大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

学部共通の制度・取り組み

Common system

  • Home >
  • 学部共通の制度・取り組み >
  • 副専攻・諸制度

副専攻・諸制度

 


副専攻制度

副専攻制度

副専攻制度とは自身の所属する学部学科専門課程(短期大学部を除く)に加え、学びの幅を広げることができるよう、下記に記した14種類より1つ以上の副専攻を修得することができる制度です。副専攻課程を修了した者には、副専攻認定証書が授与されます。

副専攻の概要

つぎの副専攻の中から一つ以上の選択が可能です。

  • 人間科学/必要単位:20単位 【開設部門:大学共通科目部門】
  • 宗教と文化/必要単位:20単位 【開設部門:大学共通科目部門】
  • 英語/必要単位:20単位【開設部門:言語教育部門】
  • ドイツ語/必要単位:20単位【開設部門:言語教育部門】
  • フランス語/必要単位:20単位【開設部門:言語教育部門】
  • 中国語/必要単位:20単位【開設部門:言語教育部門】
  • 韓国語/必要単位:20単位【開設部門:言語教育部門】
  • 英語・英米文学/必要単位:22単位【開設学科:英文学科】
  • 心理学/必要単位:20単位【開設学科:心理・応用コミュニケーション学科/福祉心理学科】
  • 経済学/必要単位:20単位【開設学科:経済学科】
  • 国際関係論/必要単位:20単位【開設学科:経済学科】
  • 経営情報学/必要単位:20単位 【開設学科:経営情報学科】
  • 経済法学/必要単位:20単位【開設学科:経済法学科】
  • 社会福祉学/必要単位:20単位【開設学科:福祉計画学科/福祉臨床学科】

履修条件等の詳細は、履修ガイドをご覧ください。

履修ガイド(2013年度以降入学生用)副専攻制度

履修ガイド(2012年度以前入学生用)副専攻制度


単位互換制度

単位互換協定(Green-Campus)

2002年度に北星学園大学・北星学園大学短期大学部を含む4大学2短期大学部間で締結されましたが、2017年度現在、9大学3短期大学部間で単位が修得できる協定へと発展しました。約700科目の互換科目が用意されており、2年生以上の全学生が年間10単位を上限に他大学科目の履修が可能で、最大30単位を卒業単位として認定する制度です。
この協定の利用により、多彩な学習機会を得ることが可能となり、学生は、本学にはない科目を履修することで学問の幅を広げたり、自分の専攻を深めることが出来ます。授業料は、原則無料となっています。

 

協定校

 

Green-Campusとは

基本コンセプトは、緑、自然豊かな北海道をイメージしたものですが、Global、Group、Grow、Goal という理念を併せ持っています。

Green 緑、自然豊かな北海道をイメージ(基本コンセプト)
Global 包括的に~北海道全体、地球的な視野で
Group グループ~8大学3短期大学部
Grow 成長~それぞれの学生の成長を願って
Goal ゴール~各大学共通の目標実現のために

 

Green-Campusの取り組み

対象 各大学および短期大学の2年次以上
単位互換科目 主として専門科目(約700科目)
履修単位数 年間10単位まで
単位認定 修得した単位は、卒業要件として認定することが可能です
履修費用 無料ですが、実験・実習などの科目は実費を徴収することもあります
その他 各大学の図書館を利用することができます

 

文京学院大学との相互交流協定

文京学院大学との相互交流協定

2002年に、本学と文京学院大学において締結された相互交流協定は、大学間の教育や学術研究の交流を通して、更なる発展・充実を目指すことを目標として締結されました。単位互換のみならず、ゼミやサークル活動を含めた幅広い交流を視野に入れたこの協定は、学生の自主的活動の奨励も含めて活用されることが期待されます。

交流事業
  • 集中講義〜広く一般学生を対象として、相互の集中講義を履修できるようにします。
  • ゼミ交流〜相互のゼミナール同士で交流をはかります。
  • サークル交流〜当面は集中講義の履修と、ゼミ交流が優先されますが、将来的にサークル活動での交流も進めていきます。
受講資格 資格は特にありませんが、集中講義については1科目につき1回限りの履修となります。
受入期間 集中講義開講日を含む一週間以内です。
単位認定等
  • 履修可能単位数は、各大学に委ねられています。
  • 文京学院大学で修得した単位は、本学の単位として認定されます。
その他
  • 集中講義の履修登録費用は無料で、宿泊施設も無料で提供してもらえます。
  • ゼミ・サークル交流についても、宿泊施設を無料で提供してもらえます。
  • 文京学院大学の図書館、パソコンの利用に関して便宜をはかってもらえます。

留学制度

国内留学

国内留学とは、長期(1年)、中期(半年)、短期の期間で、大学間相互に学生の派遣・受入を行なう制度で、2007年度から実施されています。現在は、広島修道大学(広島県広島市)と駿河台大学(埼玉県飯能市)の2校と協定を結んでおり長期の場合は派遣先の大学において、40単位(広島修道大学の場合)まで単位を修得することが可能です。

※なお、学費は本学に納入することで、留学先では免除されますが、実習費や生活費等の滞在に要する経費は自己負担となります。

海外留学

本学の国際交流の歴史は50年に及びます。現在では、アメリカ、中国、イギリス、カナダ、韓国、台湾、スペイン、スイス、インドネシアに提携校をもち、毎年20~30名の学生が1年間の留学を体験しています。本学の留学制度では、全学科対象(短大部を除く)のため専門にとらわれることなく留学できるのが特徴です。長年の経験で培われた留学支援体制で、世界に向かって羽ばたく人を応援します。

詳しくは国際交流をご覧ください。

PAGE TOP