NEWS&TOPICS

【心コミ・リレーエッセイ 2022年度 第8回:「人気のパン屋さんで創造力を発揮したら、同調にしてやられました。」(小幡直弘/助手)】new

2022/06/15

 人気のパン屋さんで、傘立てが先客の分でいっぱいになっていました。そこで自分が目をつけたのが行列整理用のポール(正式にはベルトパーテーション)。使われていないポールに傘の柄を乗せる形で、絶妙なバランスで傘を置くことができました。このポールは本来、行列整理の目的で使用されますが、主となる用途以外の使い方が思いつかないことを機能的固着と言います。それを乗り越えるには、創造力が必要です。


 店を出て自分の傘を取ろうとすると、なんと!たくさんのポール全てに傘が乗っている!?おそらく自分がうまくポールに傘を乗せたのを見ていた後続のお客さんが真似をしたのでしょう。これは心理学では同調と言います。この頃には本来の傘立ては空いていたので、なんとも滑稽な絵でした。創造力も大切ですが、道具本来の使い方や、安易に同調しないことも重要ですね。一番奥の自分の傘を取ろうとしたら全部の傘が、落ちました・・・(オチ)。




行列整理などでよく見かけるポール(ベルトパーテーション)。

想像してください、このポール全てに傘が乗っている場面を・・・(なお、全部落とした傘はちゃんと拾い上げて傘立てに置きました)。