コース制新カリキュラム始動!

経済法学科では、アップグレードした新しいカリキュラムが2018年度からスタート。

コース制とスタディ・プランニングがその二大特色です。

コースの紹介

5つのコース制について

経済と法律方面の幅広い選択肢のなかから履修科目を自由に選べることが経済法学科のカリキュラムの特色です。しかし、選択できる幅が広いと、経済・法律方面からどのような科目を選び組み合わせたら良いか、わからなくなってしまうことがあります。

新しいカリキュラムでは、学生の興味・関心に応じて、経済系科目の構成割合が高い金融・財政コースから法律系科目の構成割合が高い法律総合コースまで、多彩なバリエーションを持つ 5 つのコースを用意、各コースが履修科目の組み合わせをガイドします。

漠然と勉強するのではなく、目的と興味を持って学ぶ。経済法学科の 5 コースはそんな学生を求めています。

コースの種類 コースキーワード 進路の例
金融財政
  • 金融機関に勤めたい
  • 金融系資格(証券アナリスト、FP)を取りたい
  • 政府の財政問題について知りたい
  • 資産運用について学びたい
コースキーワード
  • 経済動向
  • お金の流れ
  • 財政の仕組み
進路の例
  • 金融業
  • 保険業
  • 証券業
  • その他民間企業
その他
民間企業
経済分析
  • 経済(公共)政策を学びたい
  • 交渉過程を科学的に分析したい
  • 規則や制度のあり方を経済学的に分析したい
  • 合理的な意思決定の仕方を学びたい
コースキーワード
  • 効率性と公平性
  • 合理的な意思決定
  • 市場と制度の経済分析
進路の例
  • 公務員(一般行政、警察、消等)
  • 準公務員(商工会議所等)
  • 経営コンサルタント
  • その他民間企業
企業法務
  • 契約や取引の法実務を学びたい
  • 会社の意思決定の仕組みを学びたい
  • 企業の合併・買収や破綻の手続きを知りたい
  • 起業したい
コースキーワード
  • 企業で必要となる法と経済
進路の例
  • 公務員(国税専門等)
  • 自営業
  • 法科大学院
  • その他民間企業
公共法政策
  • 人権感覚を磨きたい
  • 憲法の役割を知りたい
  • 国や自治体の政治の仕組みを知りたい
  • 地域のまちづくりに貢献したい
コースキーワード
  • 基本的人権
  • 立憲主義
  • 統治機構
  • 公益実現
  • まちづくり
進路の例
  • 公務員(一般行政、警察、消防等)
  • 教員免許(中学「社会」、高校「公民」)
  • その他民間企業
法律総合
  • 法律に関わる資格を取りたい
  • 法律の使い方を知りたい
  • 裁判制度を知りたい
  • 契約トラブルを解決したい
コースキーワード
  • 社会正義
  • 権利実現
  • 社会的公正
進路の例
  • 公務員(一般行政、裁判所事務等)
  • 司法書士、行政書士
  • 法科大学院
  • その他民間企業

※各コースの進路は主な例です。必ずしもこれらに限られるわけではありません。

各コースの詳細

5つのコースではこんなことが学べます

金融・財政コース

経済動向とお金の流れに注目する

卒業後、ビジネス・パーソンとして活躍するためには、経済動向お金の流れを把握するとともに、財政の仕組みも理解することが欠かせません。そのための基礎知識として、経済統計データの分析、金融・財政理論、経済理論を学修の柱としながら、必要に応じて関連する会計や法律についても学んでいきます。このコースで学ぶことは、金融業のみならず、一般企業でも求められる知識です。

学生像(例)Aさんの場合
志望進路
一般企業の財務関係、金融業
問題意識
企業の資金調達や資産運用に関心あり

小学生のころから、世の中の動向に関心があり、ニュースをよく観ているAさん。大学の授業を受けていくうちに、企業の資金調達や資産運用に特に興味・関心を持つようになりました。将来は生・損保会社やアセット・マネジメント会社に就職してファンド・マネージャーとなるか、一般企業に就職して設備投資や資金調達の意思決定にかかわる仕事に就きたいと考えています。

経済分析コース

経済理論の学修に重点を置く

人・組織・国の利得追求の結果、不正行為、公害問題、失業、不況、貿易摩擦など、世の中には様々な課題が存在します。それらを理解・解決するには、人々の合理的な意思決定、取引の効率性と分配の公平性および市場と制度の経済分析といった視点が欠かせません。このコースでは、そのための素養として経済理論、経済数学を柱に学修します。その基礎にたって、経済政策などの応用経済学や法律分野なども学んでいきます。

学生像(例)Bさんの場合
志望進路
公務員
問題意識
経済現象の理解に関心あり

大学生になったら、複雑怪奇に見える様々な経済現象を理解できるようになりたいと思っていました。大学に入学後、授業を受けているうちに、ひとびとの経済活動には何か法則のようなものがありそうだと気が付きました。それを理解するため、今は経済理論を中心に学んでいます。Bさんは、このコースで学んだ知識を活かし、コンサルタントや、政策立案を行う公務員になることが夢です。

企業法務コース

企業に関わる法律を学ぶ

企業は経済合理性を追求しつつ法を守って事業展開することが必要です。法や契約を軽んじると思わぬトラブルを招き、また、重大な法違反をしてビジネスの継続が困難になる場合さえあります。関連する法分野は民事、商事はもとより労働、技術、市場、消費者保護などで、このコースではこれらの法の基本を学びます。なお、これらの法知識は、法律専門職になる場合には不可欠ですし、公務員になった場合にも大きな関わりをもつものです。

学生像(例)Cさんの場合
志望進路
ビジネス・パーソン
問題意識
商品開発に関する技術やブランドに関心あり

事業会社であれ金融機関であれ、社会に出て北海道のビジネス発展に貢献したいと思っているCさん。考えたアイデアを事業として推進する場合、さまざまな法律が関係することがわかった。資金調達はもちろん、商品の技術やブランド、広告の仕方一つとっても無視できない法律がある。在学中にこれらの基本を学んでおきたいと思っています。

公共法政策コース

政府や自治体に関わる法律を学ぶ

このコースの柱は、憲法の学修です。憲法によって国の権力を縛るという考え方は、立憲主義と呼ばれます。この基本原則を踏まえて、憲法が保障する基本的人権の内容や、国会・内閣・裁判所といった統治機構の権限について学びます。この憲法の知識を基礎にして、公益実現のために必要な行政に関する法律や、身近な自治体におけるまちづくりにかかわるルール、また政策の実施に必要な財政などの知識について学修します。

学生像(例)Dさんの場合
志望進路
地方公務員
問題意識
まちづくりに関心あり

Dさんは漠然と、人に役に立つ仕事に就きたいと考えていました。小学生のとき消防署を見学して以来、消防署に勤めるのが夢でした。それと、人口が減っている地元の町のことも気になっていました。大学の授業で「自治体消滅」を聞き、地元のために何かできないかと思いはじめました。高齢者にとって住みやすく、若い人にも魅力のある町にするにはどうしたらよいか。まちづくりについてしっかり学んで、地元の役場で働くことも考えています。

法律総合コース

法律全般を総合的に学ぶ

法の理念は正義です。では、法律を適用すれば正義が実現されるでしょうか?いえ、必ずしもそうではありません。適用のしかた次第で正義に反する事態も生じかねないのです。そうならないようにするために、法律家は、法律を解釈し、解釈を通じて正義の要請に応えた権利義務関係を明らかにし、もって社会的公正を図ろうとします。本コースは、こうした法律家的態度の涵養を目指し、六法を中心に法を広く学修し、法的思考力を培います。

学生像(例)Eさんの場合
志望進路
裁判官
問題意識
裁判に関心あり

えん罪のニュースに触れ裁判に興味を持っていたE さん。授業で、犯罪をめぐる裁判と日常のトラブルをめぐる裁判を学び、同じ裁判制度でも、扱う内容によってそれぞれに適用される法の考え方に違いがあり、実現しようとする目的が異なることに気づきました。一つの判断基準である法をよく理解することで社会的な公正さを実現し、あるいは、必要に応じて法を解釈し適用することで妥当な紛争解決を導けるような裁判官になりたいと思っています。

主な学科専門科目

卒業要件124単位
専門科目から76単位以上(選択コースから40単位以上)

学科基礎科目および基礎力養成科目

コース名 金融・財政 経済分析 企業法務 公共法政策 法律総合
1年前期
  • 法と経済(2)
  • 法学入門(2)
  • 基礎経済学(2)
  • 基礎力養成塾Ⅰ(2)
1年後期
  • 証券概論(2)
  • 基礎力養成塾Ⅱ(2)

選択コース科目

金融・財政

  • 1年前期

    会計入門(2)

    経済数学基礎(2)

  • 1年後期

    民法 I〔民法総則・物権〕(4)

    簿記原理 I(2)

    経済数学(2)

    金融論(4)

  • 2年前期

    証券経済論(2)

    国際金融論(2)

    ミクロ経済学 I(2)

    経済政策論(4)通年

    マクロ経済学(4)

    計量経済学(4)

    財務会計 I(2)

  • 2年後期

    財政学(4)

    ミクロ経済学 II(2)

    金融財政事情(2)

  • 3年前期

    商法 II〔会社法〕(4)

    管理会計 I(2)

    企業金融論(2)

    租税法(2)

  • 3年後期

    金融取引法(2)

    ビジネス法務(2)

    商法 IV〔保険法〕(2)

  • 4年後期

     

経済分析

  • 1年前期

    経済数学基礎(2)

  • 1年後期

    民法 I〔民法総則・物権〕(4)

    モダンエコノミクス(2)

    経済数学(2)

    金融論(4)

  • 2年前期

    民法 II〔債権各論〕(4)

    ミクロ経済学 I(2)

    経済政策論(4)通年

    規制と競争の経済学(2)

    マクロ経済学(4)

    公共政策データ論(2)

    計量経済学(4)

  • 2年後期

    行政法 I〔行政法総論〕(4)

    財政学(4)

    応用経済学特別講義(2)

    ミクロ経済学 II(2)

  • 3年前期

    商法 II〔会社法〕(4)

    民法 III〔不法行為〕(2)

  • 3年後期

    倒産処理法(2)

    経済法(4)

  • 4年後期

     

企業法務

  • 1年前期

    会計入門(2)

    経済数学基礎(2)

  • 1年後期

    民法 I〔民法総則・物権〕(4)

    簿記原理 I(2)

  • 2年前期

    民法 II〔債権各論〕(4)

    国際金融論(2)

    ミクロ経済学 I(2)

    財務会計 I(2)

  • 2年後期

    商法 I〔商法総則・商行為〕(4)

    手続法基礎論(2)

    ミクロ経済学 II(2)

    民法 IV〔債権総論〕(2)

    知的財産法(2)

  • 3年前期

    商法 II〔会社法〕(4)

    民法 III〔不法行為〕(2)

    民法 V〔担保物権〕(2)

    労働法(2)

    租税法(2)

  • 3年後期

    商法 III〔手形法・小切手法〕(2)

    倒産処理法(2)

    経済法(4)

    民事執行法(2)

    金融取引法(2)

    ビジネス法務(2)

    商法 IV〔保険法〕(2)

  • 4年後期

     

公共法政策

  • 1年前期

    経済数学基礎(2)

  • 1年後期

    憲法 I〔人権〕(4)

    民法 I〔民法総則・物権〕(4)

    経済数学(2)

  • 2年前期

    憲法 II〔統治機構〕(4)

    民法 II〔債権各論〕(4)

    ミクロ経済学 I(2)

    マクロ経済学(4)

    公共政策データ論(2)

  • 2年後期

    行政法 I〔行政法総論〕(4)

    手続法基礎論(2)

    財政学(4)

    ミクロ経済学 II(2)

  • 3年前期

    民法 III〔不法行為〕(2)

    行政法 II〔行政救済法〕(4)

    租税法(2)

    刑事法 I〔刑法総論〕(2)

  • 3年後期

    刑事法 II〔刑法各論・刑事訴訟法〕(2)

    地方自治法(2)

    国際人権法(2)

    経済法(4)

  • 4年後期

     

法律総合

  • 1年前期

    経済数学基礎(2)

  • 1年後期

    憲法 I〔人権〕(4)

    民法 I〔民法総則・物権〕(4)

    モダンエコノミクス(2)

  • 2年前期

    憲法 II〔統治機構〕(4)

    民法 II〔債権各論〕(4)

  • 2年後期

    商法 I〔商法総則・商行為〕(4)

    行政法 I〔行政法総論〕(4)

    手続法基礎論(2)

    民法 IV〔債権総論〕(2)

    知的財産法(2)

  • 3年前期

    商法 II〔会社法〕(4)

    民法 III〔不法行為〕(2)

    民事訴訟法(4)

    労働法(2)

    刑事法 I〔刑法総論〕(2)

  • 3年後期

    刑事法 II〔刑法各論・刑事訴訟法〕(2)

    倒産処理法(2)

    国際人権法(2)

    経済法(4)

    民事執行法(2)

  • 4年後期

    民法 VI〔家族法〕(2)

  • 注1)演習は卒業単位に含むが、選択コース科目には含まない。
  • 注2)色字は選択コース科目のうち、コース推奨科目。
  • 注3)科目名右横の( )内の数字は単位数。