大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

短期大学部

Hokusei Gakuen University Junior College

英文学科

創設者サラ・C・スミス女史の
英語教育の伝統を受け継ぎ、
生きた英語力とグローバルな感覚を養う。

Department of English

英文学科の目指すもの

英語は、世界に通じるコミュニケーション手段。いくら知識を積み重ねても、実際に自分の英語が通じなければ学ぶ意味は半減します。本学科は、2年間という限られた時間の中で「聴く・話す」「読む・書く」の基本的な能力を磨くことはもちろん、さらに「知る・使う」といった応用能力もしっかり身に付けることを目指しています。

また伝統となっている少人数制での授業や教員による学生へのふだんのサポートが、英語能力の向上に大きな役割を果たすだけでなく人間形成の手助けともなってきたことを踏まえ、良き隣人としてのつながりを育てていきたいと願っています。

カリキュラムの特色

生きた英語そのものとそれを支える文化とを広く実践的に学べるようにするために、学科専門教育科目については次の4つの視点から、カリキュラム編成とその運用がなされています。

1.基本的な能力を磨きつつスパイラル(螺旋状)に応用能力を高めていく

1年次への科目割り当てで明らかなように、45分週4回の「オーラル・イングリッシュ」を始め「発音法」「リスニング・スキル」「リーディング・スキル」等々、基本的な能力を磨くための科目をまず学びます。ほとんどが必修科目です。それらの科目と並行しながら、2年次では「英語学」「日本語教授法」「ホスピタリティと観光」といった専門性の高い選択科目と「すべて英語による」選択必修科目群を学ぶことにより、応用能力を高めていくことになります。

2.多くの外国人教員による実践教育

「英作文」を例にとると、担当者は全員、ネイティブ・スピーカーです。「なぜこう表現するのか?」「この表現はごく普通なのか?違和感を与えるのはどんな場合か?」理屈ではなくネイティブ・スピーカーの語感こそが判断の基準なのです。英作文とは和文英訳のことではありません。英語による文章表現力を身に付けるのです。また「すべて英語による」選択必修科目群を学ぶことによって、テキストやプリントの大量の英語を読みこなしたり・説明の要点をノートにとったり・質問への回答の仕方やレポートの書き方に頭を悩ます、といった経験ができ、より質の高い英語運用能力が身に付いていくことは間違いありません。

3.情報機器の活用

「リスニング・スキル」の授業は当然ですが、多くの科目でCALL(コンピュータ支援LL)教室が使われています。またビデオやCD、DVDの利用は言うまでもなく、CALL教室以外でもコンピュータが使われ、一部の科目でe-learningが始まっています。情報化時代の今日、ツール(道具)としての英語をツールとしてのコンピュータとともに使いこなす、それを可能にするカリキュラムを目指しています。学びの手段を豊かにしてくれる情報機器を大いに活用して、しっかりと学びましょう。

4.きめ細かな指導

少人数での授業を多くして、教員が学生一人ひとりの理解度や実力を把握し、きめ細かな指導の実現を目指します。「スタディ・スキル」の科目を通して、アカデミック・アドバイザーが、学生と1対1で面談し、学習目標の設定から、日々の学習へのアドバイス、ケンブリッジ英検・TOEFL®といった英語能力試験についての現状把握と目標に向けての励ましなどが行われます。また、英語によるプレゼンテーションを実施し資料の収集方法やスライドの作成、効果的な発表の仕方などを学びます。

5.アセンブリによるキャリア・サポート

短期大学部のアイデンティティーとして位置付けられる「アセンブリ」は、学内外の社会の様々な分野で活躍する人や先輩を講師として招き、社会との向き合い方や人生のヒントをもらいながら、各自の視点で人生を見つめ直す総合講義です。講師の話をノートにメモを取りながら聞き、内容を把握するという技能の向上もこの総合講義の目的の一つです。

英語運用能力と国際性を養う実践的なカリキュラム

全国に先駆けて取り入れた英語による一般教育授業。ネイティブ・スピーカーの教員に加えて英語圏以外からの外国人を招いて行うオーラル・イングリッシュの授業。英語で「書く」スキル強化のためのライティング・ラボにおける個人指導。習熟度にも配慮しながら伝統に培われた教育が、総合的な英語の運用力を高め、国際性を養います。

Study Abroad Program
充実した海外留学プログラム

海外事情A

学生自身が、海外の研修先を探し、研修内容を企画・立案するユニークなプログラムです。講義授業期間終了後の2月~3月に実施されます。学科の指定した要件を満たすと単位認定されます。

海外研究BⅡ

長い歴史を有する、本学科を代表するプログラムです。後期授業期間終了後に、本学科教員の引率のもと、約25日間ホームステイをしながら大学附属の語学学校などで研修等を行い、研修終了後、単位認定されます。

グローバル・インターンシップA

主にカナダやオーストラリア、道内外のグローバル企業等でインターンシップ(職業体験)を行うプログラムです。冬季休業や後期授業期間終了後に実施し、学科の指定した要件を満たすと単位認定されます。

海外事情

1年次後期授業期間(9月~12月)に、海外の提携大学で英語などを学ぶプログラムです。研修先大学で一定の成績を修めると、1年次後期の一部科目が単位認定されることから、2年間で卒業することができます。

バレンシア国際カレッジプログラム(通称:ディズニープログラム)

アメリカ・フロリダ州のバレンシア・カレッジビジネスなどを学びながら、ディズニーワールドでインターンシップを行うプログラムです。ディズニーが実施する書類審査、英語能力試験、面接などに合格する必要があります。1年次後期授業期間終了後の2月から2年次8月までの約7ヶ月間に及びますが、研修先大学・企業で一定の成績を修めると、2年次前期の一部科目が単位認定されることから、2年間で卒業することができます。

2019年度カリキュラム

短期大学部英文学科課程

☆印が付された科目は必修科目です。

授業科目名 1年次 2年次
一般教育科目 基礎教養
科目
1年次
法学
経済学Ⅰ
経済学Ⅱ
社会学Ⅰ
社会学Ⅱ
心理学Ⅰ
心理学Ⅱ
科学概論
ジェンダー論
生命の科学
健康の科学
環境の科学
音楽と文化
美術と文化
人間と思想
数の世界
2年次
外国語
科目
1年次
ドイツ語Ⅰ
ドイツ語Ⅱ
フランス語Ⅰ
フランス語Ⅱ
ハングルⅠ
ハングルⅡ
中国語Ⅰ
中国語Ⅱ
2年次
ドイツ語Ⅲ
ドイツ語Ⅳ
フランス語Ⅲ
フランス語Ⅳ
ハングルⅢ
ハングルⅣ
中国語Ⅲ
中国語Ⅳ
保健体育科目 1年次
スポーツⅠ
スポーツⅡ
2年次
キリスト教科目 1年次
キリスト教学Ⅰ
キリスト教学Ⅱ
2年次
専門教育科目 必須科目 1年次
発音法Ⅰ
発音法Ⅱ
リスニング・スキルⅠ
リスニング・スキルⅡ
オータル・イングリッシュⅠ
オータル・イングリッシュⅡ
英作文Ⅰ
英作文Ⅱ
リーディング・スキルⅠ
リーディング・スキルⅡ
ボキャブラリー・ビルディングⅠ
ボキャブラリー・ビルディングⅡ
英文法Ⅰ
英文法Ⅱ
スタディ・スキルⅠ
アセンブリⅠ
2年次
オータル・イングリッシュⅢ
オータル・イングリッシュⅣ
スタディ・スキルⅡ
アセンブリⅡ
選択科目 1年次
コミュニケーション・スキル
国語表現法
日本語教授法
海外研修A
海外研修BⅠ
海外研修BⅡ
海外事情
通訳法Ⅰ
英語技能演習Ⅰ
英語技能演習Ⅱ
訳読演習Ⅰ
訳読演習Ⅱ
プレゼンテーション・ディスカッションⅠ
プレゼンテーション・ディスカッションⅡ
グローバル・インターンシップA
総合講義ホスピタリティ
2年次
英米文学Ⅰ
英米文学Ⅱ
ビジネス・イングリッシュⅠ
ビジネス・イングリッシュⅡ
リスニング・スキルⅢ
リスニング・スキルⅣ
英語学Ⅰ
英語学Ⅱ
英語教育入門Ⅰ
英語教育入門Ⅱ
通訳法Ⅱ
Tour Guiding and Interpreting
日英言語文化比較Ⅰ
日英言語文化比較Ⅱ
英語技能演習Ⅲ
比較文化Ⅰ
比較文化Ⅱ
ホスピタリティと観光
選択必須
科目
1年次
イングリッシュ・バイブルⅠ
イングリッシュ・バイブルⅡ
情報入門
情報活用
Japan StudiesⅠ
Japan StudiesⅡ
2年次

エクステンシブ・リーディングⅠ
エクステンシブ・リーディングⅡ
Geography(地理)Ⅰ
Geography(地理)Ⅱ
History(歴史)Ⅰ
istory(歴史)Ⅱ
Intercultural Communication(異文化コミュニケーション)Ⅰ
Intercultural Communication(異文化コミュニケーション)Ⅱ
Life Science(ライフサイエンス)Ⅰ
Life Science(ライフサイエンス)Ⅱ
Anthropology(人類学)Ⅰ
Anthropology(人類学)Ⅱ
Introduction to Sports Theory (スポーツ概論)
Ainu and Maori Studies (アイヌとマオリ研究)
Perspectives in Literature (文学概論)Ⅰ
Perspectives in Literature (文学概論)Ⅱ
International Business (国際ビジネス)

 

PAGE TOP