大学案内 学部・学科 大学院・研究 国際交流・留学 就職・キャリア 入試情報 一般・卒業生・保護者の方 情報の公表

社会福祉学部

School of Social Welfare

福祉臨床学科

地域や施設で生活上の問題を相談援助する
「ジェネラリスト・ソーシャルワーカー」の
育成を目指します。

Department of Social Work

福祉臨床学科

学科の目的

福祉臨床学科では、対人援助の専門職として必要とされる基礎的な価値・知識・技術を教授するとともに、様々な援助の環境に対応できるソーシャルワークの実践能力、実践の中で研鑽・研究する能力を養成し、実践力のあるジェネラリスト・ソーシャルワーカーの育成を目的としています。

本学科では、社会福祉士や精神保健福祉士という国家資格の取得やスクールソーシャルワーカーという認定資格の取得を目指し、人の誕生から死までの一生のあらゆる段階で起こり得る様々な生活上の障害・問題に関し、地域や施設・機関で相談を受け、援助する専門家であるソーシャルワーカーを育成します。

優れたソーシャルワーカーとなるために

将来、社会福祉援助を専門的に行う福祉施設(児童・障害者・高齢者などのための施設)、地域・在宅福祉機関(地域包括支援センターや社会福祉協議会など)、相談機関(福祉事務所や児童相談所など)、保健・医療・教育機関(病院・診療所や学校など)での相談援助の仕事や、ソーシャルワークに精通した学校教員(中学・高校・特別支援学校)として従事することを希望する人を求めています。

このような仕事をするためには、真に相手を理解する心を養い、自分自身の成長も欠かせません。そのためには相談援助演習や福祉臨床基礎実習あるいはボランティア活動などを通じた様々な経験とともに、人権感覚と深い理論的な裏付けが必要です。

1.人の一生と障害をとらえる

人の一生の発達段階とそこでの障害を概観する科目として子ども発達論、成人期発達論、高齢期発達論、障害行動論を配置しています。

2.ソーシャルワーカーの基礎

ソーシャルワーカーの基本的理論・実践枠組みを学習する科目として福祉臨床入門、ソーシャルワーク論、ソーシャルワーク方法論、ソーシャルワーク実践理論、療法論、リハビリテーション論を配置しています。

3.幅広い分野の問題を学習する

様々な分野における問題と援助枠組みを学習する科目として児童・家庭福祉論、障害者福祉論、高齢者福祉論、社会福祉管理運営論などを配置しています。

4.ソーシャルワークの実践力形成

ソーシャルワーカーとしての実践的力量を身につけるための科目である相談援助演習、相談援助実習に関する科目を積み上げ方式で配置しています。

5.研究的な力量を身につける

研究的力量をつけるための科目として福祉臨床研究法、福祉臨床基礎・専門演習、卒業論文を配置しています。

6.特色ある科目

性差の問題に対する感覚を養うジェンダー・スタディーズ、人権感覚を養う差別論、社会正義の感覚を養う障害学などの特色ある科目を配置しています。

以上のようなカリキュラム構成によって、理論的・実践的・研究的かつ人権感覚に溢れたジェネラリスト・ソーシャルワーカーを養成します。

2017年度カリキュラム

福祉臨床学科専門教育科目

☆印が付された科目は必修科目です。

授業科目名 1年次 2年次 3年次 4年次
福祉臨床基盤科目 1年次
福祉臨床入門
福祉臨床基礎実習
子ども発達論
障害学
社会福祉発達史
2年次
成人期発達論
高齢期発達論
福祉臨床基礎演習
ジェンダー・スタティーズ
差別論
相談援助実践論
相談援助入門実習
3年次
福祉臨床研究法AI・BI
4年次
福祉臨床展開科目 1年次
公衆衛生
2年次
成人期発達論
障害行動論Ⅰ・Ⅱ
療法論Ⅰ
3年次
福祉臨床専門演習
施設ソーシャルワーク論
地域ソーシャルワーク論
子ども家庭ソーシャルワーク論
障害者ソーシャルワーク論
高齢者ソーシャルワーク論
保健医療ソーシャルワーク論
リハビリテーション論Ⅰ・Ⅱ
ケアマネジメント実践論
ケアマネジメント技術演習
福祉臨床研究法AⅡ・BⅡ
療法論Ⅱ
4年次
卒業論文
福祉臨床応用実習
社会福祉士専門科目 1年次
心理学理論と心理的支援
社会理論と社会システム
社会福祉概説
社会保障論Ⅰ
2年次
医学知識Ⅰ・Ⅱ
ソーシャルワーク論Ⅱ
ソーシャルワーク方法論Ⅰ・Ⅱ
高齢者福祉論
障害者福祉論
児童・家庭福祉論
地域福祉論
コミュニティワーク論
医療福祉論
司法福祉論
社会福祉調査論
福祉行財政と福祉計画
社会保障論Ⅱ
公的扶助論
権利擁護と成年後見制度
相談援助演習Ⅰ
相談援助実習指導Ⅰ
3年次
ソーシャルワーク実践理論Ⅰ・Ⅱ
介護概論
社会福祉管理運営論
労災と就労支援
相談援助演習Ⅱ
相談援助実習指導Ⅱ・Ⅲ
相談援助実習
4年次
精神保健福祉士専門科目 1年次
2年次
精神疾患とその治療Ⅰ
精神保健福祉相談援助の基盤(専門)
精神保健福祉に関する制度とサービスⅠ
3年次
精神疾患とその治療Ⅱ
精神保健の課題と支援Ⅰ・Ⅱ
精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
精神保健福祉に関する制度とサービスⅡ
精神保健福祉援助演習(専門)Ⅰ
精神保健福祉援助実習指導Ⅰ
4年次
精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅳ
精神障害者の生活支援システム
精神保健福祉援助演習(専門)Ⅱ
精神保健福祉援助実習指導Ⅱ
精神保健福祉援助実習
スクールソーシャルワーク専門科目 1年次
2年次
3年次
スクールソーシャルワーク論
4年次
スクールソーシャルワーク演習
スクールソーシャルワーク実習指導
スクールソーシャルワーク実習
教育臨床専門科目 1年次
経済学入門
2年次
知的障害者の心理
肢体不自由者の心理
病弱者の心理
知的障害教育方法論Ⅰ・Ⅱ
肢体不自由教育方法論
病弱教育方法論
重度障害・LD等教育論
日本史
世界史Ⅰ・Ⅱ
地理学
地誌概説
自然地理学
国際経済学
国際政治学
憲法Ⅰ[人権]
宗教学
社会思想史
3年次
障害児教育論
知的障害者の病理保険
肢体不自由者の病理保険
病弱者の病理保険
視覚障害教育論
聴覚障害教育論
障害児教育実習
現代政治学
4年次

大学共通科目

☆印が付された科目は必修科目です。
★福祉計画学科及び福祉臨床学科は除く。

授業科目名 1年次 2年次 3年次 4年次
人間科学 1年次
身体の科学 Ⅰ・Ⅱ
スポーツ医学
運動の科学
体力育成論
体育実技 Ⅰ
2年次
精神衛生学
スポーツ生理学
スポーツ栄養学
体育実技 Ⅱ
3年次
生涯スポーツ Ⅰ
スポーツ実技
健康運動実技
身体と心の科学演習 Ⅰ・Ⅱ
4年次
生涯スポーツ Ⅱ
人文科学と人間 1年次
哲学 Ⅰ・Ⅱ
心理学 Ⅰ・Ⅱ
倫理と人間
生命と倫理
音楽の世界
美術の世界
文学の世界
2年次
3年次
4年次
自然・科学技術・人間 1年次
科学と人間
物質の世界
生命の科学 Ⅰ・Ⅱ
環境と人間 Ⅰ・Ⅱ
統計学 Ⅰ・Ⅱ
数学 Ⅰ・Ⅱ
2年次
3年次
4年次
社会と人間 1年次
日本国憲法
法学
投資の仕組み
現代世界の歴史〔東洋〕
現代世界の歴史〔西洋〕
政治学 Ⅰ・Ⅱ
経済学 Ⅰ・Ⅱ
社会学 Ⅰ・Ⅱ
文化人類学
メディアと社会
2年次
3年次
4年次
地域と文化 1年次
北方圏論
北海道文化論 Ⅰ・Ⅱ
中国事情〔国際〕
日本の文化 Ⅰ・Ⅱ
古典籍の世界
中国の文化 Ⅰ・Ⅱ
韓国・朝鮮の文化
アメリカの文化 Ⅰ・Ⅱ
ヨーロッパの文化 Ⅰ・Ⅱ
国際文化論 Ⅰ・Ⅱ
2年次
3年次
4年次
宗教と文化 キリスト教文化 1年次
聖書の思想と文化 Ⅰ・Ⅱ
キリスト教の歴史と文化 Ⅰ・Ⅱ
2年次
キリスト教の世界観・人間観
3年次
4年次
諸宗教文化 1年次
現代と宗教
東アジアの宗教思想と文化
インドの思想と文化
仏教の思想と文化
イスラム教の思想と文化
2年次
比較宗教学
3年次
4年次
演習 1年次
2年次
3年次
宗教と文化演習 Ⅰ・Ⅱ
4年次
演習科目 1年次
教養演習 Ⅰ・Ⅱ
2年次
3年次
4年次
総合講義 講義 1年次
平和学 Ⅰ・Ⅱ
ジェンダーと社会
北星学
2年次
3年次
4年次
キャリア教育
関連科目
キャリア教育 1年次
職業と人生 Ⅰ ★
2年次
職業と人生 Ⅱ
3年次
4年次
日本語科目 1年次
日本語表現 Ⅰ・Ⅱ
2年次
3年次
4年次
情報科目 1年次
情報入門
情報活用 Ⅰ・Ⅱ
2年次
ハードウェア基礎
ソフトウェア基礎
3年次
4年次
外国語 英語 1年次
英語 Ⅰ・Ⅱ
2年次
英語 Ⅲ・Ⅳ
3年次
4年次
ドイツ語 1年次
ドイツ語 Ⅰ・Ⅱ
2年次
ドイツ語 Ⅲ・Ⅳ
3年次
4年次
フランス語 1年次
フランス語 Ⅰ・Ⅱ
2年次
フランス語 Ⅲ・Ⅳ
3年次
4年次
中国語 1年次
中国語 Ⅰ・Ⅱ
2年次
中国語 Ⅲ・Ⅳ
3年次
4年次
韓国語 1年次
韓国語 Ⅰ・Ⅱ
2年次
韓国語 Ⅲ・Ⅳ
3年次
4年次
英語 1年次
2年次
英語と文化
海外事情(英語)
3年次
上級英語 Ⅰ・Ⅱ
4年次
外国語演習(英語)
ドイツ語 1年次
2年次
ドイツ語と文化
海外事情(ドイツ語)
3年次
上級ドイツ語 Ⅰ・Ⅱ
4年次
外国語演習(ドイツ語)
フランス語 1年次
2年次
フランス語と文化
海外事情(フランス語)
3年次
上級フランス語 Ⅰ・Ⅱ
4年次
外国語演習(フランス語)
中国語 1年次
2年次
中国語と文化
海外事情(中国語)
3年次
上級中国語 Ⅰ・Ⅱ
4年次
外国語演習(中国語)
韓国語 1年次
2年次
韓国語と文化
海外事情(韓国語)
3年次
上級韓国語 Ⅰ・Ⅱ
4年次
外国語演習(韓国語)

 

PAGE TOP