カリキュラム

NEWS&TOPICS

【心コミ・リレーエッセイ 2021年度 第7回:「スマホ・ゲーム依存」(阪井宏/教授 専門:現代社会学、メディア論)】new

2021/07/08

 1年生対象の「現代社会学」を担当している。これまで「自分探し」「空気を読む」「痩せたい願望」など、今日的問題を社会学の視点で講義してきた。先日のテーマは「依存症」。講義後に届いたレポートは、つらい内容だった。


 レポートの半数は、スマホやゲームに依存する自分への嫌悪をつづっていた。「1日に11時間スマホをいじっている」「トイレに行く時も、お風呂に入る時も携帯」「ゲームしていない時は、いつも泣いていた」。授業がオンラインになってから、歯止めが利かないという。


 新聞には「高校生6人に1人はネット依存」とある(7月6日、道新)。大学生の依存度は、高校生をはるかに上回るのではないか。


 私が高校生だったころ、ゲームをするにはゲームセンターに行くしかなかった。今の若者はポケットの中にゲームセンターがある。


 スマホやゲームは自己責任。そう切り捨ててよいか。少なくともこのような社会をつくった責任は、われわれ大人にある。



お知らせ一覧にもどる