大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

大学院

Graduate School

社会福祉学研究科

Graduate School of Social Welfare

 

社会福祉学研究科

社会福祉学研究科は、社会福祉学専攻(修士課程・博士〔後期〕課程)と臨床心理学専攻(修士課程)の2つの専攻で構成されており、高度な専門知識を有する専門的職業人並びに教育研究に携わる人材の育成を目的としています。
加速度的に進行する超高齢化・少子化社会においては、福祉・保健・医療における専門的援助業務従事者の養成が求められることとなります。しかし、現在の状況としては、この福祉系教員の量的不足もさることながら、質的水準の面でも一定のレベルを求められる等、多くの課題を抱えています。これらを解決するためには、社会福祉について高度な専門的知識を備え、高度な研究・分析能力を身に付けた教育者・研究者の養成が、極めて重要なことになります。
本研究科では、これらの状況を鑑み修士課程修了者が継続して学べる博士後期課程まで設置し、社会の要請に応えています。

専攻紹介

 


ディプロマ・ポリシー

修士課程

  1. 広い視野に立って社会福祉学と臨床心理学の分野における高度な専門的学識を有している。
  2. 研究能力とともに高度の専門性を要する職業人に必要な知識と実践能力を有している。

博士[後期]課程

  1. 社会福祉学に関する高度な知見を有するのみならず、臨床心理学等の隣接領域の学際的な知見を持ち、研究課題を多面的かつ学際的に研究できる能力を有する。
  2. 福祉・保健・医療などの分野で職業人として、また教育や学会などを通じて、研究成果を広く社会に還元できる能力を有する。

研究科長メッセージ

社会福祉学研究科には、修士課程に社会福祉学専攻と臨床心理学専攻があります。「社会福祉」と「臨床心理」という異なった学問分野ですが、「人を支援すること」に関わる研究分野であるという点では共通しています。社会福祉学専攻では、社会人が多く入学してこられます。いったん現場に出て実践の経験を積み重ね、その中で生じた課題についてさらに勉強したいという方々です。北星学園大学の卒業生の場合も多く、学部で指導を受けた先生方にさらに深い指導を受けることができるという利点があります。現場での仕事を続けながら勉強ができる点も強調しておきたいと思います。

臨床心理学専攻は臨床心理士の受験資格を取得するための専攻です。定員は4名と少ないため、まさに少数精鋭として、じっくりとかつ濃密な2年間を、臨床心理士に向けた勉強に費やすことができます。心理臨床センターでの実習も十分に活用されています。

また、社会福祉学専攻の博士課程があり、社会福祉学や心理学の領域の人たちが入学してきています。博士課程では、福祉・心理・保健・医療などの分野において既に活躍している修士課程修了者の継続教育と、高度な専門職業人の育成、福祉系教育者・研修者の育成を目的としています。

社会福祉学研究科長 田中 耕一郎 教授

社会福祉学研究科長 田中 耕一郎 教授

TANAKA, Koichiro

研究科長プロフィール

福祉臨床学科教授。2003年に北星学園大学着任。福祉臨床学科長歴任。専門分野は障害者福祉論および障害学。最近の研究テーマは、イギリスのある小さな障害者組織における障害者運動とその思想形成。主な著書は『障害者運動と価値形成』現代書館、『AERA MOOK福祉士になる』(共著)朝日新聞社など。
雑木と宿根草を育てるのが趣味。

 

 

PAGE TOP