大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

大学院

Graduate School

文学研究科

Graduate School of Literature

 

学びの特色

 現在の国際化と情報化の急速な発展は、全く異質な文化を持った個人・集団・組織が交流・接触する機会を飛躍的に増大させ、その結果、相互の理解や合意の形成が、これまで以上に複雑かつ困難なものとなってきています。
 このような状況の中で、コミュニケーションを単に言語学習や交渉術の修得にとどめることなく、対象とする文化の歴史的、社会的、経済的、背景を考慮でき、あわせて人間に対する深い関心と理解を兼ね備えた人材が求められています。言語文化コミュニケーション専攻では、そのような能力を持つ人材育成を、教育目標としています。そのため、文学・文化研究分野、英語教育・コミュニケーション研究分野、人間関係論分野の専門性の高い授業を提供しています。また、2年を超えて計画的な教育課程の履修を可能とする長期履修制度があります。
 

研究科長メッセージ

2001年、「言語」、「文化」そして「コミュニケーション」を切り口として国際化・情報化の進む現代社会の様々な問題にアプローチするユニークな研究科として誕生した本研究科では開設以来、研究能力の基礎を習得する場として、また、生涯学習の場として広く社会に役立つ人材の育成に努めてまいりました。
例えば、授業は昼夜開講制にし、さらには、夏季・冬季期間の集中講義も積極的に導入するなど、現職の教員や、社会人でも通学できるよう様々な形で便宜を図り、リカレント学生の入学を奨励してまいりました。
このような工夫、努力の成果として、現職教員や社会人の再教育の場としての文学研究科の社会的認知度も少しずつではありますが、上がってきているように自負しております。また、大学院修了生が他大学大学院博士課程への進学を果たしている他、他大学の非常勤講師、中・高等学校の教員、公務員など様々な形で活躍しているのもうれしい限りです。

本研究科は生涯学び続けるという意欲のある人々が集まり切磋琢磨しあいながらお互いに学び合える理想的な学びの場になるべく今後も努力を続ける所存です。大学院担当教員一同、自己研鑽、自己開発を図り、学びの環境にひたる喜びを感じたいと切望されている皆さんの出願を心よりお待ちしています。

文学研究科長 蓑内 豊 教授

文学研究科長 蓑内 豊 教授

MINOUCHI, Yutaka

研究科長プロフィール

研究分野
スポーツ心理学。スポーツ選手やチームのメンタルトレーニング、動機づけ。近著に、「運動・スポーツ・パフォーマンスの心理学(共著)」(化学同人,2016)、「基礎から学ぶスポーツ心理学 改訂版(共著)」(中西出版,2016年)、「スポーツモチベーション(共著)」(大修館書店,2013)など。
所属学会
日本スポーツ心理学会、日本体育学会、日本心理学会、日本コーチング学会など。
趣味
ラグビー、スポーツ全般。ラグビーの指導でグランドによくいます。また、様々なスポーツの選手やチームのメンタルサポート活動も行っています。

 

目的

専攻紹介 文学研究科

  1. 英語教育の担い手育成
  2. リカント(職業人継続)教育の推進
  3. 海外の教育・研究機関との交流
  4. チュートリアル教育方式の採用

カリキュラム

言語文化コミュニケーション専攻授業科目の履修と研究指導について

言語文化コミュニケーション専攻授業科目の履修と研究指導について
 


過去の修士論文一覧

修士論文一覧表(2018.3 更新)

 

PAGE TOP