NEWS&TOPICS

心コミの「文章読解・作成能力検定」への取組みが紹介されました。

2022/01/11

 心コミでは、卒業までに民間検定試験を8単位分取得することを必修とする「検定認定制度」を設けています。この制度では、


「実用英語技能検定試験(英検)」:1級=12単位、準1級=8単位、2級=4単位、準2級=2単位

「日本漢字能力検定試験(漢検)」:1級=8単位、準1級=6単位、2級=4単位、準2級=2単位


といったように、検定試験の受検級や得点に応じて単位を認定しています。認定の対象となる検定試験は「英語群」「ドイツ語群」「フランス語群」「中国語群」「韓国語群」「日本語群」「漢字群」に分かれており、異なる群の単位を合算して合計8単位を目指します。


 昨年度、この「検定認定」の「日本語群」に「文章読解・作成能力検定(文章検)」を追加しましたが、この度、この取組みが「文章検」のホームページで紹介されました。心コミが検定認定制度を取り入れている意図なども説明されていますので、お読みください。


 なお、検定認定は、原則として入学前5年間まで有効です。高校生のみなさん、是非とも高校生のうちに民間検定取得に取組んでください!


文章読解・作成能力検定「団体受検 取組事例」(北星学園大学文学部心理・応用コミュニケーション学科)


心コミ「検定認定制度」の詳細(「履修ガイド」p97-98)