北星学園大学 経済学部 経済学科 Department of Economics

北星学園大学経済学部経済学科
  • 「社会の主人公」として地球と自分の未来を切り拓く、
    経済学的思考をそなえた見識あるジェネラリストを養います。

  • 応用経済・社会経済の2コースから多角的に経済学を学ぶことができ、
    グローバル社会コースで「活かせる国際性」を育みます。

  • 歴史・哲学・社会・環境・文化と幅広い知的関心に応えるとともに、
    新聞活用・ディベートをはじめ特色あるアクティブな科目を展開しています。

  • 公務員・金融界・産業界はもちろん、テレビ局・CA・スポーツ振興など
    幅広い分野で活躍する人材を輩出しています。
    卒業生が東証プレミア上場企業の社長に就任しています。

2022年度のトピック

新たに3人の先生方をお迎えしました。

2022年4月に、3人の新しい先生が着任されました。ロシア経済を専門とされ、国際経済学などの授業をご担当いただく金野雄五先生。チベットや北インドを研究対象とされ、地理学関係科目をご担当いただく山口哲由先生。エネルギー問題やオーストリアの地域経済に造詣が深く、環境経済学などの授業をご担当いただく藤井康平先生。3人の先生方いずれも、専任教員として大学に赴任されるのは初めてで、意欲的にゼミなどでの取り組みを始められていて、北星経済学科に新しい風をもたらしてくださっています。

金野先生、ウクライナ問題の解説でご活躍。

ロシアのウクライナ侵攻とそれに伴う国際社会によるロシアへの経済制裁を承け、ロシア経済の動向が注目を集めています。金野雄五先生は、「ニュースウオッチ9」「週刊まるわかりニュース」「7 時のニュース」などのNHK の全国放送の番組で取材を受けたり、新聞・雑誌に原稿やコメントを寄せるなど、ロシア経済の解説でマスメディアその他にひっぱりだこの活躍をされています。

日本で最初のワインエコノミクスの授業が行われます。

2022 年の夏期集中講義(経済学特論Ⅰ)で、日本で最初の〈ワインエコノミクス〉の講義が、北星経済学科で行われます。ワインに関わる経済・社会の現象を経済学の手法で分析するワインエコノミクス、海外ではこの分野の学会もありますが、日本ではあまり知られていません。ワインエコノミクス研究を意欲的に進められている原田喜美枝先生(中央大学教授:金融論)をお迎えしての授業で、原田先生自身、この分野を学生に講じるのは初めてとのことです。授業ではワイナリーの見学なども予定されています。