INTERVIEWインタビュー

北星学園大学
英文学科だからこその魅力

北星学園大学の交換留学の提携校はアメリカ、
イギリス、カナダ、中国、韓国、台湾にあり、
さらにどんどん広がっています。
留学が「手を伸ばせば届くところにある」
のが北星学園大学の英文学科です。

ENROLLED STUDENT在校生からのメッセージ

「英語を」勉強するのではなく、「英語で」勉強しています。

小田 美波さん 4年 / 北海道千歳高校
私は北星学園の英文科に入って、「英語の勉強は高校で終わりだったんだ」と感じました。今までが「英語の基礎づくり」だとすると、大学からは「英語をツールにして学ぶ」ことへと変わります。学生が学びたいことのために英語を使うのです。その学ぶものを自分で自由に選択でき、興味のある分野をどんどん掘り下げることができる場所、それがこの大学です。
 高校生の時から、なぜアメリカとイギリスでは英語の発音が違うのか興味がありました。そして大学に入り「英語の発音と地域性」に関する講義を受講することで、一気にその謎が解けました。そしてそれを発展させるため、アメリカとイギリス各地からカナダ、オーストラリア、フランス、ドイツ、スペイン他多くの地域で話される英語に着目し、その特徴の違いを学びました。今では英語が聞こえてくると、無意識にその発音の特徴を 探して楽しんでいる自分がいます。初めは小さな疑問だったのが、予想の何倍をも上回る知識を得ることができ、そしてまだまだ私の探究心は尽きません。
 みなさんも必ず興味をそそるものに出会えます。この英文科に入って、自分の好きなことを追及するために英語を使ってみてください。きっと充実感あふれる大学生活が待っていますよ。

知らないことを知り、新しい世界に触れることが面白くて仕方がない。

野呂田 萌子さん 3年 / 札幌清田高校
私が本校に入学してまず始めたのは、派遣留学を目指してTOEFLの勉強をすることでした。当初の点数が専攻基準の520点には程遠かったので、学校から推奨されているオンライン教材スーパー英語に取り組むなどして、毎日必死に勉強しました。その甲斐あって、今年の秋からアメリカに留学することが決まりました。
 留学が決まると日本のことをより深く知りたくなり、2年生の春休みを利用して議員インターンシップに参加しました。議員事務所での書類作成、議会の傍聴、札幌国際プラザの自主調査などを行いました。また、カタリバという学生ボランティアに参加し、自分の体験を大勢の高校生の前で話すという貴重な体験もすることが出来ました。
 学内の活動で最も力を入れていることは、北星のESSであるHOKUSESSのリーダーとして、活動を盛り上げることです。ゲームやディベートを通して英語力を高め合うことが目的ですが、留学生や色々な学科の学生とディスカッションをすることで、多様な価値観を学ぶことが出来ると思います。
 私はこれらの様々な活動を通じ、「人とのつながり」という大きな財産を得ることが出来ました。みなさんも是非、自らチャンスを探し大胆に行動することで、北星での大学生活を実り多いものにしてください

叶えられるかは、自分次第

山田 愛さん 4年 / 札幌稲雲高校
私は、念願叶って来春からアナウンサーになります。私は大学4年間、今自分の出来ることに挑戦し続けてきました。1年次には、厚別区にあるコミュニティFM局でラジオ番組の企画、放送を行う北星のプロジェクトに参加しました。プロジェクト終了後も縁あって、約1年の間、毎週土曜日3時間半の生放送番組で、進行アシスタント、パーソナリティを担当させていただきました。
所属している演劇ゼミでは、舞台構成、音響、照明などを全て自分たちの手で行い、仲間と共に英語演劇の舞台を作り上げました。
 学業以外でも、約1ヶ月東京に滞在して参議院選挙のウグイス嬢のアルバイトをするなど、枠にとらわれず活動の幅を広げてきました。
 どんなことをする時も「先ず隗より始めよ」 という言葉が私のモットーです。大きなことを始めるときには、大風呂敷を広げるのではなくまず身近なことから始めるのがよいという意味があります。紀元前3世紀に大臣郭隗が国王に伝えた言葉です。この言葉を実践した国王のもとに、楽毅という天才軍師が間もなく現れ、早速、彼を重要なポストにつけると、悲願であった富国強兵を成し遂げたそうです。
 みなさんも自分の目標に着実に近づくために、まず自分の出来ることから始めてみませんか?

充実した環境とカリキュラムの中で英語力を磨き、社会で生きる準備も自然とできる。

田辺 智也さん 3年 / 北海道国際情報高校
入学した当時は、勉強に対する意欲はあまりありませんでしたが、授業が始まると自然ともっと英語を勉強したいという気持ちになりました。
 一週間の中で、三つから四つは先生が英語の母語話者だったこともあり、学校に行けば嫌でも英語に触れるという状況です。家で勉強のモチベーションが下がっても、学校で授業を受ければすぐにやる気が出てきます。また、周りも英語を専攻している人ばかりなので、常に危機感のようなものをもって生活できます。高校では、普通科で勉強していたためそのような危機感はありませんでした。
 今は、油断すれば誰かに抜かされるかもしれないという危機感があるので、勉強にも力が入ります。英語を専攻している以上、将来はその道のプロを目指すわけですから、誰よりも英語ができなければ仕事にはできないというのが私の考えです。北星学園大学はプロになるための環境を提供してくれます。
 また、北星では、文書の書き方を学んだり、プレゼンテーションやディスカッションの経験も積めます。レポートやプレゼンテーションをバイトやサークル活動がある中、期日までに限られた時間で完成させるということをとおして自然と学べることがあります。

ALUMNI STUDENT卒業生からのメッセージ

多様性の中で、成長していく。

岡本 貴大 / 札幌開成高校出身(現 市立札幌開成中等教育学校)
日本マイクロソフト株式会社
人事本部採用グループ
マイクロソフト社では「地球上のすべての個人とすべての組織がより多くのことを達成できるようにする」というミッションのもと、最先端のビジネスを世界中で展開しています。私は採用グループの一員として、アジア諸国や米国本社だけでなく世界中のメンバーとコミュニケーションを取りながら日々、採用活動に取り組んでいます。

大学生活を振り返ると、3年目の米国留学が私を成長させるきっかけになりました。授業では常に意見を求められ、なぜそう思うのか論理的に説明することが必要です。時には先生に対しても「自分はそうは思わない、なぜなら〜」と反論する学生もいました。私には全てが新鮮で、学生主体の授業を通じて仲間と共に学ぶ面白さと重要性を感じました。また、人々や意見の多様性を肌で感じた経験は今でも私の糧になっています。

留学を終え帰国してからは、英語教育のゼミで同じようにディスカッションを日々行いました。フェアでオープン、学生ひとりひとりの自主性を尊重する先生のスタイルは、まさしく留学先で感じた刺激そのものでした。

世の中には誰にでもチャンスがあり、選択肢も驚くほど多くあります。英語を学ぶことでその可能性は世界に広がっていき、みなさんには何事にも挑戦できる自由があります。是非、共に切磋琢磨できる仲間を北星の英文学科で見つけてください。

夢を叶えることができたのも、英文学科での勉強のおかげです。

太田(旧姓:新保) 香緒里 / 札幌清田高校出身
全日本空輸株式会社
高校生の頃に客室乗務員に憧れ、航空業界に就職実績のある北星学園大学への進学を決めました。バレーボール部に所属し、学業とアルバイトと部活動、それぞれに一生懸命とり組みました。北星学園大学では、学生がさまざまなことに挑戦し経験を積むことができる環境が整っています。

英文学科の授業では、1、2年次で英語の基礎力を高め、3年次から応用言語学ゼミに所属し、同じ分野を選んだ仲間同士で発表やディスカッションを行いながら英語や言語に関しての学びを更に深めていきました。

本格的に就職活動を始めたのは3年次の冬ごろでした。面接の練習、エントリーシートの添削、個別相談、マナー講座など、就職支援課の方々が就職活動に必要なサポートを細やかに行ってくださいました。

もちろん就職活動は自分で努力しなければいけないことがほとんどですが、困ったときや悩んだときにはいつも親身になってフォローしてくださいました。現在は国内線と国際線の両方に乗務し、毎日他のクルーと共に沢山のお客様に接しながら充実した日々を送っています。お客様の笑顔に触れたり、ありがとうといった言葉をいただけるとこの仕事を選んでよかったなと心から思います。今後は更にお客様の気持ちに寄り添って、素敵な時間を過ごしていただけるサービスをしていきたいと思っています。

大学での出会い、経験から見つけた新しい自分への可能性が現在へ

杉本 真衣 / 札幌稲雲高校出身
エミレーツ航空 客室乗務員
私は現在、ドバイを拠点にエミレーツ航空の客室乗務員として働いています。多国籍の仲間と世界150都市以上を仕事を通し訪れています。多国籍の仲間と働くことにより、他国について学び、他言語を習得できます。そして毎フライトお客様やクルー、世界中の人々に出会える事はこの仕事の楽しみの一つで、大好きな英語を仕事に活かせています。

英語を活かした仕事をしたいと思い始めたのも、大学2年次に参加した短期語学留学がきっかけでした。この留学を通して、恥ずかしがりやで間違いを恐れなかなか発言出来なかった私が、待っていても成長はしない、自分から勇気を出して英語を使っていかなければ英語は伸びないと気付きました。自分の英語が伝わった時の嬉しさがその後の自信へと繋がり、自分自身で他国の人とコミュニケーションを取れることに楽しみも感じ、もっと話せるようになりたいと強く思うようになりました。

留学後は大学で交換留学生と交流するサークルにも所属し、他国の友達も増え異文化交流の機会も増えました。北星学園大学にはネイティブの先生が多く、実践する機会もたくさんあるので英会話練習をしました。

またこの大学には、向上心が高く、夢を追いかけている生徒が多くおり、互いに刺激を与え共に成長する仲間との出会いと様々な経験があったからこそ、大学中に学んだことを活かすこの仕事に就く事が出来た私がいます。