《活かせる国際性》を身につけるなら北星経済学科です。

北星の国際交流ラウンジにて留学生と

国内や地域における仕事や暮らしも今やグローバル化に無縁ではいられません。グローバル社会・国際関係について体系的に学ぶ〈グローバル社会コース〉は、そんな問題意識から設定されました。経済系の2コースと組み合わせて学ぶことができ、世界経済の動きと国際社会の変化をヴィヴィッドに感じる感覚をそなえた真のグローバル人材の輩出を目指しています。また、国際的な課題に取り組む「フェアトレード」プログラムの展開も、北星経済学科の特色です。

英語を中心に発展的な語学学習を学科専門課程でも促すため、「実践英語」「時事英語」といった科目を置いています。また、海外での研修の機会として「海外実習」を欧米とアジアで展開しています。北星ならではの充実した交換留学制度海外事情・副専攻を通じても海外での学びの場を得ることができ、国際交流科目ではキャンパス内で留学生と共に学び、交流できます。

経済学科には、地球上のさまざまな地域を研究対象としている先生方がおられます。オランダ&ベルギー、アメリカ、バングラデシュ、インドネシア、ロシア、ベトナム&カンボジア、チベット&北インド、オーストリア。〈活かせる国際性〉を身に付けるなら、北星経済学科です。

グローバル社会コース

体系的に構成した基本科目と発展科目により、経済に限らず、政治・外交・社会・文化といった視点からも、総合的にグローバル社会と各地域(アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中国)について学びます。

海外実習

ブリュッセル(ベルギー)のグラン=プラスにて

国際関係を専門とする経済学科教員の指導の下で、必要な知識を踏まえたうえで実際に現地を訪問することにより、グローバル化のなかでの国際経済や各国の経済・社会の変容、さらに日本や北海道とのつながりを、体験をとおして学びます。「海外実習Ⅰ(A)」では主にヨーロッパを、「海外実習Ⅱ」では主に東南アジアを訪ねます。

また、「海外実習Ⅰ(B)」では、フィリピンのリゾート地セブ島にある語学学校で、個別指導クラスを含め、英語学習漬けの日々を2 週間余り過ごします。教員の引率のもとでの研修で、個々人の英語力に応じたプログラムで学べるので、意欲的に英語を学んできた学生はもちろん、英語に自信のない学生でも力をつけることができます。

〈英語の北星〉で学ぶ外国語

英語・他言語[大学共通科目]

英語はいまや日本国内で暮らしていても社会生活に必須のツールとなりつつあります。「英語の北星」ならではの学びにより英語力を無理なく磨いてもらうために、経済学科は英語を必修にしています。1 年次は英語と他言語(ドイツ語・フランス語・中国語・韓国語のいずれか)を並行して学び、2 年次は英語・他言語のどちらかを選択して履修します。

実践英語・時事英語

英語力をさらに磨きたい学生のために、経済学科では学科専門科目として独自に「実践英語」「時事英語」を開講しています。実践英語では、留学に必要なTOEFL やTOEIC のスコア向上を目指します。時事英語では、英語ニュースを用いるなどして、英語により経済学や国際関係の専門的知識を理解することができるような実践的な指導を行います。

交換留学制度

交換留学制度により、毎年、大学全体で20名程度、経済学科からも数名が1年間の留学を経験しています。提携・派遣先は、アメリカ、カナダ、イギリス、スペイン、スイス、中国、台湾、韓国、インドネシアです。交換留学では、留学先で取得した単位を本学の単位に振り返る単位認定制度があり、留学の1 年間を含めた合計4 年間での卒業も可能です。

海外事情・副専攻

1・2 年次の外国語科目は必修ですが、より外国語能力を高めたい者は、3年次以降、各言語の副専攻科目を履修することができます。英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語について、「上級○○語」「○○語と文化」「○○語演習」「海外事情」が開講されています。海外事情では、各国を訪問して外国語や文化を現地で学びます。

国際交流科目

交換留学制度により、北星のキャンパスでは海外の交流協定校から多くの留学生が学んでいます。国際交流科目は、留学生向けに開講されている科目ですが、経済学科生など一般の学生も受講し、留学生と交流を深めることができます。

〈フェアトレード〉への長年の取り組みは北星経済学科の特色です。

途上国の生産者と先進国の消費者を、公正な価格を設定した商品で結び、両者の間に公正な関係を作り出すことを目指すフェアトレードは、近年世界で、また日本で大きな広がりを見せています。消費のありかたを変えることが途上国の貧困の解決につながります。この科目では、講義やワークショップにより、フェアトレードのもつ意義を、その背景となる世界経済の問題とともにさまざまな角度から多角的に学びます。その上で、札幌市内で開催されるフェアトレードイベントや道内のフェアトレード団体の活動に実際に参加する実習活動をも行い、フェアトレードの理論と実践への理解を深めます。

小原さん
大通公園での「フェアトレード・
フェスタ」の運営に携わる

小原さん

苫小牧南高校出身 2019年卒業 渡辺パイプ株式会社

人を笑顔にできて自分も成長できるボランティア活動には高校時代から取り組んでいました。北星は国際色が豊かなので、入学後はさらに一歩進めてフェアトレードといった海外の活動にも目を向けるようになりました。フェアトレードフェスタやイベントの際の物販、ワークショップを開くのが活動の中心です。そういった中でつながりを得たJICA とのコラボ企画でパネル展示を開催することもできました。どれも学生が主体となり、学年の枠を超えて対等に意見を交わしながら行っています。また、FTSN(フェアトレード学生ネットワーク)では熊本市で2 泊3 日のサミットに北海道支部を代表して参加しました。全国の学生と交流でき、多くの刺激を受けました。そこで得たものを学内での活動に生かしていきたいと思っています。

「海外事情」で3 週間フランスに短期留学しました。ホームステイ先の家庭でのおしゃべりや犬の散歩は楽しい思い出です。異なる文化に触れることがとても新鮮でした。

国際色が豊かということは北星の強みだと思います。