大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

大学院

Graduate School

経済学研究科

Graduate School of Economics

 

学びの特色

 現在、グローバル化した中で、日本経済が直面する諸課題や企業の経営環境の変化に起因する諸問題が相互に関連して生じています。それらの解決の糸口を探すために、経済現象や企業経営の本質を多様な角度から分析・評価できる高度な研究能力を備えた人材がますます必要とされます。
 経済学専攻では、高度な研究能力を備えた専門家や専門的職業人の育成を目的としています。そのため経済学のみならず経営学に関する科目を設置し、高度な研究を可能としています。また、大学院進学を希望する優秀なものに対して、大学院入学前に先取り科目等履修生として大学院科目の履修を認める制度、あわせて特に優れた業績をあげた学生に対して、1年間での学位修得を認める早期修了制度があります。

致大连外国语大学的各位同学(姉妹校の大連外国語大学から本学を目指す方のためのページです)

 

研究科長メッセージ

当研究科は、2001年に開設されました。以来、内外から院生を受け入れ、ビジネス・パーソンや自営業(起業家)、教員・研究者などを社会へ輩出してきました。一人またはごく少人数の大学院生と教員とが対面して、学部とは一線を画した専門的教育、研究を行なうことにより、基礎から応用、実践的知識までを幅広く学べる体制を提供しています。

カリキュラムは、理論経済、応用経済(金融・証券)、経済史、経営学、商学、会計学、情報科学の分野から構成されますが、大学院生個々の興味・関心に応じて、自由度の高い科目選択が可能になっています。また少人数であるがゆえの利点を活かし、授業時間帯の設定もフレキシブルになっています。

また、当研究科では、当学部学生が在学中に当研究科の科目を先取り履修した場合に修士課程の標準修業年限2年のところ1年で課程修了できる早期修了制度のほか、職業人などが余暇を活用し最長4年で修了できる長期履修制度も用意しており、ライフプラン、キャリアプランに応じて、大学院生個々が修業年限をカスタマイズすることも可能です。

多様なニーズをもって学びと研究について意欲ある人々が集い、互いに刺激し合いながら学べる環境を提供していくことが、当研究科の使命です。

経済学研究科長 秋森 弘 教授

経済学研究科長 秋森 弘 教授

AKIMORI, Hiroshi

研究科長プロフィール

規制や金融政策が証券市場に及ぼす影響などを研究。証券アナリストとして証券会社に勤務した経験もあり、顧客利益を第一に考える金融機関経営にも関心をもつ。担当科目は金融論、国際金融論、証券経済論。
論文は「非伝統的金融緩和の下での国債イールドカーブの推移」(東京経済大学会誌, 2018年)、「1990年代後半の邦銀の貸出低迷要因について-長期的顧客関係の形成と崩壊-」(生活経済研究, 2005年)、「自己資本比率規制による銀行経営健全化の検討」(国民経済, 1994年)、など。

 

目的

経済学研究科

  1. 高度な研究能力を備えた専門家と高度な専門的職業人の育成
  2. 社会人の受け入れとリカレント(職業人継続)教育の推進
  3. 国際性の重視と外国人留学生の受け入れ
  4. 大学院展開科目先取り履修制度・修士課程早期修了制度

カリキュラム

経済学専攻授業科目の履修と研究指導について

経済学専攻授業科目の履修と研究指導について


過去の修士論文一覧

修士論文一覧表(2019.3 更新)
 

PAGE TOP