大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

本学の取り組み

Special activities

大学公開講座(一般向け)

 

大学公開講座(一般向け)

札幌市教育委員会の後援により、札幌市内の大学に先駆けて1975年から開始され、一般市民を対象とした講座です。開催形式は、全6回で、1回当たり90分。仕事が終わってから受講できるよう開催時間を18時20分から19時50分に設定しています。単位の認定はありませんが、4回以上受講された方には修了証書が交付されます。

※申込み受付は終了しました

2018年度 開催内容

テーマ 「デジタル社会とビジネス・経営-デジタルとヒューマンの融合-」
概 要 スマートフォン、SNS(Social Nerworking Service)、電子貨幣、ロボット掃除機などから象徴されるように、現代を生きる我々の世界は「デジタル社会」と言っても過言ではありません。今回の公開講座では、「デジタル社会とビジネス・経営-デジタルとヒューマンの融合-」という
統一テーマに基づき、経営戦略(組織)、マーケティング、金融、情報マネジメントなどの様々な研究分野の視点から、「デジタル時代における経営のあり方、そして私たちが現代社会を生きる意味」についてみなさまと一緒に考えていきます。
日 程 第1回 9/28(金)

『デジタル時代の経営、生き方、そして生きる意味』

経営の神様と呼ばれた松下幸之助は生前、社員への訓示の中で「松下電器は何を作っているところかと尋ねられたら、人を作っているところだと答え、しかる後に電器製品も作っておりますと答えていただきたい」と言ったと伝えられています。今回の講座の初回にあたり、次回以降展開される魅力的な最先端のテクノロジーの数々について、それらを私たちが働くということ、人が生きていくということ、そしてその意味に照らしたと時、私たちはそれらをどう捉えていけばいいのか、予め皆さんとともに考えておきたいと思います。

講師:小川 長(尾道市立大学教授)《経営学》

第2回 10/5(金)

『仮想通貨について考える』

現在急速に利用が拡大している「仮想通貨」について、さまざまな議論が行われています。分散型台帳管理等、情報通信と暗号技術の進展に基づくものですが、背景には投資資金の過剰があります。今年1月に起きたコインチェックをめぐる事件発生後、業界による自主規制が開始されました。銀行業界の取組も強化され、資金洗浄対策の必要性もますます高まっています。貨幣論の基礎に立ち返り、今後の展開を考えてみたいと思います。

講師:山口 博教(本学経済学部教授)《証券・金融》

第3回 10/12(金)

『マーケティング4.0を読み解く~デジタル時代のマーケティングとは?』

近代マーケティングの父とも呼ばれるフィリップ・コトラー氏が2016年に発表した「マーケティング4.0」は、デジタル時代のマーケティングの指針を示したものとして大きな注目を集めていますが、その内容の理解は必ずしも容易ではありません。そこで本著作のポイントを確認しつつ、これからのマーケティングの意義・役割について探っていきます。

講師:西脇 隆二(本学経済学部教授)《マーケティング》

第4回 10/19(金)

『ヒューマンセンシング技術の研究開発』

デジタル技術の組み合わせにより、新たな価値やビジネスの創出が期待されています。デジタルビジネス時代が到来し、それを実現するエコシステムの形成が進みつつあります。このような状況のなか、人の行動や状態を検知するセンシング技術の研究開発は、デジタルとヒューマンの融合に向けても展開されています。これらの動向を踏まえて、ヒューマンセンシング技術の可能性と課題、そしてビジネスへの応用などを考えます。

講師:林 秀彦(本学経済学部教授)《情報学》

第5回 10/26(金)

『ICT(情報通信技術)の進展と国際ビジネス』

一連のICT(情報通信技術)の進展は、企業の国際ビジネスにも大きな影響力を及ぼしました。これまで、企業の国際ビジネスは、実際に海外へ進出することを中心に考えられていました。しかし、今日、企業は、越境EC(国境を越えた電子商取引)を通じて、自国にいながら海外でビジネスを実施することも可能です。本講義では、こうした国際ビジネスの新たな形態として特に越境ECに注目して解説します。

講師:多田 和美(本学経済学部准教授)《国際経営論》

第6回 11/2(金)

『経営者のための情報セキュリティ』

今日、情報セキュリティの確保は企業や組織において急務になっています。情報セキュリティの確保は技術的な手法だけでなく組織的かつ体型的に取り組む必要があります。一方で、情報セキュリティ事故を完全に防ぐことができない現状があります。この講座では、経営者の観点で情報セキュリティをどのように守る必要があるかについて学びます。加えて、万が一セキュリティ自己が起きた場合、被害を最小にするためにはどのように対策すべきかについて考えていきます。

講師:佐藤 友暁(本学経済学部教授)《情報学》

 

2018年度 開催時間等

開催時間 18時20分~19時50分
会 場 北星学園大学内教室(教室は受講証にてお知らせいたします)
定 員 200名(定員に達し次第締め切ります)
受講資格 18歳以上の方で、期間中受講できる方
受講料 一般2,000円、本学在学生1,000円(6回セット)
受講料の振込方法 振込依頼書」か各銀行の振込用紙を使用し、金融機関でお振込みください。
振込手数料はご負担願います。ご受講される方の名義でお振込みください。
金融機関の収納印をもって領収書に代えますので、振込金受取書は、講座終了まで大切に保管してください。
また、ATMからでもお振込み頂けます。

振込先:①北洋銀行 本店 普通預金 0000445 ガク)ホクセイガクエン 学校法人 北星学園
    ②北海道銀行 本店 普通預金 0105849 ガク)ホクセイガクエン 学校法人 北星学園

入金が確認できた時点で申込み完了となります。

申込締切日 9月14日(金)(受講料の振込みも締切日までにお願いします。)
申込方法

※申込み受付は終了しました

受講証 申込み締切日(9/20)以降に「受講証」をお送りいたしますので、講座当日忘れずにお持ちください。
受講証をお持ちでない場合、受講をお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
9月25日までに受講証が郵送されてこない場合は、お手数ですが、必ず下記までお問い合わせください。
その他 全期間終了後、4回以上受講した方に対し、修了証書を発行(後日送付)します。
ご記入いただきました個人情報は、本講座を催行する目的以外には使用いたしません。
本学敷地内は、十分な駐車スペースが確保できませんので、公共交通機関のご利用をお願いします。

 

2018年度公開講座
2018年度大学公開講座リーフレット

 

問合せ先

〒004-8631 札幌市厚別区大谷地西2丁目3番1号

北星学園大学 社会連携課 大学公開講座係(C館1階)

TEL:011-891-2731 9:00-11:30/12:30-17:00(土日祝除く)

 

PAGE TOP