大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

社会福祉学部

School of Social Welfare

ディプロマ・ポリシー

卒業認定・学位授与の方針

社会福祉学部

  1. 社会福祉学部では、人を支援する場合に求められる基本的な姿勢と、そのために求められる深い人間理解を身につける。
  2. 人を支援する場は、社会の複雑化とあいまって、多様に拡がっている。それは,福祉を必要とする人々のニーズの多様化でもある。そうした多様なニーズを、それぞれの支援の場において分析・把握し、その充足を目指すための、対人関係サービスの専門家たる能力を身につける。
  3. より具体的には、社会福祉分野や各種行政部門で個別援助・地域計画・地域組織化に従事するといった場合についてはもとより、一般企業においても企業内や対外的な企業活動における様々な場面において、福祉的支援の要請に応えられる知識と姿勢と対人能力を身につける。

社会福祉学部 ディプロマ・ポリシー

福祉計画学科

現代社会の要請に対応できる人材の育成を目的としています。

  1. 福祉マインドをもって民間企業や国家・地方の公的機関に従事する人材、さらにNPO や教育機関などで活躍できる人材としての能力を有している。
  2. 福祉サービスを必要とする人びとの視点で、側面から援助したり、福祉的施策に関するプランを策定しサービスを提供することができる能力がある。
  3. 地域で住民や公的機関と協働し、ニーズを統計的に把握し、主体的に問題を解決することができるコミュニティ・ソーシャルワーカーとして活躍できる能力がある。
  4. 社会福祉制度・政策の知識を有し、国際比較を踏まえて分析する能力を有している。

福祉臨床学科

  1. ソーシャルワーカーとして、人の尊厳と人権を擁護し、社会正義に基づいて広く社会を見つめる視野を持っている。
  2. ジェネラリスト・ソーシャルワーカーとして理論的・計画的な実践能力を展開することができる。
  3. 人の発達段階を理解し、保健医療分野や在宅から施設まで、多用なクライエントへのソーシャルワーク展開能力を有している。
  4. 多様な職場や現場など実践環境に対応したソーシャルワーク展開能力を有している。
  5. ソーシャルワーカーとして、日々の臨床実践の中で自ら学習し研究できる能力を有している。
  6. ソーシャルワーク・社会福祉を理解した上で、社会における諸課題の解決に向けた実践展開能力を有している。

福祉心理学科

カリキュラム・ポリシーの項目が充分に習得されていること。すなわち、具体的には,以下の項目が習得されていること。

  1. 科学的人間理解の能力、積極的に他者と関わることの出来る感受性、豊かな人間性を身につける。
  2. 心理専門科目および心理学実験実習を習得する。
  3. 2に必要な意欲、心理学的センス、自ら考える態度を身につける。

PAGE TOP