大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

社会福祉学部

School of Social Welfare

  • Home >
  • 社会福祉学部

社会福祉学部

社会福祉学部

人を支援する場合に求められる基本的な姿勢と、
そのために求められる深い人間理解を身につける。

学びの特色

社会福祉学部には福祉計画学科、福祉臨床学科、福祉心理学科の3つの学科があり、それぞれ相互に関連しあう共通の教育課題と目標を持ちながら、社会福祉分野における有為な人材養成を目指して教育に取り組んでいます。1年次には、福祉の基礎的な理論を学び、2年・3年次には、各分野の専門科目でより実践的・論理的な思考を修得し、4年次の卒業研究へとつなげていきます。

学部長メッセージ

社会福祉学部では、「人々の支援」がキーワードです。私たちの学部では、様々な社会的制度を利用しつつ、あるいは個々の人々との関わりのなかで、具体的で必要な支援を提供できる人材を育てていくことを目指しています。

社会福祉学部の福祉計画学科、福祉臨床学科、福祉心理学科の3学科の卒業生は、社会福祉分野はもちろんのこと、医療分野・一般企業、公務員・教員など、大学での専門的な勉学の成果を生かし、多様な分野で活躍しています。

これからの社会において、社会福祉学や心理学領域で学ぶことができる知識や実践力は、専門分野だけではなく、人に関わるあらゆる分野で必要とされる基礎的な力となります。これからの社会ではますます、そうした知識と実践力を持つ人材が必要とされるでしょう。福祉や心理の分野で専門職を目指そうとする皆さんも、人との関わりを仕事としたい皆さんも、是非本学社会福祉学部に来て勉強してください。

社会福祉学部長 田中 耕一郎 教授

TANAKA, Koichiro

学部長プロフィール

福祉臨床学科教授。2003年に北星学園大学着任。福祉臨床学科長歴任。専門分野は障害者福祉論および障害学。最近の研究テーマは、イギリスのある小さな障害者組織における障害者運動とその思想形成。主な著書は『障害者運動と価値形成』現代書館、『AERA MOOK福祉士になる』(共著)朝日新聞社など。雑木と宿根草を育てるのが趣味。

 

PAGE TOP