大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

国際交流・留学

International exchange and study abroad

日本語プログラム

 

日本語コース

北星学園大学の受入れ留学生を対象とした日本語プログラムには、コースが3つあります。

日本語プログラムは、秋学期(9月中旬から12月中旬)、春学期(4月初旬から7月中旬)の2学期制となっており、履修期間は約12週間です。
留学生は、母校と北星との協定又は学期始めに受けるプレイスメントテストに基づき、3コース(「日本語インテンシブコース」、「日本語ノンインテンシブコース」、「日本語上級コース」)のいずれかのコースを履修します。「日本語インテンシブコース」のクラス分けも、このプレイスメントテストによって決まります。

  • 日本語インテンシブコース(4レベル制〔コースⅡ~Ⅴ〕、90分授業×週8コマ、12単位)
    日本語インテンシブコースは、日本語を集中して学ぶコースです。レベルによりⅡ~Ⅴのコースに分かれています。
    Ⅱが一番初級レベルで、数字が上がるごとに上級者向けになっていきます。
  • 日本語ノンインテンシブコース (90分授業×週2コマ、3単位)
    日本語ノンインテンシブコースは、「日本語学習歴がない」かつ「語学単位を多く必要としない」学生に向けて開講されるコースです。日本語学習歴がない場合も、日本語を集中して学びたい場合は、日本語プログラムコーディネーターとの相談により「日本語インテンシブコース」を履修できる可能性があります。
  • 日本語上級コース(90文授業×週2コマ、3単位)
    日本語上級コースは、日本語能力試験(JLPT)の1級を所持している学生に向けて開講されるコースです。

日本語プログラムでは4技能(話す、聞く、書く、読む)をバランスよく扱い、日本語で様々な状況に対処できる相互行為能力の養成を目指します。
日本語文法の知識理解だけでなく、日本文化の中で状況に応じて適切に日本語が使えるようになることを目標としています。

前期:授業科目(クラス) 単位数
日本語ノンインテンシブⅠ・ⅡA 3
日本語(Ⅱ~Ⅴ)A 12
上級日本語A 3
後期:授業科目(クラス) 単位数
日本語ノンインテンシブⅠ・ⅡB 3
日本語(Ⅱ~Ⅴ)B 12
上級日本語B 3

1週間の授業スケジュールの例

(例:日本語インテンシブコース)
   
1 8:50-

10:20
日本語Ⅱ 日本語Ⅱ   日本語Ⅱ 日本語Ⅱ
2 10:30-

12:00
日本語Ⅱ 日本語Ⅱ 日本語Ⅱ 日本語Ⅱ
  昼休み
3 13:00-

14:30
日本の経済 日本の歴史
4 14:40-

16:10
日本の社会
5 16:20-

17:50

 

(例:日本語上級コース)
   
1 8:50-

10:20
2 10:30-

12:00
経済学入門 言語とジェンダー
  昼休み
3 13:00-

14:30
日本の経済 上級日本語 上級日本語 日本の歴史
4 14:40-

16:10
マネジメント論 日本の社会
5 16:20-

17:50

 

ホームステイプログラム

日本語プログラムは、少人数制の講義形態となっているため、文化的背景の異なる様々なクラスメートと深く交流することが出来る他、経験豊かな教員によるきめ細かな指導を受けることができます。
なお、クラスⅢ以上は、全て日本語で授業が行われます。

 

 

PAGE TOP