患者が過去最多となり、市内の医療機関では受入先がなく、市外の医療機関への搬送をお願いするなどの対応を行わざるを得ない状況です。入院ができず自宅等で待機する患者の方々が数多く発生し、入院を待つ間に亡くなる最悪の事態も発生するのではないかと危惧されており、「札幌市医療非常事態宣言」が発令されています。
 札幌市保健所医療対策室の資料では、感染は「マスクなし」を共通事項として、「個人活動による感染のうち7割が会話、会食」であると示されています。また、主な感染事例として「学生のサークル・部活動(休憩時、練習後の会話・飲食)」「友人との自宅や飲食店での会食」が挙げられています。「そんなことは分かっている」という方も多いと思いますが、変異株の感染力は今までのコロナとは別の病気と考えてくださいと言われています。今一度、感染症を意識し、不織布マスクの着用、手洗い手指消毒の頻度・回数を増やす、三密をさける行動をお願いします。「部活・サークル仲間だから大丈夫」「いつも会っているから大丈夫」という気の緩みが感染リスクを高めます。ぜひ、自分のために、友だちのために、部活・サークルの仲間のために、そして家族のために感染しない行動を取ってください。
 感染者数の急増により札幌市内の医療提供体制は、極めて厳しい状況が続いており逼迫しています。私たちがいる北海道、札幌市がこのような深刻な事態に陥っているという現実を真剣に受け⽌め、今、私たちが取るべき⾏動・やってはいけない⾏動は何かを考えて行動してください。もし友⼈・知⼈がルールを逸脱しそうになった時には、空気に流されず、⾃分⾃⾝や仲間を⽌める勇気を持ってくださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

PAGE TOP