《知》の魅力に触れ、なりたい《自分》に出会い、
《社会の主人公》になろう。

なりたい《自分》に出会い、40年間通用する見識を養う4年間。
北星の経済学科は、のびやかに地球と
自分の未来をきりひらく
《社会の主人公》を育みます。

経済を学び、
なりたい〈自分〉に出会う。

現代社会のあらゆる営みは、経済に関係しています。経済という視点を通すことで、いままでは縁のなかった仕事・領域も含め、社会全体を広く視野におさめることができます。経済を学ぶことで、これまで思いもかけなかったようななりたい〈自分〉に出会うことになるかもしれません。

経済学を学び、
〈社会の主人公〉になる。

現代社会のしくみの根幹は、経済学でつかむことができます。ですが、経済学は、体系的なこともあって、仕事のかたわらで学ぶのが難しく、ひとびとはついつい誤ったワンフレーズ経済解説にのせられてしまいがちです。経済学を身に付けるには、大学でしっかり学ぶのが、効率的なのです。

経済学では、仕事や生活に直結するアクチュアルな問題を扱いつつ、理論的・歴史的な思考が常に求められます。変化の激しい現代社会では、何らかの専門知識や専門技術を習っても、それはすぐに陳腐化してしまいます。大学で経済学的思考を身につけることで、ジェネラリストとしての思考力と教養を具え、社会の様々な状況に対応しうる〈社会の主人公〉となることができます。

北星経済学科のカリキュラム

体系的な修得の核は「コース科目」(基本科目+発展科目)にあり、アカデミックな学びの姿勢を体得する「演習科目」がカリキュラムのもうひとつの核となっています。「入門科目」で学びを準備するほか、学びを多様かつ実践的に展開させる「総合科目」を配置しています。

《知》の刺激に満ちた北星経済学科のカリキュラム

  • 新聞で差を付けよう─全国で注目されている北星経済学科の新聞活用プログラム
  • 2つのコースだからこそ経済学的思考がムリなく身に付きます。─〈応用経済〉・〈社会経済〉の2つのアプローチ
  • 〈活かせる国際性〉を身に付けるなら北星経済学科です。
  • アクティヴな学びにより、〈社会の主人公〉としての力を養います。