大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

経済学部

School of Economics

ディプロマ・ポリシー

卒業認定・学位授与の方針

経済学部

  1. 見識豊かな産業人・社会人として多様な実社会に貢献することができる。
  2. 幅広い学識・教養と経済学及び隣接領域の高度に専門的な学問を修得している。
  3. 経済学を中心とする社会科学分野の知識・教養を備えた有為な人材として、道内外の民間企業あるいは行政等の各分野で活躍できる能力を身につけている。
  4. 経済のグローバル化が進展する中で、時代のニーズに即応することができる。

経済学部 ディプロマ・ポリシー

経済学科

共通科目における幅広い教養の学びを基礎として以下のような人材を育成する。

  1. 社会人基礎力としても経済学の学びにおいても必要な文章表現・外国語・数学的能力を身につけている。
  2. 経済学的思考を自らの教養とし、身近な経済的諸問題を理論面からも実証面からも理解する能力を身につけている。
  3. 専門性を身につけながらも、現代社会の激しい変化に対応する見識のあるジェネラリストとして、社会の様々な現場で活躍する能力を身につけている。
  4. 地球規模のグローバルな視点を持った真の国際人としての豊かな資質を身につけている。

経営情報学科

共通科目群により、多様化社会に柔軟な対応が可能となる学資力を身に付けるとともに、学科専門科目を通して以下に示す専門的なスキルを身に付けることを目的としている。

  1. ビジネスの理論やスキル、情報の効果的な活用法を身につけている。
  2. 企業経営における実践的知識とシステム技術、展開力、応用力を身につけている。
  3. ビジネス実践能力と情報活用リテラシを培い、幅広い企業経営の知識と会計理論、そして即戦力となる情報活用に関する技術を身につけている。
  4. 現代の複雑な情報化社会にあって、情報活用能力を習得し、企業経営に経営情報を有効活用できる実践力を身につけている。

経済法学科

大学共通科目の履修によって身につけた幅広い教養を活かすとともに、経済学と法律学の視点から専門的な問題解決能力や資質を持つ人材を育成する。

  1. 経済学と法律学を学び、経済や法律が生活に与える影響を正しく理解でき、広い視野を持つことができる。
  2. 経済の知識を備えた法律のスペシャリスト、リーガルマインドを備えた経済のスペシャリストとして、実社会で活躍できる能力を身につけている。やや具体的にいえば、本学科の例えば金融志望の卒業生は、法学知識だけではなく、経済学、会計学の知識を備え、実践的な能力を身につけている。 また、公務員志望であれば、こちらも単に法学知識だけではなく、経済学なかでも財政学の知識を備え、より広い視野にたって公務員としての任務遂行に当たることができる。

PAGE TOP