EXCHANGE留学・海外研修

英文学科だからこそ
世界で語学を活かそう!

北星学園大学の交換留学の提携校はアメリカ、
イギリス、カナダ、中国、韓国、台湾にあり、
さらにどんどん広がっています。
留学が「手を伸ばせば届くところにある」
のが北星学園大学の英文学科です。

EXCHANGEカスタマイズできる留学制度

派遣留学は半年間と1年間から期間を選べます。
派遣基準も派遣先大学による変動制になり、応募もTOEFL490点から可能に。
各自のレベルに合わせて海外で学べます。
ビジネスや複数言語の習得、ダブル・ディグリーの取得も可能!短期留学では、担当教員の万全なサポートによる海外英語短期研修に加え、2019年度からは自分で計画を立てて行く短期留学のサポートも強化!審査を経た後、学習時間に応じて単位取得が可能に。
国内での英語活動も単位認定の対象になります。

  • 半年or 1年間

    から選べる
    派遣留学期間

  • TOEFL490点

    から応募できる

  • 高いカスタマイズ性

    で行きたい国、期間を選んで留学できる

  • 単位認定

    も審査後の
    学習時間に応じて

EXPERIENCES体験談

UNIVERSITAS
KRISTEN MARANATHA

マラナタクリスチャン大学インドネシア/1年間(2学期)

水野 潤さん / 北海道東栄高校出身

レンバンという地域の小学校で折り紙を教えました。

チラチャップという田舎に一週間ホームステイしました。

英語劇のクリスマスキャロルの中で歌っているシーンです。

インドネシアってどこ?
~未知の体験~

日本の南に位置し、今著しく成長している国、インドネシアに一年間留学してきました。初代派遣生だったこともあり、わからないことばかりで手探りの毎日でしたが、その分たくさんのことに挑戦できた一年でした。僕が滞在していたジャカルタに次ぐ主要都市バンドゥンは標高が高く気候は23℃ととても過ごしやすかったです。また、プログラムで一週間田舎にホームステイした際には、ヒッチハイクや中古服販売を経験し、学内では日本語学科のサポートや審査員、英語劇などにも参加しました。そして、多くの宗教観の中で生活することで異文化に対する理解も深まりました。多くの経験を通して挑戦することに前向きになれました。様々な宗教観に触れたい、英語以外の言語も学びたい、周りの学生とは少し違う経験がしたいという学生にはすごくオススメです。

留学をして変わったことは?

正直なところ、インドネシアへの留学に自信が持てなかったが、今では、インドネシアで学べたこと、また他の学生ができないような経験ができたことに誇りを感じます。

JUNIATA COLLEGE

ジュニアータ大学アメリカ(ペンシルバニア州)/10ヶ月留学

遠藤 澪さん / クラーク記念国際高校
札幌大通キャンパス出身

キャンパスの中庭では頻繁に学生が集って遊び、交流できる機会が充実していました。

ベトナム人のルームメイトとは毎週末料理や映画鑑賞をして楽しく過ごしました。

長期休みの1か月間は全てをメキシコ滞在に費やし、友人家族と年越しを楽しみました。

自分自身で創り上げる
自分だけの留学生活

留学後に価値観が劇的に変化するとはよくいわれたものですが、本当にその通りだと思います。出身国や生い立ち、生活環境は違えど、やはり同じ大学生ですので、将来の目標は勿論、不安や悩みなど、共感し合えることも多くありました。尤も、そうするためには自ら積極的に会話、基、意見交換の機会を留学生活の中で設けていかなくてはなりませんでしたし、特に序盤では決して容易なことではありませんでした。しかし、そこから得られるものは帰国後の自身の生活にとって非常に重要な糧になりました。一番懸念していた授業に関しても、聞き逃してしまったことや理解出来なかった箇所を一度思い切って教授に尋ねると、授業時間外にも関わらず時間を割き、手厚く解説をしてくださったり、外国語で授業を受ける際の勉強法の提案にも努めてくださったりしました。積極的になることで、留学生活は如何様にでも転じると実感しました。

留学をして変わったことは?

世界各国から渡米してきた多種多様な文化を持った学生たちとの交流を通じて、様々な場面で柔軟且つ寛容に対処できるようになったように思います。また、親元を離れ、更に異国の地での生活を経験したことで自身の決断力・判断力は格段に向上したと感じています。

UNIVERSITAS
KRISTEN MARANATHA

マラナタクリスチャン大学インドネシア/1年間(2学期)

水野 潤さん / 北海道東栄高校出身

Regent's大学は大きなRegent's Park内にあります。毎日ここが通学路でした。

豆の苗の植え替え作業。元気に育ってねと思いながら。

農家で収穫した瑞々しいレタス。自分の手で収穫した喜びを実感。

イギリスで見つけた!
人生で大切なこと。

 4年生の秋、私は半年間の派遣留学生としてロンドンに向けて出発しました。留学を考え始めた当初は、留学先としてイギリスは候補に入れていませんでした。ひょんなことから決まったロンドン留学でしたが、今ではこれからの自分の人生を考えるうえで重要な選択をしたと感じています。その理由は、ロンドンで出会った素敵な方々とWWOOFingをしたことです。WWOOFingとは簡単に言うと、有機農家のもとで労働力と食住を金銭のやり取りなしに交換するものです。
ロンドンで4カ月間の授業を終えた後、イングランドの南西部Cornwall地方のBosavernというところの農家で3週間弱を過ごしました。海が近い自然豊かな田舎町で、大都会のロンドンとの対比が非常に面白かったです。ロンドンとは違った空気と時間が流れていました。現地で素晴らしい方々と出会い、農作業に関り、この経験が私の人生観と将来の目標に大きく影響を与えました。

留学をして変わったことは?

自分の一番の変化は、日本に対して郷土愛を持てたことです。海外に出て初めてわかった、日本の独特で美しい慣習、誇れる伝統文化や民芸など。日本は美しいもので溢れています!

CARLETON UNIVERSITY

カールトン大学カナダ/一ヶ月

岡田 夏海さん / 小樽潮陵高校出身

授業は教室だけではなく、天気の良い日は外でもやりました。

ホストファミリーとカナダ150周年のイベントに行きました。

勉強だけじゃない海外短期研修

夏休みの1ヶ月間、ホームステイをしながらカナダのカールトン大学に通いました。北星のプログラムだったので先輩や同級生も一緒で、さらに引率の先生も一週間ほどいてくれたので心細さはあまりありませんでした。最初の頃は英語に対する不安もありましたが、次第に慣れて前よりも気軽に英語を話せるようになったと思います。
学校では午前中に英語の勉強、午後はプレゼンの準備をしたり博物館に行ったり、毎日色んなことをしました。土日は現地の大学生やホストマザーにオタワ観光に連れて行ってもらい、勉強以外のこともたくさん満喫しました。一ヶ月はあっという間でしたが、良い経験になりました。

CCEL AUCKLAND

CCEL オークランド校ニュージーランド/3週間

森 彩莉さん / 北広島高校出身

公園で犬の散歩をしていたおじさんと

通学のバス中から見られたオークランドの景色

私のスタート地点

3週間という短期間ですが、ニュージーランドに留学してみて得たものは想像以上のものでした。語学学校の授業内ではよく自分の意見を発言することが求められ、他の国の人々の考え方や文化を知ることができてとても有意義な時間を過ごせました。そして留学中に一番考えたことは、英語を使って自分には何ができるのかということです。自分が将来どうなりたいか考える良いきっかけとなり、その結果、語学以外のことも勉強し、実際に英語を使う現場で働くこともできました。この留学は今後の自分を形作る第一歩となったので、学生のうちに経験できて本当に良かったと思っています。

教員が引率する海外英語短期研修に加え、引率なしで各自が学びたい国・分野に合わせて留学し、単位申請できる科目を開設しました。国内で行う英語活動「English Practicum」や、海外の語学学校で学ぶ「Overseas English Studies」、インターンシップを行う「Overseas English Experience」があり、1年次から開講しています。行ってみたい国に、短い期間から複数回留学し、単位を取得できる環境を整えました。