大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

大学院

Graduate School

経済学研究科

Graduate School of Economics

 

学びの特色

 現在、グローバル化した中で、日本経済が直面する諸課題や企業の経営環境の変化に起因する諸問題が相互に関連して生じています。それらの解決の糸口を探すために、経済現象や企業経営の本質を多様な角度から分析・評価できる高度な研究能力を備えた人材がますます必要とされます。
 経済学専攻では、高度な研究能力を備えた専門家や専門的職業人の育成を目的としています。そのため経済学のみならず経営学に関する科目を設置し、高度な研究を可能としています。また、大学院進学を希望する優秀なものに対して、大学院入学前に先取り科目等履修生として大学院科目の履修を認める制度、あわせて特に優れた業績をあげた学生に対して、1年間での学位修得を認める早期修了制度があります。

致大连外国语大学的各位同学(姉妹校の大連外国語大学から本学を目指す方のためのページです)

 

研究科長メッセージ

当研究科は、平成13(2001)年に開設され、以来内外から幅広い研究テーマを有する院生を迎え、会社員や自営業(起業家)、教員・研究者などを社会へ輩出し現在に至っています。

学部レヴェルとは一線を画した高度の専門的教育、研究を行なうことにより、道内経済への国際的視野を備えた有為の人材供給を果たし、同時に博士後期課程進学希望者に対する研究指導を行なうことにより、学問分野への貢献を果たすことも目指しています。カリキュラムは「経済理論・経済史系」と「地域経済・応用経済系」の2系列に分けていますが、近年は後者の中に経営・商学・会計・情報科学の各分野のスタッフ充実を図り、実態としては経済・経営学研究科としての内実を深化させています。純学問的な領域のみならず、企業社会において高度な専門性を持った人材として活躍しうる能力を身につけるための教育の充実を行なっています。

経済学の領域は、理論・政策・歴史系など多様な研究領域を包摂しており、大学院生の問題関心も多岐にわたります。当研究科は多分野にわたる教員を有し、学習、研究を通じ個々の問題関心を深め、将来に向けた成果をあげる事が可能なカリキュラムを提供しています。

経済学研究科長 原島 正衛 教授

経済学研究科長 原島 正衛 教授

HARASHIMA, Masae

研究科長プロフィール

研究分野は欧州経済論、オランダ社会経済史。特に、第二次世界大戦後のオランダの社会経済の展開と欧州統合との関連を研究。戦後欧州の移民、家族制度にも関心がある。主な担当科目はヨーロッパ経済論、演習など。主な著書(論文)には『欧州統合と移民政策』(共著、(財)国際問題研究所, 1994)、『世界の歴史と文化 — ベルギー・オランダ』(共著、新潮社 1995年)、『Dutch Agricultural Development after the war』(単著, 『北星論集』 2013)などがある。文具収集、旅行が趣味。万年筆をこよなく愛する。

 

目的

経済学研究科

  1. 高度な研究能力を備えた専門家と高度な専門的職業人の育成
  2. 社会人の受け入れとリカレント(職業人継続)教育の推進
  3. 国際性の重視と外国人留学生の受け入れ
  4. 大学院展開科目先取り履修制度・修士課程早期修了制度

カリキュラム

経済学専攻授業科目の履修と研究指導について

経済学専攻授業科目の履修と研究指導について


過去の修士論文一覧

修士論文一覧表(2017.3 更新)

単位互換制度

本学大学院経済学研究科と札幌大学大学院経済学研究科、北海学園大学大学院経済学研究科、酪農学園大学大学院酪農学研究科と単位互換協定を結んでいます。
単位互換の対象は修士論文を除く計90科目で、10単位を上限として、他大学院の講義を無料で受講でき、修得した単位は自分の大学院の単位として認定されます。
本件に関する問い合わせは研究支援課(第1研究棟2階)まで。

協定校 札幌大学大学院経済学研究科
北海学園大学大学院経済学研究科
酪農学園大学大学院酪農学研究科

 

PAGE TOP